山ガール 山歩き初心者さんのためのリュック選び

 山ガール、山歩きデビューのために必要なもの、服に靴に、
そしてリュック!

高低差が少ない里山歩き程度なら、手持ちのリュックなどでもOKですが、
これから、もう少し本格的な山を登りたいとお考えなら、
山歩き専用のリュックを購入することをおすすめします。

スポンサーリンク

山ガール 山歩き初心者のリュックの選び方

登山用のリュックのことは、ザックと言います。
ザックも靴選びと同じく、自分の体格に合ったものを選ぶことが大事!
自分の体にフィットしたものだと、疲れ方が全然違います。

登山用のザックが優れているのは、背負いやすいデザインと耐久性、背中の熱のムレを逃がしてくれる素材が使われていること。
ふだん、使っている背負うタイプのバッグとは機能性が全く違います。

ザックの種類もたくさんあるので、迷います。
まずは、ザックの大きさ、サイズから見ていきましょう。

山歩き初心者の登山用リュック(ザック)サイズの選び方

登山用のリュックのサイズはL(リットル)で表します。
リュックに入れられる容量ですね。

日帰りハイキング用 20~30L
いわゆるデイバックと呼ばれるタイプ。
春や夏の日帰り登山用。
1日分の食糧と水、雨具、防寒着、エマージェンシー用のいくつかの装備などを入れるのにちょうどいいタイプ。

山小屋1~2泊用 30~45L
日帰りの荷物に、洗面用具や食料が増えるのをカバー。
雪山も登りたいのであれば、最低でも40Lは必要。 

テント泊用 50L以上
シュラフなどのテント装備や食料など、かさばる荷物に対応。
バランスを考慮して、縦長の設計。
重さに耐えられるよう作りも丈夫。

山ガール 山歩き初心者さんが、50L以上のザックを最初から購入するには、相当の気合がいります。
山歩きをこれから続けていこうと考えているのであれば、
30~45Lの1~2泊用がおススメです。

スポンサーリンク

山歩き初心者の登山用リュック(ザック)形の選び方

ザックの形は、パネルローディング型とトップローディング型があります。
ローディングとは、「荷物を詰める」という意味です。

パネルローディング型
ファスナーを開閉して荷物を出し入れ。
パネルとはファスナーを開けたときにペロンと垂れ下がる部分のこと。
口が大きく開くので荷物の出し入れがしやすい。
詰めすぎるとファスナーが閉まらなくなるのが弱点。

小型タイプだとパネルローディング型が多い。

トップローディング型
ザックの基本形。
ザックのアタマの部分(トップ)についている、大きなポケットを雨ぶたと言います。
雨ぶたが、ザックのふたの代わりになっています。
ひんぱんに使うもの(行動食、トイレットペーパー、簡単な防寒着など)は雨ぶたに入れておくと取り出しやすい。

大型ザックはほとんどこの型。
パネル型に比べて荷物の出し入れは不便ですが、荷物が増えても、雨ぶた部分をリフトアップすれば、ザックの幅や厚みを変えずに容量アップできます。

行動食とは、登山や旅行などで、行動中の栄養補給のために食べる携帯食料。チョコレートやおにぎりなど。

山歩き初心者の登山用リュック(ザック)選び方

山ガール 山歩き初心者さんがリュックを選ぶのなら、
実際にお店へ足を運びましょう。
靴と同様にリュックも自分の体に合わなければ、役に立ちません。

自分の体型に合ったリュックのサイズ合わせのポイントは、背面の長さ
肩だけ重い荷物を長時間背負うのは、疲れます。
肩と腰で荷物の重さを分散させるようにします。
そのために、背面の長さがポイントになってきます。
ショルダーベルトから腰ベルトまでの長さが自分に合っているかどうか、実際に背負ってみて確認しましょう。

正しく背負わないと、サイズが合っているかどうかわかりませんので、
専門店のスタッフに相談して、正しいフィッテイングをしてみてください。

さいごに

山ガール 山歩き初心者さんのリュック選びはいかがでしたか?
自分に合ったリュックを選ぶためには、やはり実際にお店にいくことが大切です。
専門スタッフに相談して、体にピッタリ合った、使い勝手のいいリュックを見つけてくださいね。

山ガール 山歩き 登山 初心者さんのまとめ記事はコチラ
 ↓ ↓ ↓
山ガール 山歩き 登山 初心者さんの装備やマナーとルールまとめ


にほんブログ村

スポンサーリンク