ふるさと納税の仕組みとは?所得税や住民税の控除額といくらまでがお得なの?

 どーもー、natsukiです。
ふるさと納税という制度ができたのはいつなんだろう?
世間では流行っているみたいだけど、わたしはあまり興味がなかったので、仕組みがよくわからなかったんです。

でもね、調べてみると、なんだかとってもお得な制度だったんですよ、これが。

いまさらですが、ふるさと納税について今日は書いていきます。

スポンサーリンク

ふるさと納税の仕組みとは?

ふるさと納税とは、「納税」と言う言葉が使われていますが、実際は税金ではなくて、寄付になります。
地方再生の一環として生まれた制度で、住民以外の人が地方自治体へ寄付をすることで地域の創生に参加できるということになります。
お世話になった地域や応援したい地方に寄付をすると、そのお礼としてお米やお肉などの地元の特産品や名産品が納税先の団体から届くのです。

そして、寄付した金額により、所得税の還付や住民税の減額が受けられるのです。

と、ここまでは、なんとなーくわかっていました。

でも、ふるさと納税って手続きが面倒なんでしょ?
少しくらい減税になったとしても、申請とかの手間が複雑だったりしたら、めんどくさいわと思っていました。

ふるさと納税って得なの損なの?

で、気になるのが、ふるさと納税って、ぶっちゃけ得なの損なの?ってことです。
こんなに人気があって話題になる、ということは、お得だからですよね、きっと。

でも、少々お得なだけなら、めんどくさがりやのわたしの心は動かないです。

今回、調べてみたら、ふるさと納税、かなりお得な制度だということがわかりました。

ふるさと納税のお得度はいかに?

ふるさと納税がお得なのは、

① 肉やカニなどのお礼の品が受け取れるということ

② 住民税や所得税などの税金が減額されるということ

の2点です。

ふるさと納税でお得になる税金の額って?

どれだけの税金が減額されるのか?というと、
寄付金のうち2000円を引いた額が、住民税と所得税から減額されます。

でも、減額される税金が寄付する人の所得や扶養家族によって違うのです。
その額が計算できるサイトもありますので参考にしてみてください。

ふるさとチョイス控除金額シュミレーション

わたしが計算してみると、2000円の負担で寄付できる額は2万円と出ました。

2万円のふるさと納税で、税金が18,000円お安くなります。

ということは、2000円でふるさと納税のお礼の品がいただけるということ。

2万円でもらえるお礼の品って、結構いいものです。
どう見積もっても、2000円は超えそうです。

スポンサーリンク

ふるさと納税のワンストップ特例制度とは?

ふるさと納税をしても、税務署に確定申告しないと税金は還付されないんじゃないの?
税金納めるのはカンタンやけど、還してもらうときって、
手続きがめんどくさいというイメージがありました。
ところが、2015年4月からはワンストップ特例制度ができてました。

ワンストップ特例は、ほとんどのサラリーマンには便利な制度です。
所得税の還付ではなく、住民税からのみ減税されるというもので、
面倒な確定申告が不要となります。

ふるさと納税のワンストップ特例が使えない人は、
・確定申告が必要な人
・6つ以上の自治体に寄付する人

です。

確定申告が必要な人とは、自営業の人、サラリーマンでも所得が高額な人、住宅ローン控除1年目の人などです。

確定申告の必要はないので、natsukiはもちろん、ワンストップ特例は使えます。

ワンストップ特例はふるさと納税先に申請等の提出が必要となります。
ワンストップ特例の申請に必要なのは、

① ワンストップ特例申請書類
② 本人確認書類
③ 個人番号確認書類

ワンストップ特例申請書類は、ふるさと納税のサイトでダウンロードできます。

本人確認書類と個人番号確認書類は「個人番号カード」を持っている場合は、
個人番号カードの表と裏のコピーを各1枚。

「個人番号カード」を持っていない場合は、個人番号「通知カード」のコピーと運転免許証またはパスポートなどのコピー。

また、「通知カード」も紛失してしまった場合は、個人番号が記載されている住民票の写しと運転免許証やパスポートなどのコピーとなります。

また、注意ポイントとして、ふるさと納税するたびに申請が必要です。
同じ自治体に複数回する場合でも、その都度申請しなければなりません。

そして、翌年の1月10日までにふるさと納税先に申請が必要となります。
期限を過ぎた場合は、確定申告をしないといけなくなります。

せっかく便利な制度ができたんですから、期限を守ってワンストップ特例申請の提出をしたいです。

まとめ

ふるさと納税は、
負担額2000円で2000円以上のお肉やカニなどの特産品が自治体から届き、
ふるさと納税で寄付した金額から2000円を引いた額が減税されるというお得な制度だったんです!

こんなにお得なんだから、みんな、ふるさと納税してたんですね~。

ふるさと納税のお得度が高いということを知ったので、
「ボタン海老とホタテのセット」をさっそく申し込んでみました。
届くのが楽しみです~。

ワンストップ特例の申請も忘れないように送りま~す。

にほんブログ村

スポンサーリンク