山ガール 山歩き初心者さんのためのレインウエアが必要な理由とおススメの選び方


山ガール 山歩き初心者さんが揃えたい、登山に必要な三種の神器とは、
登山靴リュック(ザック)、そして、レインウエアです。

登山靴とリュック(ザック)についてはお伝えしました。

山ガール初心者のおすすめ服装の選び方と全部そろえられない場合は?
山ガール初心者さんのためのおススメの登山靴の選び方

今日は、レインウエアについてご紹介します!

レインウエアって雨が降らないと必要ないんじゃない?って思いますよね。
ふだんの生活では、よほど雨が降らないかぎりレインコートなんて着ません。
わたしはレインコート持ってませんし。

でもね、山歩きにはレインウエアは必需品なのです。

スポンサーリンク

登山にレインウエアが必要な理由

山の天気は変わりやすいです。
雨に濡れて体が冷えると、びっくりするほど体力が奪われます。
水(濡れ)は空気の6倍のスピードで冷えると言われています。
最悪の場合は生命の危険にさらされることも。

だったら雨に濡れないように傘をさせばいいじゃん。

傘は手がふさがって危険ですし、横からの雨は防げません。

そして、レインウエアは雨だけでなく、風や寒さからも身を守ってくれます。
雨のとき以外でも活躍するんですね。

だったら、登山用のレインウエアじゃなく、ビニール製のカッパや街着のレインコートでもOKなの?

いやいや、登山用のレインウエアは素材が優れています。
完全防水なのにムレない、防水透湿性があります。
防風性、耐久性もあり、動きやすいのが登山用のレインウエアです。

登山用のレインウエアの条件

それでは、登山用のレインウエアの条件を見ていきましょう。

完全防水
完全防水素材で長時間の雨に打たれても水分がしみ込みません。
襟や袖口、ファスナー部分からも水が入らない設計。

透湿性
透湿性のすぐれた素材が、汗などのウエア内の水分を素早く外に出してくれます。
この機能がないと、内側が濡れることになります。

上下セパレートタイプ
ポンチョタイプのレインウエアもありますが、
ジャケットとパンツに分かれているセパレートタイプのウエアがおススメです。

ポンチョタイプだと風にあおられて、雨が侵入する恐れがあるのと動きにくいです。
上下が分かれていると、別々に着ることもできます。
休憩中に寒ければ、ジャケットをサッと羽織ることも。


山ガール 山歩き初心者さんのためのレインウェアの選び方ポイント

サイズの確認
試着室では手足を動かしてサイズを確認しましょう。
メーカーによって、大きさやカッティングが違うので、
いろいろ試着してみるのがいいですね。

〈パンツ〉
レインウエアの試着をジャケットだけする人がいますが、
必ずパンツも履いてみてください。

パンツの丈は重要です。
丈が短いとパンツの裾から水が入ってしまいます。
試着室で床に裾がつくくらいの長めのものを選ぶといいです。

〈ジャケット〉
手をあげるとジャケットの裾からお腹がでるものはNG。
寒い時はフリースなどの防寒着を下に着るので、
ふだん着ているワンサイズ大き目のものを試してみてください。

ポケットとフード
ポケットの位置やファスナーの開閉を確認して、
使い勝手をみましょう。
フードもかぶって、自分の顔に合わせてみてね。

着脱のしやすさを確認
雨が降ってきたら、素早く着ないといけません。
また、登山靴を履いたままの脱ぎ着を想定して試着してみましょう。
ファスナーなどの使い勝手も確認。

スポンサーリンク

そのほかのレイングッズ

●ポンチョ
リュックの上から羽織れて便利ですが、風の強い時にはおススメしません。

レインスカート
パンツの上から重ね着するスカート。
旅行のついでの散策や普段使いにも便利。
濡れた場所に座るときや、広げて荷物にかけると雨除けになります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

mont-bell(モンベル)『レインラップスカート』レディース #1128583
価格:4104円(税込、送料別) (2017/9/13時点)

ゲイター
雨用のゲイター。
レインパンツの上に重ねて足元の浸水や泥はねを防止します。

さいごに

雨具(レインウエア)は、降水確率0%の日でも必ず持って行きましょう。
テレビの天気予報はあくまで、街中の予報で、山の天気は変わりやすいです。
また、雨は降らなくても強い風や寒さ対策にもなります。

山登りにはマストアイテムのレインウェア。
自分に合った素敵なものが見つかるといいですね。

山ガール 山歩き 登山 初心者さんのまとめ記事はコチラ
 ↓ ↓ ↓
山ガール 山歩き 登山 初心者さんの装備やマナーとルールまとめ


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする