南インド旅行記③~アーユルヴェーダ診察とマッサージ体験

南インド旅行記①~アーユルヴェーダを体験したい!
南インド旅行記②~関空出発からトリバンドラム到着まで

からの続きです。

まずは腹ごしらえ

翌朝、みんなで朝ご飯を食べにビーチへ行きました。
宿泊先からビーチへは徒歩2分。
どおりで、波の音が近いはずだわ。

ビーチ沿いのおしゃれなカフェで朝食です。
空は青いし、海は目の前。ロケーションは最高!
パンケーキを食べながら、今後のスケジュールなどを聞きました。

アーユルヴェーダドクターによる診察

お昼前に集合して、歩いてアーユルヴェーダ治療院へ行きます。
治療院までは、5~6分。
陽射しがきついので日傘をさして、のんびりとした田舎道を歩きます。

この時着ていく服は、オイルが付いても大丈夫な服。
わたしは着古したTシャツにユニクロのルームパンツ、リラコを履いていきました。
オイルは衣服に着くと洗濯しても取れません。
帰るときには捨てていくつもりです。
安いサンドレス(500円くらい)をビーチ周辺のお店で現地調達して着ている人もいました。
パンツはオイルで汚れるので履いていかない方がよいとのこと。
みんなノーパンです。
インドではマッサージを受けるときはスッポンポンなのです。

治療院に着くと、順番にドクターの診察をうけます。
ドクターは女性でした。治療院のオーナードクターの奥さんです。
ご夫婦でドクターなんですね。
言葉がわからないので、通訳の人も一緒です。

わたしは、一番最初に診察を受けました。
問診票は日本で記入していたので、それに基づいてドクターから質問されます。
そして、アーユルヴェーダの特徴である脈をみて体の状態を診断する、脈診を受けました。
ドクターはわたしの手首内側に3本の指をあてて脈をとります。
この脈の強さで今の体のことがわかるそうです。
あとは、舌をチェックしたり、気になる症状があれば申告します。

診察が終われば、食事や生活の中で気をつけることをアドバイスいただき、治療メニューを組んでくれました。

わたしの体質はヴァータ(風)、ピッタ(火)と診断されました。
カファ(水)は全くないそうです。

ヴァータは風なので動き回る、ピッタは火なので情熱的、カファは水なのでじっとして溜め込む、というイメージです。
動くよりじっとしてるのが好きなのにピッタ要素はなかったんですね。

わたしには特にアドバイスはなかったです。
卵は控えるようにだとか、甘いものは食べない方がよいとアドバイスがあった人もいました。

スポンサーリンク

いよいよマッサージへ

診察が終わった順に、マッサージを受けます。
担当セラピストさんは初日から最終日まで同じ人になります。

部屋に案内されて、着ているものを全て脱ぐように言われました。
スッポンポンだと聞いてはいたものの、いざとなると恥ずかしい。
日本のようにガウンの用意もありません。
最初こそ、戸惑いましたが、次からは全然平気になりました。

まずは、椅子に腰かけて頭から肩までの軽いマッサージがありました。
頭のマッサージは、気持ちいいんですよね~。
それから、ベッドに横になっての全身をオイルでマッサージです。
移動で疲れた体にはしみました。
そのあとで、待望のシロダーラ。脳のエステとも呼ばれています。
あたたかいオイルを額にたらされると、なんとも言えない心地よさが広がります。
施術は全部で1時間半くらいだったと思います。

終わると、タオルで体のオイルをふき取ってくれます。
髪の毛もオイルでベトベト。ガーゼタオルで頭を巻いてくれました。
このガーゼは翌日には返します。
タオルでふき取るだけなので、全身べっとりしています。

わたしは、一番最初に施術を受けたので、みんなが終わるまで、治療院の中庭の椅子に腰かけて待っていました。
その間に、ホットチャイとスイカをごちそうになりました。
治療院では、毎回このように施術が終わると、なにかしら飲み物やバナナやカレーをごちそうしてくれました。

全員が終わると、揃ってホテルまで帰りました。

ホテルに帰って、シャワーを浴びてからお昼寝しました。

マッサージ受けて、波の音を聞きながらお昼寝するなんて、
なんて幸せなんでしょう!

この日は夕方早い時間に、ホテル横のレストランで夕食をみんなで食べました。
こちらのレストランはほぼ毎夜、利用しました。
味もいいし、リーズナブル。なにしろ近いので便利です。
カレーの辛さも調節してくれました。

本場のアーユルヴェーダを受けるときの心得

・真っ裸でうけます。日本のようにガウンも紙パンツはありません。
最初は恥ずかしいですが、すぐに慣れます。

・服装はオイルで汚れてもいいものを着ていきましょう。
オイルが染みついた衣類は洗濯しても取れません。できれば、捨ててもいい
ものを持っていくか、現地で安いものを買いましょう。
インドは物価が安いです。Tシャツなら300円くらい、サンドレスも1000円以下
でかわいいものが売ってます。

・飲酒は禁止。体を改善するためには、アルコールの摂取はいけないようです。
施術期間はもちろんのこと、帰国後もできれば1か月ほどは飲まないほうが良い
と言われました。

続きはコチラ→南インド旅行記④~アーユルヴェーダの治療メニュー決定 

スポンサーリンク