良い汗をかいて夏バテを防ごう!GO!


どーもー、natsukiです!

暑い!本格的な夏が近づき暑くなってきました!

コスタネオロマンチカで初クルーズ旅をしたとき、
船内のスパで久しぶりにサウナに入りました。

サウナって、汗をかくために入るじゃないですか。
でもね、あんまり汗、かかなかったんですよね。
30度くらいの温度が低いサウナだったからかもしれませんが。

アレ?わたしって、もしかして汗をかきにくい体質になってる??って思いました。

ちょっと、気になったので、汗をかくことについて調べてみました。

スポンサーリンク
  

汗をかくことは夏バテ予防になる!?

夏になって気温が上昇して暑くなると、体温も上がります。
その体温を下げるため、ヒトは汗をかくんですね。

汗がうまくかけないと体温調節ができなくなり、
熱中症や夏バテになってしまうことがあるんですって!

うーん、汗かきにくい体質になってしまったわたしは、この夏、ヤバイかもです。

しかも、歳をとると汗の質が悪くなるということもあるそうです。

や、やばい!これは、ますますヤバイです!

夏バテの原因となる悪い汗

良い汗と悪い汗

汗には良い汗と悪い汗があるそうです。

良い汗はサラッとしてて、すぐに蒸発し、体温を下げる働きをします。
汗としてのまっとうな仕事をするんですね。

しかも臭わない!

汗の成分のほとんどが水分です。
塩分などのミネラルは含まれません。
体内から大切なミネラルが排出されないので、熱中症や夏バテになりにくいということ。

かわって、悪い汗はベターっとしてて乾きにくく、体温を下げる働きが弱いんです。
汗の成分にはミネラルや塩分が含まれます。
これが、皮膚にいる雑菌の栄養分となり、繁殖を助け臭いやすくなります。

臭うのもイヤだけど、体内から大切なミネラルが排出されることも体にとっては大変なことです。

ミネラルって、心臓の動きの調節・血液や骨、筋肉を作ったり、
体にとって重要な役割をしているんです。
そのミネラルが排出され、不足するので、夏バテが起きやすくなるんです。

それでは、なぜ、良い汗ではなく悪い汗をかくようになるのかな?

悪い汗になる原因

悪い汗をかくのは発汗機能と体温調節機能の低下によります。

そして、それらが低下するのは、

・加齢
・運動不足
・ストレスや不規則な生活による自律神経の乱れ

などが原因です。

また、冷房で身体が冷えてしまうことでも、自律神経が整いにくくなったり、
汗腺が休眠状態になってしまうこともあります。

スポンサーリンク

夏バテ対策のために良い汗をかこう!

じゃあ、良い汗をかくためにはどうすればいいの?

軽い運動をする

・ウォーキング・自転車こぎのような軽い有酸素運動をする。
・ストレッチやヨガをする。
いずれも、無理をせず、汗ばむ程度に。

湯船につかる


入浴はシャワーだけでなく、湯船にしっかりつかりましょう。
ぬるめのお湯にゆっくりつかると、体も温まり、汗もかきやすくなります。

また、入浴後は暑いからといって、エアコンをガンガンに効かせるのはNGです。
せっかく開いた汗腺を閉じさせることになるからね。

大豆製品を食べる

大豆に含まれるイソフラボンは発汗を調整する作用があります。

これまた、大豆に多く含まれるレシチンはたんぱく質や脂質をエネルギーに変える助けをします。
レシチンが不足するとエネルギー効率が下がり、汗をかきにくくなり、疲労しやすくなります。

夏バテ対策には豆腐や納豆などの大豆食品を食べることも有効です。

まとめ

トシをとると汗の質が悪くなったり、汗をかきにくい体質になるんです。
高齢の人が夏バテや熱中症にかかりやすくなるのはそのせいだったんですね。
悲しいかな、汗をかきにくくなったわたしも気をつけないと!

夏場こそ湯船にゆっくりつかって、汗をかきやすい体にしないといけなかったんです。

そして、お風呂から上がって、エアコンをガンガンに効かせて、裸でいるのは辞めないと!です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする