南インド旅行記④~アーユルヴェーダの治療メニュー決定

南インド旅行記①~アーユルヴェーダを体験したい!
南インド旅行記②~関空出発からトリバンドラム到着まで
南インド旅行記③~アーユルヴェーダ診察とマッサージ体験
からの続きです。

治療メニューが決まりました

わたしの治療メニュー
10/11~14 アビヤンガ→エラキリ→シロダーラ

10/12~14 上記メニューにナスヤ追加

10/15~17 軽めのアビヤンガ→ナバラキリ→タクラダーラ→バスティ

アビヤンガ
薬用オイルで全身をゆっくりマッサージ。肌を活性化し浄化ホルモン(血の流れを増進させ、老化予防)を形成します。

エラキリ
植物の葉と数種類のハーブ薬を白い布でボール状に包んだ「キリ」と呼ばれるものを使います。これにハーブオイルを浸して、患部を叩くようにし、全身を暖めていくマッサージ法です。
マッサージの発汗作用により、血行が促進され、老廃物の排出を促します。また関節炎、筋肉の凝りなどに効果的です。

シロダーラ
脳のエステとも呼ばれています。ストレス解消、リラックス、寝不足解消、精神的病、神経質な状態に効果的です。ベッドに仰向けに横たわり、温めたオイルを額に垂らします。

ナスヤ
点鼻浄化療法。
脳や意識の入り口ともされる「鼻」を通してハーブのオイルや薬を体内、頭に浸透させる方法です。
治療後は頭がすっきりし、頭痛など頭に関する様々な病気に高い効果があり、鼻炎や気管支系などの病気や老化を防ぎます。

ナバラキリ
数十種類のハーブ、牛乳、加穀物などを煎じて炊き、それを布に包んだ「キリ」と呼ばれものを使います。
これを温めた牛乳に浸しながら全身になじませていくトリートメントです。
塗ったところは、最初は温かく、後から冷たく感じられますが、この温と冷を交互に繰り返すことと、薬用成分と牛乳が肌にとって良い刺激となり、肌にハリとツヤが出、美肌効果があります。
また血液循環の向上と老廃物の排出にも効果的です。

タクラダーラ
シロダーラ同様、ベッドに仰向けに横たわり、額に液体を垂らします。シロダーラはオイルですがタクラダーラはミルクベースになりますので、さっぱりスッキリします。

ヴァスティ
浣腸浄化療法。
浣腸でハーブのオイルや薬草の煎液を注入し、体内(腸内)に直接働きかけて浄化する療法です。
「ヴァスティ」はもともと「膀胱」の意味で、広く「何かを一時的に溜めておくもの」という意味があります。

前半の4日間は、オイルを使って、身体をクリーニングです。
いわゆるデトックスってやつ。

後半の3日間は、毒出しした身体にミルクや薬草・ハーブ水などのサラサラな
液体で栄養を入れます。

アーユルヴェーダ三昧

治療院では、ありのままの姿で癒しの施術を受ます。
もう慣れてくると、素っ裸も解放感があります。

マッサージも気持ちいいし、エラキリもナバラキリも身体が喜んでました。

こんなに集中してアーユルヴェーダが受けられるのは、やはり本場のインドならではでしょう。
日本ではなかなかできない貴重な体験でした。

ナスヤとバスティは男性医師が行いますので、セラピストさんの施術が終わり服を着てから受けます。

治療の前半はオイルベースなので、施術後はオイルが髪の毛からつま先までまとわりついて重かったです。
シャンプーしてもオイルは完全には落ちなくて髪の毛はしっとりを通り越してベットリしてました。

後半は、ミルクやハーブを煮出したものなのでサラサラで施術後は、すっきりサッパリでした。

スポンサーリンク

治療院での写真いろいろ

シロダーラ用のマッサージベッドです。

ナバラキリです。
炊き立ての赤飯のような香りがします。
温めたミルクに浸したコレを使ってマッサージします。

ナスヤをしているところ
ナスヤは治療行為なのでドクターが行います。
ドクターに緊張して身体が固まってるって言われました。
そりゃ、緊張するでしょ。
初日は気持ち悪くてきつかったですが、2回目は慣れました。

バスティ(浣腸)です。
バスティも医療行為なのでドクターがします。
日本の浣腸とは違って、すぐには便意は催しませんでした。

治療院の中庭です。
こちらで毎回、軽食をいただきました。

一日のスケジュール

早朝にビーチ周辺を散歩&朝食
10時に治療院へ行きます。
お昼頃に施術終了。
毎回治療院のご好意で軽食をいただけました。
みんなでホテルへ帰る。
自由行動。シャワーを浴びて、昼寝をしたり、本を読んだり、日記をつけたり、ビーチへお散歩、お買い物などのんびり過ごします。
夕食はみんなと一緒に食べます。だいたい近所のレストランです。

ほぼほぼ、こんな感じで過ごしました。

それ以外には、お買い物ツアー、バックウォータークルーズと5つ星ホテルでのバイキングディナーへ行く日がありました。

毎日、ビーチに沈む夕陽はかかさず見に行ってました。
とてもきれいな夕陽でした。

いま振り返ると、なんて贅沢な日々を過ごしていたんだろうと思います。

続きはコチラ→南インド旅行記⑤~バックウォーターツアーとTHE LEELAでディナー 

スポンサーリンク