体を温める食品と冷やす食品とは?冷え性改善の食べ方や組み合わせ

 

 冷え性改善のためには、体を冷やす食べ物を控えて、体を温める食品を摂ることが大切です。
昨日は、ざっくりとした、体を温める食品と冷やす食品を紹介しました。

昨日の記事はコチラ→冷え性を改善する食ベ物は?体を温める物と冷やす物

今日は、冷え性の体質を改善するために、体を温める食品と冷やす食品の具体的な食品名と食べ方や組み合わせを見ていきましょう。

スポンサーリンク

冷え性改善のために効果がある体を温める食品

体を温める具体的な食品を調味料・野菜や果物・動物性食品・飲み物から見ていきます。

体を温める食品 調味料など

・こうじ
・酒、酒粕
・黒砂糖、水あめ
・みそ
・黒酢
・こしょう
・ごま油、コーン油
・本くず粉(マメ科のくず)

体を温める食品 野菜など

・しょうが、ねぎ、にら、にんにく
・玉ねぎ、にんじん、大根、ごぼう
・れんこん、自然薯、ゆり根、朝鮮人参
・かぼちゃ、きゃべつ、しそ、からし菜
・そら豆、ピーナッツ、納豆、ごま
・くるみ、栗、なつめ

体を温める食品 くだもの

・ざくろ、さくらんぼ、きんかん、りんご
・みかん、桃、梅、梅干し

体を温める食品 動物性食品

・肉類:鶏肉、牛肉、鹿肉、羊肉
・魚類:あじ、いわし、さんま、ぶり、鯛、フグ、あなご、うなぎ
・チーズ(色の濃いもの)
 ※色が淡くてやわらかいものは体を冷やします。

体を温める飲み物

すべてホットです。
・ココア、紅茶、中国茶、ハーブティー
・はぶ茶、くこ茶、よもぎ茶などの薬草茶
・ショウガ湯

冷え性改善のために控えたほうがいい体を冷やす食品

体を冷やす食品 調味料など

・白砂糖、はちみつ
・合成酢

体を冷やす食品 野菜など

・なす、きゅうり、ほうれん草、せり
・トマト、レタス、アスパラガス、たけのこ

体を冷やす食品 くだもの

・バナナ、すいか、梨、柿、すもも
・メロン、いちご、マンゴー、パパイヤ

体を冷やす食品 動物性食品

・魚介類:かに、くらげ、あわび、牡蠣
・牛乳、バター、チーズ(色が淡くてやわらかいもの)

体を冷やす飲み物など

・炭酸飲料水(サイダー・コーラ)、ジュース
・ビールなどの冷たい飲み物すべて
・アイスクリーム、氷、氷菓子

どちらでもない食品

〔調味料〕
しょうゆ、食塩

〔野菜〕
・白菜、らっきょう、とうもろこし
・さつまいも、じゃがいも、里芋
・きのこ類

〔豆類〕
・大豆、黒豆、えんどう、小豆
・豆腐、がんもどき、油揚げ

〔くだもの〕
・ぶどう、びわ、干し柿

〔動物性食品〕
・豚肉
・太刀魚、鯉、いか
・卵

スポンサーリンク

冷え性改善のための食品の組み合わせと食べ方

穀類の食べ方と組み合わせ

麦や米などの穀類は穏やかな陽性で、体を適度に温める作用があります。
玄米など未精白の穀類を主食として食事の50%の割合で食べていれば、
その他は、肉やくだものなど、それほど神経質にならずに何を食べても大丈夫です。
ただし、食べ過ぎはNGです。

肉の3倍以上、野菜や雑穀を食べる

日本人は穀類や野菜中心の食事を昔からしていて、
欧米人より腸が長いといわれています。
腸が長いので、肉類を食べ過ぎると、食べたあとの肉が長時間腸内にとどまり、
ヒスタミンなどの毒素が発生します。
その結果、便秘や大腸がんを誘発しがちだといわれます。
肉類を食べるときは、その3倍以上の野菜、きのこ、穀類、海藻、イモ類などと組み合わせて食べると、健康的な食事となります。

ケーキは食事の後で食べる

甘いものを食べたあとは急激に血糖値が上がります。
1時間ほどで上昇した血糖値は急激に下がります。
急に血糖値がさがると、血液中のブドウ糖も減ります。
すると、貧血状態になって、冷や汗が出たり寒気がおきたりすることがあります。

食後に食べれば、急激に血糖値を上げることもありませんし、
お腹いっぱいのあとで、量も少なくて満足できます。

乾物食品はたくさん食べよう

太陽光線を浴びた乾物食品は、陽性の食べ物で体を温めてくれます。
キノコ類は体を冷やす陰性の食品ですが、太陽光線を当てて乾燥させると陽性になります。
乾燥食品は、冷えた女性にはもってこいの食材となります。
また、乾燥食品は食物繊維も豊富で便秘解消に効果があります。

体を冷やす牛乳飲み方

牛乳は陰性度の高い食品です。
冷たいままだと、温度が低すぎて、たんぱく質の分解がうまくできません。
冷え性の人はアレルギーのもとになりやすいです。
牛乳は温めて、ゆっくり飲むようにしましょう。

さいごに

冷え性改善のために、体を温める食品を摂り、体を冷やす食品を控えめに摂りたいものです。
食べ過ぎも控えて、腹八分目にすると、もっといいみたいです。
ついつい食べ過ぎてしまうので、気をつけたいと思います。

スポンサーリンク