コスタネオロマンチカのクルーズ旅⑧~境港で寄港地ツアー参加


どーもー、今年前半のメインイベントであるクルーズ旅行が終わって、
脱力しているnatsukiです。

次は何を楽しみして生きてゆけばいいのかしら?

会社行くの嫌だよ~。
もう現実逃避したいと思っています。

今回のコスタネオロマンチカでのクルーズの日程は、

舞鶴→金沢→境港→釜山(韓国)→福岡→舞鶴でした。

今日は3日目の境港です。
クルーズ船での生活にもだんだんと慣れていきました。

スポンサーリンク
  

日本一の庭園 足立美術館と由志園観光

境港ではオプショナルツアーを申し込んでいました。
というのも、旅行会社から送られてきた寄港地ツアーガイドを見て、
母が足立美術館にはぜひとも行きたいと言ったからです。

十数年前に一度行った時にすごくお庭がきれいで感動したらしいのです。
その時は時間が短くてゆっくりできなかったので、
もう一度素晴らしい庭園を見てみたいとのことでした。

わたしは行ったことがなかったし、日本一の庭園を観るのもいいなと思い、
舞鶴港で乗船時間待ちの時にツアーを申し込みました。

待っているときにクルーが寄港地ツアーの案内をしていたんです。
乗船したらツアーデスクで申し込もうと思っていたから、ちょうどよかった。

8時半に集合して、観光バスに乗り込みました。
クルーズって年齢層が高く、オプショナルツアーに参加する人も多いです。
年配の方はバスに乗って連れて行ってもらえると安心ですもんね。

日本一の庭園・足立美術館


島根県安来市にある足立美術館は外国人観光客が選ぶ行ってみたい庭園の№1なんだそうです。
土日には観光バスで駐車場がいっぱいになるそうです。

たっぷりと2時間庭園と美術品を見ることができました。
庭園は完璧に作りこまれていて、素晴らしかったです。

庭園自体が一つの美術作品でしたね。

季節によってお庭の風景と特別展示(春・夏・秋・冬の年4回)が変わるので、
お好きな方は2年間有効なパスポート(6000円)を買い求めて、
四季折々の足立美術館を見に訪れるのだそうです。

牡丹の花の由志園(ゆうしえん)

由志園は島根県松江市に浮かぶ大根島にある回遊式庭園です。
足立美術館の庭園は鑑賞するだけで、実際には歩くことはできません。

由志園は回遊式庭園でお庭を歩いて散策できます。
こちらのお庭も素晴らしかったです。

毎年4月下旬から5月下旬にかけて開催される「牡丹・芍薬まつり」の時期は1年で最も庭園が華やぎ、特に池泉に浮かぶ三万輪の牡丹は圧巻なんだそうです。
また、秋の紅葉シーズンは鮮やかに彩られた木々とLED装飾が見応えあるそうです。

ホームページを見るとサマーイルミネーションというのもやるそうです。

サマーイルミネーション2017
山陰最大級のサマーイルミネーション
1万坪の日本庭園全体が七色の光でライトアップ、山陰初登場となる3Dピクセルイルミネーション『生命の森』や光ファイバー牡丹の水中花『水中花園』も登場します。その他、5万球のイルミネーションで表現した『白糸の滝イルミ』も新登場。

夏休みに行くのにいいですねぇ。
冬のイルミネーションもいいけど、
夏のイルミネーションは寒くなくていいですよね。
いいなぁ、行きたいなぁ。

わたしが行ったときには紫陽花と菖蒲がきれいに咲いていました。


また、1年を通して牡丹の花を楽しむことができる「牡丹の館」があります。
満開の牡丹もきれいでしたよ。

この日本庭園では牡丹の他にも高麗人参の生産地としても有名で、
敷地内には「雲州人参ミュージアム」も併設されています。

大根島の特産品は「大根」ではなくて、「高麗人参」なんです。
極上の高麗人参ができるんだそうです。

高麗人参のお茶を試飲しました。

お店の人の説明では、高麗人参は胃腸に効くそうです。

よく広告なんかで「男性が元気になる」とありますが、あれは嘘なんだって!

飲み続けていると風邪をひきにくかったり、
体の調子がよくなったりという人もいるみたい。

高麗人参を配合した石けんや化粧品も売られていました。

石けんはお肌の敏感な人やアトピーの人にもおススメだと聞き、
敏感肌なわたしは購入しました。

スポンサーリンク

境港でもお見送りしてくれました

オプショナルツアーが終わり、3時過ぎには船に戻りました。

母は部屋に戻るとベッドに横になり、わたしはスパへ行きました。
クルーズパスを購入したので、元を取らないとという、
関西人根性が沁みついていますから。

夕方の出航前には境港でも地元の人たちが太鼓の演奏でお見送りしてくれました。
勇壮な太鼓の音で送り出してもらえて感激です!
ありがとう!境港の人たち!

ベッドにウサギ!

わたしたち親子の軟弱な胃袋ではコース料理は太刀打ちできないと判断し、
ブッフェレストランで夕食を取りました。
ブッフェレストランなんで、もう普段着でね。

夕食が終わって、部屋に戻ると、ベッドにウサギがいました!


これが噂のタオルアートです。
コスタに乗った人のブログで見たことあるんです。
今回はないのかしら?って思ってたんですが、ありました!
うれしい!
毎回、夜、部屋に戻るときに、あるかな?あるかな?タオルアート!
って期待してたのになかったからね。
でも、タオルアートがあったのはこの夜だけでした。

船長主催の乗船歓迎カクテルパーティー

この夜は20時15分からコスタネオロマンチカの船長主催のカクテルパーティーがありました。

母はしんどいので行きたくないとのこと。

わたしはドレスに着替えて1人で会場へ行きました。

少し遅れて行ったので、空いている席が見当たりません。
席には人が座っていなくても、
フロアで踊っている人がグラスや荷物を置いて席を確保しています。

なんとか空いている席を見つけて座りました。

ウェイターさんがドリンクを持って回っています。
船長からのサービスです。

白ワインをいただきました。

一人だし、人見知りだし、なんだか居づらい。

踊っている人の輪が近づいてきて、誘ってくれました。
とりあえず踊りの輪に参加しました。

でもね、靴にドレスの裾が引っかかったり、
バッグを持って行ったのでそれが邪魔で踊りにくかったりで、
なんだかテンションが上がりません。

早々に引き上げてしまいました。

まだまだ雰囲気に飲まれてしまってましたね。

まとめ

オプショナルツアーの足立美術館と由志園は、
どちらもお庭がきれいで気持ちよかったです。

ツアーは一人135ドル(昼食付き)でちょっと高めでしたが参加してよかった!

スパは今日も人が少なかったけど、見学の人が次々と来てました。

水着は更衣室で洗って、バスタオル(スパ内にふんだんに置いてあります)で水気を拭き取り部屋干し。

部屋は乾燥していて、翌日には乾いてます。

パーティは一人だったし慣れないので気おくれしてしまいました。
もう一杯くらい飲めば、ガンガンに踊れたかもね。

続きはコチラ→コスタネオロマンチカのクルーズ旅⑨~釜山観光とサムサラスパ体験

コスタネオロマンチカでのクルーズ旅行のまとめ記事はコチラ→コスタネオロマンチカのクルーズ旅のまとめ

スポンサーリンク