話し方教室ってどうなの?あがり症の改善やスピーチはうまくなる?

 どーもー、natsukiです!

唐突ですが、natsukiは人前で話すのが苦手です。

あ、いや、人前でなくても人と会話するのが得意ではないかも。
ま、でも、そこそこ歳をとっているので、若い頃に比べるとまだ、
マシになったような気もします。

それと、声が小さく、滑舌も悪いので聞き取りにくいのか、
話していると相手から聞き返されることも多いのです。

人と会話が楽しめて、人前でスピーチも上手にできて、相手に聞き取りやすい声になりたい!
という願いを叶えるにはどうしたらいいか?

そうだ!話し方教室に行こう! 
と、思い立って、話し方教室に通ったときのことを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

話し方教室の選び方

話し方教室を選ぶにあたって、とりあえず、ネットで調べてみました。
そうすると、いろいろあるんですよね。

ビジネス系、コミュニケーション系、発声系、それぞれに特化している話し方教室や、それらのどれもに対応している話し方教室など。
個人レッスンにグループレッスン。

料金も様々。

わたしの場合は、仕事でプレゼントとかするわけでもないし、
スピーチの予定も別になし、生活に支障があるほどコミュニケーションが取れないってわけでもない。

ただ、今より、会話が弾んで、自分が伝えたいことが伝わるようになれば良いなぁって思ったんですよね。
あと、気の利いたことが言えるスピーチができるようになればうれしいなぁって。

なので、高額なスクールは考えていなくて、
リーズナブルで楽しく学べる教室に通いたいっていうのがありました。

結果、選んだのが、カルチャーセンターの話し方教室でした。
カルチャースクールって駅前にあるところが多くて通うのにも便利だしね。

それに、たいていのスクールは体験レッスンがあるので、
体験してみて講座の雰囲気とかわかるから安心です。

話し方教室の体験レッスン

とりあえず、フリーアナウンサー(元局アナ)の人が教えてくれる講座を体験してみました。

10人くらいの受講生がいて、ほとんどの人が継続して受講している講座でした。

講座の前には先生が飴を配ってくれました。
声を出すのでノドのためにかな?
受講生の人が旅行に行ったお土産のお菓子も配ってくれました。
アットホームな教室です。

雰囲気もいいし、講座の内容もおもしろそうなので、
体験レッスン後に申し込みました。

スポンサーリンク

話し方教室ってどう?

わたしが申し込んだ講座は、6ヶ月12回(月2回)で受講料は33,696円でした。

その講座のキャッチコピーは、

あなたの“思い”“大切なメッセージ”相手の心にしっかり届けたいですね。どんな言葉で、どう表現すれば届くのでしょう。 “磨きをかけた声”“体験から得たあなた自身の言葉”を味方に、話し伝える力をパワーアップしましょう。

でした。
この、キャッチコピーにも惹かれました。
この通りになればいいなと思ったのです。

授業の最初は、発声練習も兼ねて、朝日新聞の天声人語をみんなで朗読します。
そのあとは、即興で短いスピーチを一人ずつしたり、
毎回出る宿題(お題に沿ったスピーチを三分間ほどする)の発表でした。

即興スピーチは初回からあって、まさかの想定外でしたので、
しどろもどろになりながら、途中で頭が真っ白にもなりました。

宿題もいちおう考えてはいくものの、人前で3分間話すのは、
難しくて、すごく苦手でした。
ほぼ書いていったものを読んでるだけでしたね。

わたしと同じく、新規に入会した人で途中から来なくなった人もいました。
わたしは料金を支払ったんだから、
どうしても用事があるとき以外は、嫌でも行っていました。

そのうち、人がしゃべっていることなんて、
そんなに真剣に聞いちゃいないんだということがわかりました。
こっちが緊張していようがいまいが、聞いてる人は関係ない。

人前でしゃべるのは相変わらず緊張するけど、慣れるとマシになるもんです。
毎回同じメンバーというのも安心感がありますしね。

話し方教室で学んだこと

この話し方教室で先生から教えてもらったことは、
良いスピーチとは、五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)を感じられて、相手に行動しようと思わせるものだということ。

その話を聞いて、そこへ行ってみよう、見てみよう、聞いてみよう、食べてみよう、体験してみようと思ったら、それはいい話だということ。

話し方教室に通ったことで、普段の何気ない生活の中にも話のネタはないか?と考えるようになりました。

「何を話そうか?」と自分の体験を振り返ることができたり、話すことを見つけるためにどこかへ行く等の行動したりできたので、それはそれでよかったなと思いました。

話し方教室であがり症やスピーチはうまくなったの?

話し方教室に通って、あがり症がなおったのか?と聞かれたら、治ってはいないと答えます。
ただし、わたしは6か月しか通っていないのでね。
長期間通ったら治るかもしれません。
毎回スピーチしていたので、少しは話すことが楽しく感じられるようにはなりました。

話し方教室に通ってスピーチは上手くなったの?と聞かれたら、
上手くなってないんじゃないかなと答えます。
これも、月2回の6ヶ月だとね。
だけど、仕事でも人前で発表することがなかったわたしがたとえ10人足らずの人の前でも、何かについてしゃべるなんてことができるなんて思ってもみなかったわけで。
それはそれで、収穫があったと思います。

さいごに

発声練習や声の出し方には重きを置いていない講座でしたので、
声の小ささと滑舌の悪さはよくなっていないなぁ。

話し方とかという問題以前に、自分が何を感じて、
何を伝えたいかをわかることが大切なんだなということがわかりました。

話し方教室に行こうかどうか?迷っている人は、まずは体験レッスンに参加してみてはいかがでしょうか?

真っ暗闇の中で視覚以外の感覚を研ぎ澄ませ!コミュニケーション力がアップする体験「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」の記事もおススメです→ダイアログ・イン・ザ・ダークで本当の暗闇を体験してきました!


にほんブログ村

スポンサーリンク