コスタネオロマンチカのクルーズ旅⑫~大型客船に乗ってわかったこと


どーもー、natsukiです!
写真はコスタネオロマンチカに乗ったときのお部屋から見える夕陽です。

コスタネオロマンチカでの初クルーズ船の旅行記をシリーズで書きましたが、
次回のクルーズ旅行の参考にすることや、他にも伝えたいことがあったので、書いていきたいと思います。

お子さま連れのご家族、お友達同士、カップルで夏休みの旅行や秋の連休などにクルーズ旅行をお考えの方の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク
  

他のクルーズ船には乗ったことがないので、
ネオコスタロマンチカ号での情報となりますのでご了承くださいね。

クルーズ旅行の持ち物について

わたしの初クルーズはコスタネオロマンチカで行く「古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山(韓国)」5泊6日の旅でした。

まあ、寄港地もほぼ日本ということで何かあっても何とかなるわな、的な感覚でした。
忘れ物しても現地調達もできるやろし。

でも、絶対に持って行くべきものは、歯ブラシとはみがき!
ホテルならアメニティとして置いてあるのですが、船にはありません。

あと、シャンプー、トリートメントも持って行った方が良いです。
わたしは、トリートメントは普段使わないので、持って行きませんでしたが、
いつも使っているシャンプーは持って行って使っていました。

持って行って良かったなって思ったのは、日本茶のティーバッグです。

部屋には電気ポットがあり、紅茶とハーブティーのティーバッグはありましたが、
日本茶やコーヒーはありませんでした。

また、ブッフェレストランではお湯のサーバー(ちょっとぬるい)があるのでそちらでも使えます。

コーヒー好きなら、インスタントコーヒーやドリップバッグコーヒーも持参するといいかもしれません。
無料のコーヒーはあまりおいしくなかったですから。

お部屋で履く用にスリッパは百均のを持って行ったのですが、
これは要らなかったです。

コスタの船室にはスリッパの用意がありました。

お部屋の選び方について

わたしは初クルーズということで、バルコニー付の部屋を選択しました。
コスタはリーズナブルなうえ、早割で3割引きでもあったんで、ちょっと奮発。

お部屋はバルコニー付にして良かったです。

12階の部屋だったんで、バルコニーから見る景色は素晴らしかった!

しかも、乗船日は満月。

海の上で見る月の明りはロマンチックでした。
部屋の電気を消して、海面に月光が描き出す月の道「ムーンロード」をうっとり、ソファーに座って眺めてました。

クルーズ旅行の上級者になるとお部屋のグレードよりも、
船のグレードやアクティビティ施設・設備、寄港地や内容なんかを優先させるということもあるそうです。
部屋代を安くして浮いた分で高級ワインを飲んだりするのもいいですし、次回のクルーズ費用に回すこともできます。

船内レストランについて

船内にはレストランが5か所ありました。

①ボッティチェリ レストラン
②ジャルディーノ ブッフェレストラン
③グリル・カプリ 

④ラ・フィオレンティーナ(ステーキハウス)
⑤マンマトラットリア(イタリアン)

そのうち船代金に食事代が入っているのが、①②③

ボッティチェリではコース料理になっています。

夕食は2部制で
1部が17時半~  
2部が20時~ 

基本は時間は自分で選べないんです。
が、割増料金を払えば選べます。

部屋のタイプを選ぶときにスタンダードクラスでは、「クラシック」と「プレミアム」というのがあります。(スイートクラスはまた別です。)

「プレミアム」は「クラシック」よりも1万円高くなります。
その1万円の差は、レストランの時間を自分で選べることとお部屋の位置が比較的上層階、中央寄りとなること。

わたしは、高齢の母と一緒だったので、20時~の夕食はキツいだろうと思い、
「プレミアム」にしました。

しかし、コース料理そのものが、母にはキツかったため、2回しかボッティチェリで夕食をとりませんでした。

こんなことなら、ブッフェレストランしか付いていない「ブッフェ割」というのにすればもう少し安くついたのにな。

こんどコスタに乗るときは、「ブッフェ割」にして、
浮いたお金で有料レストランで食事をしようと思います。

有料レストランはだいたい25~35ドルで食事ができます。

スポンサーリンク

船の託児所 スクオッククラブについて

わたしは子どもがいないので、スクオッククラブにお世話になることはなかったのですが、他のお子様連れのお話を伺うと、スクオッククラブはお子さまに評判がいいのだそうです。

最初に連れて行ったときは、お母さんに置いていかれると、不安そうにしていた子供が、迎えに行くと「帰りたくない」って言ったそうです。

狭い場所なんですが、子どもたちを楽しく遊ばせてくれるみたいです。

あと、夜のイベントで子どもが船長(男の子)とプリンセス(女の子)になるというのがありました。
15分間という短いイベントながら、ちっちゃな船長さんとお姫様が可愛くて、微笑ましいイベントでした。
イベントのラストは親子でダンスを踊ります。

お子さまと親御さんのステキな思い出になりますよね。

見ているわたしもhappyな気分になりました!

まとめ

初クルーズ旅行を申し込んだのが1月で、クルーズに出たのは6月でした。
申し込んだ時から行くまでの時間も楽しかったです。

いい意味でも悪い意味でも思っていたのと違うこともありましたが、
やっぱり行って良かったです。

機会があればまたクルーズ旅行してみたいなぁ~。 

コスタネオロマンチカでのクルーズ旅行記事をまとめたものがあります!興味のある記事があればうれしいなぁ~→コスタネオロマンチカのクルーズ旅のまとめ

スポンサーリンク