コスタネオロマンチカ見学会と船上説明会に参加してきました!

 

 2017年11月12日(日)、大阪港でコスタネオロマンチカ号の見学会と船上説明会があるというので、行ってきました。
コスタネオロマンチカ号は、わたしが今年の6月にクルーズデビューした客船です。

コスタネオロマンチカでクルーズしたときの記事はコチラ→コスタネオロマンチカのクルーズ旅のまとめ

一度乗った船ですが、もしかしたら新しい発見があるかもしれない!しかも無料だし!

先月も大阪港に停泊していた、オランダの客船アムステルダムの見学会に参加しました。
このときは、大阪港開港記念イベントの一環で大阪市港湾局が主催の見学会でした。

今回のコスタネオロマンチカ号の見学会は、大阪市港湾局が主催しているものもありますが、
わたしが参加したのは、クルーズ専門旅行会社のクルーズネットワークが企画したものです。

クルーズ客船の見学会って人気なので、なかなか当選するのが難しいんです。
大阪港150年記念のイベントでもクルーズ船見学会が何度かありました。
ダイヤモンドプリンセス、スーパースターヴァーゴ、アムステルダム、飛鳥Ⅱと申し込みました。
やっと当選したのはアムステルダムでした。

旅行会社が企画するものは、先着順が多いですが、これも気付いたときには、満席になっています。
今回のコスタネオロマンチカ見学会も満席でしたが、キャンセル待ちをかけていて、なんとか行けることに。ラッキーでした!

スポンサーリンク

コスタネオロマンチカ見学会

大阪港に着くと、停泊していました!コスタネオロマンチカ号!
黄色の煙突が目印!再び会えてうれしい!
5泊6日の短いクルーズ旅でしたが、愛着がわいてきます。

乗船時には、旅したときと同じようにパスポートを見せて、写真を撮られ、乗船パスを受け取ります。そして、X線検査も受けます。
この手続きに結構時間がかかりました。

客室見学

アムステルダム見学会のときは、客室は見学できませんでしたが、
コスタネオロマンチカは客室を見学させてくれました。
しかも、3部屋。
海側客室(海側に窓がある部屋)、バルコニー付部屋、スイートの3部屋です。

わたしが泊まったのはバルコニー付のお部屋でしたので、他の部屋が見られてよかったです。
海側客室は狭かったですが、窓からは海が見えるので、お値段が安ければ、次回はこちらでもいいかなって思いました。

海側客室
↓ ↓ ↓


スイートルームはさすがに豪華でした。バスタブもついてるし、ソファーもいい感じ。
スイートルームのソファー
↓ ↓ ↓

フロントロビー

フロントロビーの天井がきれいでした。
こんなの、前回乗ったときにあったかな?
全然気付かなかったわ。

スクオッククラブ(託児所)のイベント

スクオッククラブではプリンセスと船長になれる体験ができます。
男の子は船長さん。女の子はプリンセス。
わたしに子どもがいたら、これ体験させてあげたい!
てか、わたしが子どもだったら絶対体験したいな。

レストラン

●ブッフェレストラン
わたしたちは、ほぼこちらで食事してました。

●メインレストラン

●イタリアンレストラン
こちらは有料です。
でも、3千円くらいでコース料理とワンドリンク付きです。
コスパいいですよね。
わたしもちょっと奮発して、有料レストランでも食事すればよかったわ。

●ピッツァテリア
ピッツァテリアのピッツァはとても美味しいんだそうです。
窯があって本格的なピザが1枚7ドルくらいで食べられるんだって!
そんな情報知ってたら、食べてたのにな~
ちょっと後悔しました。

●ワインバー
コスタネオロマンチカはイタリア船だけあって、おいしいイタリアワインを取り揃えているそうです。

見学会だからお店の中まで入れました。
中はこうなっていたのか。

プール

天保山の大観覧車がバックに見えます!

教会

教会もあります。

本があった!


図書室に本がありました!
6月に乗ったときは、本がなかった図書室の棚になんと本がありました。
ほとんどが英語の本ですが、日本語の本もちらほら。

スポンサーリンク

船上クルーズ旅行説明会

コスタネオロマンチカ船内見学会が終わった後は、ステージがある場所で船上説明会が行われました。

客船の中で説明会を行うのは、クルーズネットワークくらいなんだそうです。
わたしもまさか、船の中で説明会があるとは思いませんでした。
しかも、コーヒーサービス付きです。
カプチーノ美味しかった!

クルーズネットワークはクルーズ専門の旅行会社です。
ですので、クルーズに関しての情報や知識はとても豊富なようです。
確かに、担当者さんがクルーズ船について語る姿は熱かったです。
そして、大手の旅行会社にはないきめ細やかなサービスも。
例えば、レストランのテーブルリクエストや予約時にはお部屋番号も出してくれるなど。
次回のもしクルーズ旅行するなら、クルーズネットワークで申し込みしようかなと思いました。

来年度のコスタクルーズ

来年度の日本発着のコスタクルーズは、日本海クルーズから太平洋クルーズにシフトするそうです。
太平洋だと、日本海よりは海が揺れなさそう。

サービスも変わって、ドリンク付きになるということ。
そのため、料金が7000円ほど値上がりするけど、コチラの方がお得だと説明してくれました。
確かに、料金を気にせずドリンクが頼めるのはいいかも。

バリュー変動料金制で早割や直前割引など格安で乗れる制度も導入されます。
コスタクルーズは本気で日本客の拡大を狙っているようです。

ちなみに、11月25日の出発間近のコスタクルーズで東京発着、神戸、済州島(韓国)6日間クルーズが24,800円であります。
港湾税やチップは別途かかりますが、めっちゃ安い!
一緒に行く人がいればなぁ。

まとめ


アムステルダム見学会の時は船内トイレは使用できませんと言われていたけど、
コスタネオロマンチカ見学会では自由にトイレに行けました。
説明会まであったので、滞在時間もかなりあり、船から出ると外は真っ暗。

コスタネオロマンチカの見学会は、1度乗ったことがあっても楽しめました!
できれば、この見学会のあとに乗りたかったな~。
そうすれば、もっと有意義なクルーズ旅行ができたのに。

オランダのクルーズ船、アムステルダム号の見学会の記事もよろしければ、お読みください。
↓ ↓ ↓
クルーズ客船見学会 大阪港でアムステルダムに乗船しました!

スポンサーリンク