南インド旅行記⑤~バックウォーターツアーとTHE LEELAでディナー


南インド旅行記①~アーユルヴェーダを体験したい!
南インド旅行記②~関空出発からトリバンドラム到着まで
南インド旅行記③~アーユルヴェーダ診察とマッサージ体験
南インド旅行記④~アーユルヴェーダの治療メニュー決定
からの続きです。

今回のツアーはアーユルヴェーダ以外にもバックウォータークルーズ、町でのお買い物、5つ星ホテルでのディナービュッフェがありました。
これらは、すべて治療後にいきました。

スポンサーリンク

バックウォータークルーズ


バックウォーターとは水郷地帯という意味です。

コーチンの南側の海岸線には無数の川と入江が網の目のように入り組みデルタ地帯を形成しています。その、水郷地帯をボートで揺られながら南国の風景を眺めるツアーです。

ヤシの森の間を縫うようにボートで川をくだるのは、ディズニーランドの「ジャングルクルーズ」のようです。
わたしたちは4人で1隻の小さなボートを貸し切りました。

ガイドさんが何かいるとボートを止めてくれて、写真撮影ができる時間をくれました。
野鳥がたくさんいて、人気のキングフィッシャー(カワセミ)も見られました。川岸には牛やゾウもいました。おじさんたちが沐浴している姿も見かけます。

すれ違うボートに乗っている観光客とは手を振ってあいさつしました。
みんな笑顔で楽しそうです。

風も心地よく、自然の中でゆったりとした時間が過ごせて、最高でした。
これはおススメのツアーです。

スポンサーリンク

町でのお買い物

アーユルヴェーダ治療院では、医師の診断のもと自分に合ったアーユルヴェーダの薬の処方箋がもらえます。
処方箋に書かれた薬の調達も兼ねて、町までお買い物へ行きました。
町までは車で30分ほどです。ドライバーさんを頼んで行きました。
ドライバーさんは空港にお出迎えに来てくれた人です。

まずは、ランチタイム。
南インドの定食「ミールス」を食べました。
ご飯、いろんな種類のカレーと副菜がセットになっているものです。
チケットを買えば、食べ放題です。
配膳係の店員さんが食べ物を載せたワゴンを引いて店のなかを回っています。
「いかかがですか?」と席に来てくれます。好きなものを言うとバナナの葉っぱのお皿に盛ってくれます。
郷に入っては郷に従え、スプーンは使わずに、現地の人たちみたいに、右手で食べました。
味は、なかなか美味です。辛いのやら酸っぱいのやら、いろんな味のカレーが楽しめました。


食後は、大型スーパーマーケットでお買い物です。
インドの伝統衣装サリーも売っていました。
わたしたちのお目当ては主に食料品です。
お土産にするナッツやお菓子、紅茶を仕入れました。
インドはナッツが安いんです。日本では高級なマカデミアナッツも格安で買えました。
ナッツが好物なわたしは、帰国後数日で食べつくしてしまった。
もっと、買っておけばよかったです。

最後に薬局に寄りました。
わたしは、薬を飲むのが嫌いなので敢えて処方箋はもらいませんでした。
しかし、処方箋が無くても購入できる、アンチエイジングの薬用酒を1本買いました。
味は養命酒を濃くしたような味です。お値段も1本600円くらいでしたし、アンチエイジング効果があると聞いては買わずにいられませんでした。

帰国後は毎日少しずつ飲みました。効果のほどは、よくわかりませんが、お酒なので飲むと体が温まりました。

5つ星ホテルTHE LEELAでディナー

滞在している場所は、欧米人に人気のビーチリゾートです。
ビーチ沿いにはホテルがたくさんあります。
中でも高級な5つ星ホテル THE LEELA でのディナーが1回ついていました。

その日は、おめかしして(といってもビーチ沿いのお店で千円で買ったサンドレスを着て)、サンセット前に歩いてホテルへ行きました。

さすが、5つ星ホテルです。
お庭にはクジャクがいたり、敷地も広かったです。

食事をする前に、屋外にあるバーに行きました。
旅番組で観たことあるような、オーシャンビューのいい感じのバーです。

ここでも、さすがに5つ星だと感じたことがありました。
それは、バーテンダーさんがイケメン揃いだということ。
めっちゃ、かっこよかったです!


潮風にふかれ、夕暮れの海が見える高級リゾートホテルのバーという、最高のロケーション。イケメンバーテンダーに作ってもらったノンアルコールカクテル(アーユルヴェーダ中はアルコール禁止なので)を飲む。
気分はセレブです。

陽も沈み辺りが暗くなったので、プールサイドにあるビッフェレストランにディナーを食べに行きました。

ビュッフェといえども、メニューはたくさんあって、どれも美味しかったです。
デザートも充実していました。

この日は、伝統的な舞踏ショーも開催されていて、ショーを見ながらのお食事タイムでした。

高級ホテルですが、ビュッフェはお値段がリーズナブルでした。
バーのカクテルも1杯千円弱なので、5つ星ホテルの雰囲気を味わえて、このお値段はお得です。

5つ星ホテルで夢のような時間を過ごし、わたしたちは歩いて10分ほどの滞在ホテルへと帰りました。

おすすめポイント

・バックウォータークルーズはめちゃめちゃ、楽しかったです!また行きたい!
・南インドの定食「ミールス」は食べる価値あり!味のバリエーションが豊富!
・インドでナッツはお買い得です。日本で買うより断然安い!
・コヴァーラムビーチの5つ星ホテル THE LEELAのバーとビュッフェレストラン
 はリーズナブルにセレブ気分を味わえ、非日常の時間を楽しめます!

続きはコチラ→ 南インド旅行記⑥~帰国のシンガポール空港乗り換え時間の過ごし方

スポンサーリンク