クルーズ客船見学会 大阪港でアムステルダムに乗船しました!

 

 大阪港は開港150年になりました。
開港150年を記念して、大阪港湾局主催で「のるみる!?クルーズ客船」というイベントが開催されています。
客船会社の方によるご説明のもと、普段は入れないクルーズ客船の船内を見学できるというもの。

10月は14日にスーパースター・ヴァーゴ、18日にアムステルダムの見学ができました。
募集人数は各48名で応募者多数の場合は抽選。
わたしは、両方の船の見学会に申し込んでいました。
スーパースター・ヴァーゴは外れましたが、アムステルダムは当選!

スポンサーリンク

のるみる!?クルーズ客船

「のるみる!?クルーズ客船」の集合場所は天保山客船ターミナルです。
地下鉄中央線の大阪港駅で降ります。
駅を出て、歩いていると、外国人とすれ違います。
なんでかな?と思っていたら、クルーズ客船の乗客たちやクルーが船を降りて観光していたんですね。

天保山客船ターミナルに行くと、見学者たちがA班、B班に分かれて座っていました。
受付時に、パスポートを提出すると、ビジターパスをくれました。
見学が終わったあとに、このビジターパスと引き換えにパスポートを返却してくれます。

わたしはA班でした。
見学者の年齢は高め。見た感じ、リタイアされた方が多いようでした。
だいたいご夫婦のカップルで、女性で1人参加はわたしくらいだったかなぁ?

全員が揃うと、船内での注意事項が告げられます。
・船内の撮影はOK。でも、乗客は撮影しないこと
・乗客の迷惑にならないように静かにすること
・トイレは使わない

クルーズ船 アムステルダム号 見学予定箇所

・クロウズネスト(最上階展望バー)
・ジム&スパ
・プール(全天候型)
・プール(屋外)
・クラブハル(お子様用施設)
・リドマーケット(ビュッフェレストラン)
・カナレットレストラン(イタリアン 有料レストラン)
・ダイブインテラスグリル(バーガー・ホットドッグ)
・ショーラウンジ
・オーシャンバー
・カジノ
・スポーツバー
・アムステルカフェ
・エクスプローラーレーションズカフェ(インターネット、図書室、コーヒースタンド)
・アトリウム
・シアター&キッチンスタジオ
・ピナクルグリル(グリル料理 有料レストラン)
・フォトギャラリー

乗客がいるので客室の中は見学ができません。

クルーズ客船 アムステルダム

アムステルダムは、ホーランドアメリカラインという会社の船でオランダ船籍です。
ホーランドアメリカラインは創業145年、世界で2番目に古いクルーズ会社だそうです。

日本の総代理店の人が案内してくれました。

アムステルダム号は客船としては、そんなに大きいものではありません。
巨大な客船だと入れる港が限られますが、アムステルダムは、
船が大きくないので、立ち寄れる港が多いのが特徴です。

就航:2000年
総トン数:61,735トン
乗客定員:1,380名
全長:238m
船籍:オランダ

アムステルダム号は、アメリカのサンディエゴ港を出発して、
80日間で太平洋を一周する航路をクルーズし、またアメリカに戻るそうです。
乗客の8割はアメリカ人。日本人の乗客はいないとのことでした。

スポンサーリンク

クルーズ客船 アムステルダム号の船内

船内に入ると、まずは手荷物検査です。
飛行機に乗るときと同じく、手荷物をX線にかけてます。
そして、金属探知ゲートを通ります。

検査が終了したら、エレベーターで9階まで上がりました。

まず見たのは、クロウズネスト(最上階展望バー)
景色を見ながら、食事ができます。解放感ありますね~。
奥には演奏スペースもあり、演奏に合わせて、
ダンスをされる乗客もいるのだとか。

テニスコートもありました。
ボールが外に飛び出さないようにネットで囲ってます。

こちらは、屋外プール。
天保山の大型観覧車がバックに見えます。

プールサイドにはバーカウンターがあります。

こちらは、全天候型のプール。天井が開閉できます。
この日は雨が降ったあとでしたので、半分だけ閉まってました。
卓球台とジャグジーもあります。
プールはジャグジーの奥にあります。

ブッフェレストラン。無料です。
吹き抜けで解放感があります。

スポーツジム
トレーニング中の人が数人いらっしゃいました。

カジノ

ショーラウンジ
本格的な劇場ですね。椅子もゴージャス!

イタリアンレストラン(有料)
ゴージャスなインテリアです。
絵画もたくさん飾られていました。

廊下もステキ!

アート作品もたくさん!

アムステルダム号は洋上の美術館と呼ばれるだけあって、絵画や彫刻、オブジェなどアート作品がいたるところにありました。

さいごに

わたしは、クルーズ船はコスタネオロマンチカしか乗ったことがありません。
フレンドリーなコスタネオロマンチカ号と比べると、アムステルダム号は重厚感があるように思います。
それでも、1週間ほどのアラスカクルーズでは、1泊1万円くらいだと説明がありました。
アムステルダム号にも乗ってみたいなぁ~

あと、天保山で気になったのが、ミルキーソフトクリーム。

今回は、食べられなかったので、次回は食べたいなぁ~。

初めてのクルーズ船ネオコスタロマンチカ号に乗ったときの記事はコチラ
  ↓ ↓ ↓
コスタネオロマンチカのクルーズ旅のまとめ

スポンサーリンク