大覚寺で中秋の名月を舟から眺める 観月の夕べ2017の日程

 

 2017年の中秋の名月は10月4日(水)です。
この日は、各地でお月見イベントが開催されています。
なかでも、京都での神社やお寺でのお月見は人気があります。

そして、京都のお寺でお月見で有名なのが、大覚寺です。
中秋の名月の日に行われる大覚寺の観月の夕べは、大沢池に舟を浮かべてお月見ができて風流です。
今日は、そんな大覚寺のお月見イベント「観月の夕べ」を紹介します。

スポンサーリンク

大覚寺の観月の夕べ2017年の日程

大覚寺 観月の夕べ 2017年 日程
開催日 10月4日(水)~6日(金)
拝観料 500円
時間  17時~21時頃
場所  大覚寺 京都府京都市右京区嵯峨大沢町4
電話  075(871)0071
HP  https://www.daikakuji.or.jp/

※本年度は行事中の諸堂エリアは拝観不可となっています。

大覚寺とは

大覚寺は、もともとは平安初期に嵯峨天皇の離宮として建立されました。
弘法大師空海を宗祖と仰ぐ真言宗大覚寺派の本山で、
正式には旧嵯峨御所大本山大覚寺と称し、嵯峨御所とも呼ばれます。

弘法大師の勧めによって、嵯峨天皇が浄書された般若心経が勅封(60年に1度の開封)として奉安され、般若心経写経の根本道場としても知られています。

明治時代初頭までは、代々天皇もしくは皇統の方が門跡(住職)を務めた格式高い門跡寺院です。

いけばな発祥の花の寺でもあり、「いけばな嵯峨御流」の総司所(家元)でもあります。

また、時代劇・各種ドラマのロケ地としても有名で、「暴れん坊将軍」「剣客商売」「御家人斬九郎」「鬼平犯科帳」、「大岡越前」「銭形平次」などが撮影されました。

大覚寺 観月の夕べとは

嵯峨天皇は中秋の名月の日に、文化人や貴族たちと庭園にある巨大な池 大沢池に舟を浮かべて宴を行っていました。
空に輝く月と大沢池の水面に映った月を楽しんだといわれています。

大沢池は、嵯峨天皇が中国の洞庭湖に模して造られたという、周囲約1kmの日本最古の人工の林泉(林や泉水などのある庭園)。建造された平安時代からほぼ姿を変えずに現在に至っています。

嵯峨天皇や平安貴族のように、優雅に中秋の名月を楽しもうというのが大覚寺の観月の夕べです。

スポンサーリンク

2017年 観月の夕べの催事は?

◆ 満月法会(中秋の日)
中秋の夜、満月法会が執り行われます。
月を望む場所に祭壇を設け、お団子や、芋、豆などの野菜、お茶、お花を供え一山の僧侶が出仕して「月天」を招じ、農作物の豊作と人々の幸せを祈願します。
また、境内の広場では、17時より様々な催事が行われます。

◆ 声明のしらべ
大覚寺若手僧侶による、声明ミニコンサートが行われます。
※例年行われていた観月コンサート及び琴演奏は開催されないようです。

平成29年度 観月の夕べ 舟券の販売

大覚寺の観月の夕べでは、嵯峨天皇や平安貴族が楽しんだように、舟で大沢池から夜空に浮かぶ月と水面に映る月を眺めることができます。
約20分かけて池を回ります。

舟券は当日、勅使門前舟券売場で販売されます。

料金 :1000円(舟券のみ) 1人4枚まで購入できます。
    拝観料を含むと1500円になります。

販売開始時間:15時頃(状況により変更の可能性あり)

乗船時間:17時台、18時台、19時台、20時台から選べます。
なくなり次第販売は終了。
場合によっては販売開始時間前に、整理券が配布されることもあるそうです。

日が暮れて、月が見られる19時台は一番人気ですので、
確保するためには早めに並ぶことをおススメします。

舟は古式にのっとり大陸風の龍頭船(りゅうとうせん)と鷁首船(げきしゅせん)の2隻です。

龍頭鷁首船とは
船首に竜の頭と鷁の首をつけた二艘一対の船。平安・鎌倉時代、朝廷の行事、社寺の祭礼供養、貴族の遊宴などの際に楽人や舞人を乗せて池川に浮かべ、管弦を奏した。

龍は古来より天子をあらわす想像上の動物として有名です。
そして、鷁(げき)とは、こちらも想像上の動物です。
鵜に似た大型の水鳥で風波に強く、水難除けとされています。
どちらも船の守り神です。

平成29年度 観月の夕べ 茶券(お茶席 蓮華殿)の販売

お抹茶とお菓子が蓮華殿でいただける券の販売があります。

販売場所:蓮華殿
料金: 800円
販売時間:17時より
 当日販売分が無くなり次第、終了です。

人気だった望雲亭、観月台での本席、お茶席はないようです。

大覚寺のアクセス

◆電車
JR「嵯峨嵐山駅」から徒歩約20分
阪急「嵐山駅」から徒歩で約35分
京福「嵐電嵯峨駅」から徒歩で約25分

◆バス
市バス28・91
京都バス71・81
共に「大覚寺」より徒歩2分

詳しいアクセス情報は、大覚寺のホームページに掲載されています。
 

さいごに

中秋の名月の日に大覚寺の観月の夕べで、
鏡のように静かに水をたたえた大沢池に映った月を見ながら、
平安の世の雅を感じるのはいかがでしょうか?


にほんブログ村

スポンサーリンク