七夕で短冊に願い事を書くのはなぜ?ひとつのエピソードとともに


7月7日は七夕の日。

七夕といえば、織姫と彦星が1年に一度だけ天の川で会えるという日。

短冊に願い事を書いて、笹の葉にぶらさげるという風習もあります。

色とりどりの飾りと願いを書いた短冊が風にゆらゆらたなびいているのを見ると、
願いごとが叶うような気がします。

そもそも、なぜ、七夕の日は短冊に願い事を書くようになったのでしょうか?
そして、笹の葉にぶら下げるのでしょうか?

スポンサーリンク
  

七夕はもともとは技芸の上達を願うお祭りだった

七夕まつりの元となったのは、古代中国の「乞巧奠」(きっこうてん/きこうでん)という行事だったそうです。

「乞巧奠」の「奠」は神仏にお供え物をして祀るという意味があります。

「奠」を使った言葉で私たちに馴染みのあるのは「香奠(こうでん)」です。
現在では「香典」と書きますが、霊前へのお供え物ですよね。

文字の意味からとらえると「乞巧奠」とは、巧みを乞うために神仏を祀る行事となります。

中国では、七夕の夜に女性が月明りの下で針に糸を通し、手芸の上達を願う乞巧奠行事がありました。
月の明かりの下で針に糸を通すのは、なかなか難しかったことでしょう。
女性たちは何度も何度も挑戦して、針に糸が通った時には、「巧を得た!」と喜んだのです。

織姫ははたを織る仕事をしていたので手芸の神さまと考えられていました。
七夕は手芸の神さま織姫が彦星と逢えるめでたい日ですから、この日に祈れば願いが叶うということだったんでしょう。

この手芸が機織りや裁縫だけでなく、文字や和歌など手習い全般の意味になって、
その上達を短冊に書いて願うようになりました。

七夕の願い事を笹の葉に吊るすのはなぜ?

根っこが強靭で成長が早く、また中の空洞に神霊が宿るとされていた竹は神聖なものと扱われてきました。
竹を立てると、神様やご先祖様が地上に降りるときの目印になると考えられていたのです。

なので、竹を立てて、笹に願いをかいた短冊を吊るすようになったのです。

スポンサーリンク

七夕願い事の短冊エピソードをひとつ

三重県伊勢市の中山靖雄先生のお話から引用させていただきます。

中山先生が開催された、重度の障害者の方を招いた一般の人とのキャンプ大会での出来事。

ある時、洋子ちゃんという重度の障害をもつ車いすの女の子が参加してくれました。
ちょうど七夕だったので、短冊に願い事を書こうとなって、
洋子ちゃんにも「願い事を言ってごらん」と声をかけました。

洋子ちゃんは「何もないわ」と言いました。

「何かあるでしょ?」と言っても
「別にない」と。

そうしたらお母さんが「素直に言いなさい!」と怒りました。
「ないものはない!」と洋子ちゃん。

しばらくして、もう一度洋子ちゃんに「なんでもいいから言ってごらん」と。
じっと考える洋子ちゃん。

そして、「どんなことでもいいの?」って聞くんです。
「いいよ」というと、
「『お母さんより一日早く死なせてください』って書いてください。」と言いました。

思いもよらない言葉で、胸にグッとくるのをこらえながら短冊に書きました。

そのあと、炊事当番をしていたお母さんが飛んできて、
「洋子は先生に何て言いましたか?」と。

わたしは「短冊に書いて吊るしてあります。」

お母さんはジッと見て、そして、
「先生、私も一枚書かせてください」と言われたので、
「どうぞ」と言いました。

お母さんは「もし神さまがいらっしゃるなら、贅沢かもしれませんが娘より一日長生きさせてください」と書かれた。
そして、二つの短冊を前に手を合わせて拝んでおられた。
娘を最後まで見届けたいという祈りが痛いほど感じられました。

キャンプの最後に洋子ちゃんは
「先生、私の体が不自由なのは、神様が私ならきっと苦しみに耐えられると思ったのよね。私は神様に選ばれたのよね」と言って帰っていきました。

私は参加者の方々に申し上げました。
「力があるから重荷を背負えるのではない。重荷があるから力が出るのかもしれない」と。
天は決して背負えない荷物を与えない。だから喜んで背負っていくべきなんじゃないかと思うんです。

わたしはこのお話を聞いて、洋子ちゃんとお母さんの願いに心が大きく震えました。

洋子ちゃん、もっと色んなお願い事をしてもいいんだよ。
この次の七夕には洋子ちゃんは短冊にどんな願いを書いてもらうんだろう?

まとめ

もともと七夕の日に短冊に書くのは技芸の上達の願いだったんですね。

現在では、あらゆる願いを書くようになりました。

洋子ちゃんの願いには、お母さんを思いやる気持ちが込められています。
お母さんの願いにも洋子ちゃんへの愛が溢れています。

今年の七夕もお二人にとって素敵な日でありますように。 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする