コスタネオロマンチカのクルーズ旅②~客室の設備とレストラン


どうも、natsukiです。

2017コスタネオロマンチカクルーズガイドを見てクルーズ旅行の予習の続きです。

前回の記事はコチラ→コスタネオロマンチカのクルーズ旅①~服装と出航までの確認事項

今回は、客室の設備、レストランなどの楽しみ方を見ていきます。

スポンサーリンク
  

客室にはいったらすぐにチェックすること

【コスタカード】
このカードは以下の4つの役割を果たす大切なカードです。
名前の綴りなど記載に間違いがないかを確認します。

①客室の鍵
客室はオートロックです。

②クルーズ中の精算用カード
乗船後48時間以内にクレジットカードの登録をすると、カジノを除く船内での支払いがこのカードでできます。
下船時に一括清算。

③身分証明書
寄港地での乗下船時に係員が確認するので必ず携行しておく。

④緊急避難訓練の情報
出発前に全員参加の緊急避難訓練の集合場所情報が背面に記載されている。

【レストランカード】
クルーズ中の指定レストランと開始時間などがこの紙に記載されている。

【救命胴衣】
乗船後から出航までのあいだに、必ず緊急避難訓練が実施されます。
乗船後には、まず、客室のクローゼット内に人数分の救命胴衣があることを確認。

この訓練は国際海事法で義務付けられていて、必ず参加しないといけないそうです。

避難訓練警報が鳴ったら、客室外にいる場合は必ず客室に戻り、救命胴衣を身に付け、コスタカードを携帯して、客室のドアの内側に表示されている案内を見て、誘導担当の乗務員の指示に従って集合場所に向かいます。
避難時にはエレベーターの利用はできません。

避難訓練が必ず全員参加なんですね。
しかし、エレベーターが使えないとなると、
身体が不自由な方やお年寄りはどうなるのでしょうか?
気になります。

客室の使い方

担当の客室係がいて、ベッドメイキングと清掃が1日2回あるそうです。
希望しない場合は「Do not Disturb」カードをドアの外にかけます。

客室内での不明な点や困りごとは客室係に問い合わせるそうです。
なお、チップは1人1泊に付13.5ドル最終日に加算して精算されるため、原則として必要ないです。
個人的にチップを渡したければ渡すのはOKです。

【空調の調節】
客室の壁に温度調節器がついています。
つまみを左に回すと温度が下がり、右に回すと温度が上がります。

【金庫】
金庫が備え付けられています。
●閉め方
4桁の暗証番号を入力→ドアを閉めEnterボタンを押す
●開け方
4桁の暗証番号を入力

【テレビ】
客室内テレビには、船内生活、避難訓練や寄港地観光などの各種案内が放映されています。

【ミニバー】
湯沸かし器、有料飲料が用意されています。
氷が必要な場合は客室係へ。

【電源(コンセント)】
A タイプ:115V、60Hz
Cタイプと220V、60Hz

Aタイプのコンセントは日本のプラグがそのまま入りますが、
自動変圧器が付いていない電源機器を使用する場合は変圧器がいるそうです。

わたしが電源を必要とするのは、iPhoneの充電くらいです。
iPhoneの充電アダプタを見たところ、
100~240V、50,60Hz対応なので変圧器はいりません
よかった。

【ドライヤー】
客室内ほ引き出しにドライヤーが収納されています。
船外からの持ち込みは禁止されています。

【バスルームとアメニティ】
大小のタオル、シャワージェル、石鹸、ティッシュ、リンスインシャンプーは備え付けがあるそうです。
歯ブラシ・ひげそり・クシは用意がないので自分で持って行かないといけません。

あと、パジャマスリッパもいりますね。
シャンプーもリンスインじゃないのがいいので持って行こうと思います。

ちなみに、スイートではバスローブ、スリッパ、シャンプー、コンディショナーが付いているそうです。

スポンサーリンク

船上での楽しみ方

船内新聞は要チェック!

毎晩客室に船内新聞「Today」が届けられます。
この新聞には、安全情報、イベントの予定、サービスの営業時間などクルーズ中の必要な情報がすべて掲載されています。

「Today」を見て、翌日のスケジュールを決めるといいんですね。
参加したいイベントや気になる情報のチェックに蛍光ペンが便利です。
情報漏れがないよう、持ち物リストには蛍光ペンもいれてます。

キャビンで朝食を

ルームサービスでの朝食も追加料金なしです。
専用オーダー表に記入して、前日の夜にドアの外側にかけておけば希望の時間に届けてくれます。

追加料金なしなので、1度はルームサービスを頼んでみたいと思います。

レストランについて

船内にはレストランやバーが各所にあります。
何を食べようか迷いますね。
とりあえず追加料金のかからないものは試してみたいです。

【ジャルディーノ(ブッフェレストラン)】
早朝・朝食・昼食・ティータイム・夕食/自由席 追加料金なし

イタリアンから中華・和食を含むアジア料理まで幅広く揃え、
一日中気軽に利用できて好きなものを自由に食べられます。

朝昼夜の3食のほかに、早朝のコーヒーとペストリー、
午後のティータイムにケーキやクッキーなどもあります。

朝食にはオレンジジュース、コーヒー、紅茶などのセルフサービスがあります。

※早割ブッフェプランで申し込みの人はメインレストランに席はありませんので、ブッフェレストランでのお食事となります。

【ボッティチェッリ(メインレストラン)】
朝食・昼食/自由席
夕食/2交代制・時間指定
追加料金なし(ドリンクは有料)

3食ともにゆったりと座ってのフルコース。
朝食・昼食はオープン時間内はいつでも利用ができます。

夕食は豪華なフルコースのイタリアン。

ファーストシーディングは17:30~
セカンドシーディングは20:00~

舞鶴入港日の夕食はオープンシーディングで、時間指定なく利用できます。

【有料レストラン】
ワンランク上の食事や特別な夜を過ごしたいときに。

●「ラ・フィオレンティーナ」ステーキハウス
夕食/予約制 カバーチャージ 33.50ドル/人

海を望むロマンティックなレストラン。
美味しい料理には良質のワインが欠かせません。
イタリアワインを始め世界中のワインを多数取り揃えています。
シェフお任せのコースもおすすめです。

●マンマ トラットリア
夕食/予約制 カバーチャージ 25ドル/人

こじんまりとした隠れ家風のレストラン。
本場のイタリアンが味わえます。
おふたりでもご家族みんなでも気兼ねなく楽しめるあたたかな雰囲気。

【軽食】
ランチタイムや夕食にも気軽に楽しめます。

オープン時間は「Today」で確認。

●ピッツェリアカプリ
アラカルト料金
ピッツア職人が本格的な石窯で焼く、チーズがとろりとしたアツアツのピッツア。

●グリルカプリ
追加料金なし(一部有料メニューあり)
プールサイドで気軽に食べられるハンバーガーやフライドポテト、野菜のグリルなどボリューム満点です。

●コーヒー&チョコレートバー
アラカルト料金
ヨーロッパの街角にあるような小粋なバー。
名物はとろりと甘いホットチョコレート。
香り高いカプチーノと一緒にチョコレート菓子はいかがでしょう。
フルーツに溶かしたチョコレートをかけて作るチョコレートファウンテンは1本から注文できるそうです。

●ヴェローナ ワイン&チーズバー
アラカルト料金
ぐるりとワインセラーで囲まれ、馥郁としたワインの香りが漂うワインバー。
20種類のワインをグラス1杯から楽しめる自動販売機もあります。
中央にはチーズ室があり、イタリア、フランスなどヨーロッパ各地のチーズを保存。
ワインティスティングのイベントではソムリエおススメのワインと共にチーズの盛り合わせプレートを楽しめます。

【その他バー&ラウンジ】
・グランドバー
・キャバレーラウンジ
・タンゴディスコ
・プールバー

【ドリンクパッケージ】
追加料金を気にせずドリンクが楽しめる飲み放題のドリンクパッケージがあります。

●オールインワンクルーシブパッケージ
1泊あたり38ドル×泊数で購入すると、1杯12ドル以下の飲み物すべてが飲み放題。
乗船日または翌日までに購入する。
ワンデイパス(1日飲み放題)は39.99ドル

●オールインワンクルーシブノンアルコールパッケージ
1泊あたり21.99ドル×泊数で、フルーツジュース、ミネラルウォーター、温かい飲み物(エスプレッソコーヒーなど)が飲み放題。
ワンデイパス(1日飲み放題)は24.99ドル

●ビールラバー
5杯で1杯サービス。24.99ドル

●ウォーターファウンテン
ミネラルウォーター5本。14.95ドル

●コーヒー&ティー
5杯で1杯サービス。18.00ドル

※キャビンのミニバー、高級ブランド飲料はパッケージに含まれません。

まとめ

出航前に避難訓練があるんですね。
しかも救命胴衣着用の本格的なものが。

ホテルのアメニティには必ずついているのに、
歯ブラシが付いていないのは意外です。

飲み物が持ち込めないのに有料なのはちょっと痛いですね。
でも、アルコールはそんなに飲まないので、
ドリンクパッケージを買うほどでもないかなと思います。
しいて買うとすればミネラルウォーターかな。

追加料金なしでのレストランのメニューを制覇したいけど、
種類がたくさんありそうですね。

お料理は船旅のおおきな楽しみの一つです。
どんなメニューが味わえるのかな~。

続きはコチラ→コスタネオロマンチカのクルーズ旅③~船上アクティビティ

コスタネオロマンチカでのクルーズ旅行のまとめ記事はコチラ→コスタネオロマンチカのクルーズ旅のまとめ

スポンサーリンク