ねんきん定期便の見方と受取見込額が思いのほか少ない金額なのはなぜ?

 どーもー、natsukiです!
natsukiは夏生まれです。
誕生月になると日本年金機構から届くねんきん定期便。
今年も届きました。
届いても、見方がよくわからないので、
「ふーん」って感じで、あまり詳しくは見てなかったんですよね。

アラフィフなのに、なんてのんきなんでしょう💦
自分でもあきれてしまいます。

今年は、老後の資金のことも気になるようになり、
セゾンマネースクールに行って老後の資金のことなどファイナンシャルプランナーさんから教えていただきました。
その時の記事はコチラ→将来のお金のことが心配なので、セゾンマネースクールで学んできました。

そこで、今回の年金定期便は、しっかり見ようと思いました。

スポンサーリンク

ねんきん定期便の見方

ねんきん定期便は毎年1回、誕生日の月に日本年金機構から送られてきます。
そこには、将来もらえる「老齢年金」の見込み額が記載されています。

この老齢年金の見込み額が、50歳未満の人と50歳以上の人では、記載している額の基準が違います。

ねんきん定期便 50歳未満の人の老齢年金見込み額

50歳未満の人は、これまで実際に納めた額のみで計算されています。
60歳までに納めるであろう額は計算に入れられていません。
60歳まで年金保険料を納めた場合は、受け取る年金の見込み額は、記載額よりは当然多くなります。
50歳未満だと、これから先の働き方や年金制度が変更になるなど、どうなるか分からない要素が大きいため、実際に納めた額での計算方法を取っているのでしょう。

ねんきん定期便 50歳以上の人の老齢年金見込み額

50歳以上の人に送られてくる、ねんきん定期便の年金見込み額は、現在の給料のまま60歳まで納めたと仮定して計算した年金の見込み額が記載されています。
ですので、60歳までに退職して国民年金に変更したり、給料が下がった場合は見込み額より少なくなるということも。
あるいは、給料が大幅アップすれば、見込み額より多く支給されることにもなります。

ねんきん定期便の老齢年金見込額が思いのほか少ないのはなぜ?

ねんきん定期便の見込額を見て、正直その金額の少なさにびっくり!
わたしが勤めているのは小さい会社なので、お給料は多いとは言えないです。
それでも、厚生年金を納めているので、国民年金の支給額よりは多いはず。
会社も半分負担してくれているので、実際にわたしが払った金額の倍を納めているわけだし。
なのに、書いてある金額は・・・( ;∀;)

で、調べてみると、厚生年金基金に加入している場合の基金からの支給額は、ねんきん定期便には入っていないんだそうです。
わたしは転職を数回していますが、転職先の会社のほとんどが基金に加入していました!
ということは、ねんきん定期便の記載額よりも多くなる可能性が大ということになります。

あー、よかった!(^^)!

厚生年金基金では、代行部分といって厚生年金部分を国に代わって給付するという制度があります。
その代行部分を除いた金額が記載されていたんですね。

スポンサーリンク

ねんきんネット

「ねんきんネット」とは、インターネットで自分の年金情報を確認できるサービスです。
「ねんきんネット」でできることは、
●自分の年金記録
●将来の年金見込額の確認
●電子版「ねんきん定期便」の閲覧
●日本年金機構から郵送された各種通知書の確認・・・など

ねんきんネットでは、「年金見込額試算」というのがあり、厚生年金基金の代行部分を含めた額がわかります。
また、年金基金に加入していたかどうかも確認できます。

ねんきんネットの登録

ねんきんネット」を利用するには、登録が必要となります。

●アクセスキーが記載された「ねんきん定期便」をお持ちの方
①「ご利用登録(アクセスキーをお持ちの方)」を選びます。
②「ねんきん定期便」に記載されている17桁の「アクセスキー」、
 基礎年金番号、氏名、生年月日、パスワードなどの情報を入力
③ユーザIDが即座に発行され、ただちに「ねんきんネット」を利用することができます。

●アクセスキーがない方
①「ご利用登録(アクセスキーをお持ちでない方)」を選び、
②必要情報を入力します。
③登録申請から(土日を除く)通常5日ほどでユーザIDが発行され、
「ねんきんネット」が利用できるようになります。

ねんきんネットに登録の人の注意

ねんきんネットはいつでもパソコンやスマホで年金情報が確認できて便利です。
しかし、ねんきんネットに登録した人は、平成30年度から順次電子版に切り替え、「ねんきん定期便」を郵送しない予定となっています。

まとめ

ねんきん定期便は50歳未満の人と50歳以上の人では見込額の記載方法が違います。
そして、思いのほか見込額が少ないのは、厚生年金基金の代行部分が除かれていることが原因かもしれません。

将来どれくらいの年金が支給されるのか?気になりますよね。
しかし、制度自体もどうなるのかわからないし、なんだかわかりにくです。
もっとちゃんと勉強しないとなぁ~。
とりあえず、ねんきんネットで確認してみます。

老後資金で不安になったので、ファイナンシャルプランナーさんに相談したときの記事はコチラ→老後の資金は大丈夫?現在のわたしから未来のわたしのためにできること。 


にほんブログ村

スポンサーリンク