青春18きっぷ大阪発の初心者向け日帰りコース② 岡山・倉敷の駅から徒歩でいけるスポット

どーもー、natsukiです!

前回に引き続き、青春18きっぷを利用した大阪発の初心者さん向け日帰りコースをご紹介したいと思います。

今回は、岡山県の有名な観光スポット倉敷の美観地区と岡山の後楽園を訪ねるコースです。
どちらも、駅から徒歩圏内で行けるという便利な観光スポットとなっております。

スポンサーリンク

青春18きっぷで大阪から岡山県の2大観光スポットを訪ねる旅

通常運賃 6,690円-2,370円(青春18きっぷ1日分)= 4,320円 お得!

大阪 7:17発 
 ↓ 神戸線
姫路 8:25着 8:40発
 ↓ 山陽本線
相生 9:01着 9:32発
 ↓ 山陽本線
岡山 10:38着 10:49発 
 ↓ 山陽本線
倉敷 11:05着 14:02発
 ↓ 伯備線
岡山 14:21着 18:00発
 ↓山陽本線
姫路 19:25着 19:26発
 ↓ 神戸線
大阪 20:28着

青春18きっぷで大阪から倉敷美観地区を巡る

大阪駅からJR神戸線で姫路まで行きます。
JR神戸線は通勤路線なので快速の運行も頻繁にあり、1時間ほどで姫路に着きます。
西宮を過ぎた頃から六甲山が見えてきます。
神戸の中心部を抜け、須磨浦あたりから海岸線に沿って走ります。
左手に世界最長のつり橋明石海峡大橋が見えるので、見逃さないように!

相生を過ぎるとのどかなローカル線の雰囲気になります。

岡山から倉敷までは30分弱で到着。

倉敷の美観地区は倉敷駅から徒歩15分。
駅前に案内表示があるのでわかりやすいです。

倉敷の美観地区には江戸時代から明治時代、昭和初期の町並みが残っています。
白壁の屋敷が立ち並び、倉敷川沿いの柳が風になびく様子は風情があって、写真スポットとなっています。

倉敷の美観地区内にはレストランやカフェなどグルメも満喫できます。

大原美術館や倉敷紡績の工場跡。のアイビースクエアなどの観光スポットもあります。

また、倉敷駅から美観地区に通じるアーケード通りのえびす通り、本通は大正・昭和時代の町並みがそのまま残っていて、懐かしい雰囲気を醸し出しています。

スポンサーリンク

青春18きっぷで日本三名園のひとつ岡山の後楽園を巡る

岡山の後楽園は金沢の兼六園、水戸の偕楽園とともに日本三名園のひとつです。

岡山駅から徒歩25分。
岡山駅から路線バスも頻繁に出ていて、所要時間10~15分。
路面電車の東山行きで4分「城下」下車徒歩10分で行けます。

岡山後楽園
約300年前に岡山藩2代藩主池田綱政(いけだつなまさ)が藩主のやすらぎの場として作らせた庭園です。
延養亭や能舞台を中心に園内各所に置かれた亭舎や祠には、歴代藩主の思いが込められています。
広い芝生地や、池、築山、亭舎が園路や水路で結ばれ、歩きながら移り変わる景色を眺めることができるよう工夫された庭園です。
ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで三ツ星に認定されています。
毎年、夏と秋には人気のイベント、夜間特別開園「幻想庭園」が開催されます。

岡山城の天守閣に登れば、後楽園の全景を見渡せます。
岡山県立博物館や林原美術館などの観光施設なども近くにあります。

後楽園の夜間特別開演「幻想庭園」が8/1~8/31まで開催されています。
ライトアップされた後楽園は昼間とはまた違った美しさがあります。

http://genso-teien.okayama.jp/

こちらを見る場合は、18時~の入場となり、帰る時間を考えると、

岡山 20:27発
 ↓
姫路 21:54着 21:57発
 ↓
大阪 22:58着

になります。

大阪駅から自宅までの電車の時間も考慮しないといけませんね。

岡山後楽園の公式ホームページ

さいごに

青春18きっぷで岡山県の2大スポットを巡るコースはいかがでしょうか?
乗り換えもわかりやすくて、初心者さんには行きやすいコースなんじゃないでしょうか?

倉敷の美観地区も岡山の後楽園も駅から徒歩圏内でいける便利な観光スポットですね~。
古い町並みなのにおしゃれな倉敷の美観地区を廻ったあとで、
岡山の後楽園の美しい庭園をのんびりと散策するのはなかなかオツなもんです。

列車のダイヤは平日を使用しています。

実際に行く場合は、乗り換え案内サイトのジョルダンの青春18きっぷ検索を利用すると便利です。 

日本全国の神様が終結するという神在月に出雲大社の縁結大祭に参加した記事もおススメです。出雲大社の神在月に縁結大祭に参列した旅のまとめ


にほんブログ村

スポンサーリンク