冷え取り 靴下の洗い方や洗濯頻度と4枚重ね履きの効果は?

 冷えとり健康法をゆる~く実践中のnatsukiです。
冷えとり健康法の靴下重ね履きは、絹とウールの2枚履きから始めてみました。

靴下の重ね履きなんてしたら、ゴムのところがかゆくなったり、
足が蒸れて湿ったりするんじゃないかと心配してましたが、
試してみると、あったかくて、意外と気持ちいいことがわかりました。

冷え取り健康法での靴下重ね履きは、基本が4枚ということでしたので、
4枚にもトライしてみることに。

靴下の洗濯方法や洗濯頻度も気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

冷えとり靴下4枚履きの効果は?

冷えとり靴下の基本、4枚履きを試すため、
冷え取り靴下4枚セットを新たに購入しました。

今回購入したのはコチラ
 ↓ ↓ ↓

お店のサイトには、私が読んだ「冷えとり健康法」の本も紹介されていました。
なので、冷え取り健康法のことをよく知っているお店だという安心もあります。

並べてみました
 ↓ ↓ ↓


左から絹5本指、ウール5本指、絹先丸、ゆったりリブのウールソックス黒色

履いてみました。
 ↓ ↓ ↓


一番内側の絹5本指ソックスと一番外のウールは前に買ったやつ。
2番目のウール5本と3番目の絹先丸は今回買ったやつです。

今回買ったのは、絹とウールを間違えないように履き口ゴムの部分の色が違います。
こういう工夫は嬉しいですね。

今回のと前回の靴下を比べてみると、前回のは極厚手であったなということがわかりました。

前回の記事はコチラ→冷えとり健康法 絹とウールの靴下の重ね履きをした感想

今も、靴下4枚履いています。
極厚手を2枚履いてますので、ポカポカ温かいです。
5本指ソックスの2枚履きも意外と簡単に履けました。
ですが、4枚履いてみると、さすがにちょっとゴムの締め付け感もあったりします。

冷えとり靴下の洗い方

冷えとり靴下の素材は絹と綿とウールです。
綿は普通に洗濯機で洗えますが、絹とウールはどうなんだろう?

冷え取り健康法の本によると、
絹・ウールの靴下は天然洗剤または中性洗剤を使って、
水で手洗いが理想。
また、すすぎの時に酢を少し落として洗うと光が沢出ます。

お風呂に入ったときに、シャンプーで洗うのもOK!
絹やウールは髪と同じ成分でできているので。

干すときは、形を整えて陰干し。

とありましたが、
実際は洗濯ネットにいれて他の洗濯ものと一緒に洗う人も多いとのことでした。

スポンサーリンク

冷え取り靴下 洗濯の頻度は?

靴下って、1日履いたら洗濯するものって思いますよね。

わたしは、今のところ靴下4枚履きです。
多い人は10枚以上も重ねて履いている人もいます。

10枚以上の靴下って、洗濯するの大変!
一度に全部洗濯すると、干す場所を確保するのも一苦労ですよね。

ところが、冷え取り靴下って毎日洗濯しなくてもいいそうなんです。
自分が「気持ち悪いな」「そろそろ洗いたいな」ってタイミングで洗えばいいそうです。
中には、半年くらい洗わない人もいるそうです。

そのほか、一番肌に近い1~2枚目を洗ったり、
3~4枚目の方が湿ったなと感じればそちらを洗濯したりと、
自由な判断で洗濯すればいいそうです。

もちろん、「毎日洗わないと気持ちが悪いわ」っていう人は毎日洗濯すればOKです。

わたしは、今のところ3日ほど洗濯しないで、(寝るときだけ)同じ靴下を履いています。

特に、気持ち悪いとかは感じないです。
あと、数日はこのまま履けそう。

さいごに

冷え取り健康法を知らなかったころは、足元が冷えたら温めようというスタンスでした。
今は、冷える前に温めておこう、冷やさないようにしようと意識するようしています。
こちらのほうが、健康にはいいよなぁ。

スポンサーリンク