みなとこうべ海上花火大会2017の日程と観覧場所はどこがいい? 

 
どーもー、natsukiです!

夏の夜のお楽しみといえば、花火ですよね~。

混雑するのはわかっているけど、行ってしまうのが花火大会。
花火には人を引き寄せる魅力があるのです。

数ある花火大会の中でも人気ランキングの上位を獲得している、
みなとこうべ海上花火大会、2017年の今年は、8月5日(土)に開催されます。

スポンサーリンク
 

みなとこうべ海上花火大会2017の開催日程と打ち上げ場所

開催日: 平成29年8月5日(土)
時 間: 午後7時30分~午後8時30分

雨天決行ですが荒天時は開催中止となります。
中止決定は当日の午後3時

打ち上げ場所:神戸港(新港突堤~メリケンパーク南側海上)

なお、有料観覧席の前売りは6月下旬となります。
詳細はみなとこうべ海上花火大会公式HPを参照ください。

みなとこうべ海上花火大会2017の観覧場所

みなとこうべ海上花火大会は花火大会ランキングでも毎年のように上位を獲得している人気の花火大会です。

神戸の海上が打ち上げ場所で、1000万ドルともいわれる神戸の夜景をバックに打ち上げられる大輪の花火は大迫力で見応えバツグン!
2017年は神戸港開港150周年を記念して、15,000発と例年より5,000発も多く打ち上げられます!

予想観客数も30万人と、かなりの混雑ぶりになりそうです。

観覧場所として、港をぐるりと囲んだエリアが設けられています。

みなとこうべ海上花火大会観覧場所の地図が公式HPに掲載されています。
この地図を参考にすると、みなとこうべ海上花火大会の観覧場所の全体像がよくわかりますよ!

それでは、みなとこうべ海上花火大会の観覧場所の詳細を見ていきましょう。

①兵庫ふ頭

打ち上げ場所からは離れていて、交通アクセスも不便なため、他の場所と比べると人が少なめ。

観覧場所の一部はハートフルゾーン(障害者観覧エリア)が設置されています。
観覧場所として整備はされていないので、地面はガタガタで汚れています。
敷物やクッションの持参が必須です。
雨上がりなんかは水たまりの対策も必要かと思われます。

最寄り駅の地下鉄「中央市場前」から無料送迎シャトルバスが出ています。
徒歩でも15分くらい。

シャトルバス乗り場についても公式HPに掲載があります。

②ポーアイしおさい公園

こちらも、花火の打ち上げ場所からは離れています。
が、離れているがゆえ、花火全体が見えますし、ポートタワーや神戸港の夜景と共に花火が楽しめます。
屋台もあります。
以前は穴場スポットだったのですが、現在は混雑しています。

最寄駅のポートライナー「中公園」「みなとじま」駅から西へ徒歩10分。

また、神戸市役所前から無料シャトルバスが、
メリケンパークからは無料シャトル船が出ています。
帰りの最終便は「乗客がいなくなるまで」となっています。
親切ですね~。

こちらの乗り場も公式HPに載ってます。

「しおさい公園」からの花火です。

③ポートアイランド北公園

ポーアイしおさい公園より打ち上げ場所に近く、
神戸の夜景と共に花火が楽しめるスポットです。

キレイな公園で公衆トイレも設置されています。
屋台も出て、夜祭気分で花火が見られます。

帰りは徒歩で神戸大橋を渡りながら三宮まで30分ほどで着けるそうです。
ポートライナーの駅の混雑を考えると、体力があるなら、徒歩っていうのもありかもしれませんな。

最寄駅のポートライナー「中公園」駅から北へ徒歩6分

スポンサーリンク

④新港第1突堤

花火の打ち上げ場所から最も近い観覧場所。
花火が大迫力で真ん前に見えます。

有料席と無料エリアがあります。
屋台も仮設トイレも設置されています。

有料席はイスが用意されていますが自由席なので、良い席は早めの確保が必要です。

無料エリアはシート持参で行くと便利です。
人気のエリアですので早めに場所の確保をしましょう。

18時30分には入場制限がかかる場合があります。
場所取りをした後で、時間までに戻らなければ、
入場できない可能性があるので気をつけましょう。

最寄駅は各線の「三宮」駅「元町」駅から徒歩25分。

⑤新港第2突堤

こちらは有料観覧席のみです。
こちらも、打ち上げ場所の真ん前となり、
絶景の花火が鑑賞できます。

トイレ、飲食の売店完備でイスに座ってゆっくり観覧できます。
有料席ですが、自由席なので良席はやはり早めに確保が必要です。

有料席チケットの販売は6月下旬予定です。
前売 1席3,100円(イス・自由席)
当日 1席3,600円(イス・自由席) ローソン、セブン-イレブン、ファミリーマート、チケットぴあで購入可能
詳細は公式HPを参照ください。

⑥新港第3突堤

無料で観覧できます。
観覧エリアは18時にフェリーボートが出港してからの入場になります。
時間前には入口で行列ができます。

収容数は7000人で定員に達すると入場できなくなります。
屋台などの飲食ブースはありませんが持ちこみはOKです。

⑦新港第4突堤(ポートターミナル)

有料席と無料エリアがあります。
西側岸壁が無料エリアでポートターミナルの2階・3階が有料席となります。

⑧中突堤・メリケンパーク

花火が間近で見られる無料エリアのため、一番混雑する場所です。
花火大会のナレーションがあるのもココだけです。

仮設トイレが多数設置されています。
屋台も出ますが、行列ができます。

14時以前の無人の場所取りは厳禁です。
荷物やシートは撤去されるそうです。
かといって、14時以降ならいいの?ってわけでもなく、
主催側は他の人が勝手にシートに座っているなどのトラブルや苦情は一切受け付けないとのことです。

18時には入場制限がされて入れなくなりますので、
早めに行かれるのがおススメです。

メリケンパークはとにかく激混みとなります。
帰りも人が混雑状態でなかなか進まなくなります。
余裕をもって行動しましょう。

最寄駅の各線「元町」駅から徒歩15分

⑨ハーバーランド周辺

umie MOSAICなどの商業施設もあり、みなとこうべ海上花火大会の観覧場所として、こちらも人気のスポットです。
混雑も激しいです。

16:45に入場制限が実施されますので、それまでに入場しておきましょう。

ショッピングやお食事やお茶ができる飲食店もあります。
それなりに混んでいますが、花火までの時間を楽しめます。

最寄駅はJR「神戸」駅

まとめ

みなとこうべ海上花火大会は花火大会ランキングの上位を獲得するだけあって、
花火の打ち上げ数も多く、迫力があり見応えがあります!
港、神戸の夜景といっしょに大輪の花火が見られるのも魅力です。

わたしは花火を間近で見るよりも全体的に観るのが好きなので、「ポーアイしおさい公園」と「ポートアイランド北公園」がいいなぁって思います。

あなたは、どこで、みなとこうべ海上花火大会の花火を見たいですか?

スポンサーリンク