伏見稲荷の頂上までアラフィフでも登れました!

 
 先日、「外国人が感激した日本の建造物ベスト25」というテレビ番組を観ました。
その中で、京都の伏見稲荷神社が第6位で紹介されていました。
そういえば、赤い鳥居が人気で、外国人観光客がめっちゃいてるって聞いたことがあります。
確か、外国人観光客に人気ナンバーワン観光地にもなったとか。

それなのに、わたしは、まだ、1度も行ったことないんですよね。
大阪に住んでいるので、いつでも行けるわと思っていたんです。

伏見稲荷の放送部分は、わたしは歯磨きしていて見ていなかったんですが、
見ていた母が言うには、「伏見稲荷に行くのって、体力いるみたいやで~」とのこと。

え?そうなん?ほんなら今のうち行っとかな、歳とったら行かれへんかな?
外国人が感激するくらい人気があるのに、やっぱり一度は行っとかなあかんよね。

ということで、急きょ、伏見稲荷大社に行くことにしました。

スポンサーリンク

伏見稲荷 京阪電車 伏見稲荷駅からのアクセス

伏見稲荷大社は、めっちゃ人気で、休日ともなるとすごい人だと聞いたので、平日の午前中に行くことにしました。
ちょうど有給休暇があまりそうなので、この際お休みを取りました。
朝も、通勤時間と同じくらいに家を出ました。

伏見稲荷大社の最寄り駅は、JR奈良線「稲荷駅」です。
JR「稲荷駅」の目の前が伏見稲荷大社です。

あと、京阪本線「伏見稲荷駅」も近くにあって、こちらは徒歩5分となっています。

どちらにしようか、どちらかといえば、私の家からは、JRの方が便利で20分ほど早く着くのですが、京阪電車の「伏見稲荷駅」の方が電車賃が片道約400円安かったので、京阪電車で行くことにしました。

京阪の伏見稲荷駅に到着したのは9時30分です。
電車は空いていました。ホームもそんなに混雑はしていません。

駅のホームにも赤鳥居があります!

とりあえず、駅でトイレをすませておきました。
駅のトイレ、とても清潔でキレイでした。

伏見稲荷駅の改札を出て、東(左)に、ゆるやかな坂を上って行く感じです。
駅を出て、道を歩いていると、香ばしい醤油の匂いがしてきました。
おかき屋さんから香ってくるんでしょうか?

橋を渡って、踏切を越えると鳥居が見えてきます。
修学旅行生がたくさんいました。
道の両端に屋台やお土産屋さんがあります。

わたしは、このまま、目の前の鳥居をくぐったんですが、実はこちらは裏参道だったんです。
帰りにJR側から出たら、そちらが表参道でした。

ですので、京阪電車の駅から表参道へ行くには裏参道には入らず、右に曲がって進みます。
100mほど行くと、伏見稲荷大社の第一鳥居に到着します。

伏見稲荷大社の千本鳥居

まずは、本殿にお参りします。
お参りがすむと、次は、御朱印をいただきます。

境内には、スマホでQRコードを読み込めば、音声案内が聞けるサービスもありました。
さすが、日本ナンバーワンの観光地です。

境内にあるマップを確認します。

あの有名な千本鳥居は、それほど歩かなくてもいい場所にありました。
2本あって、右側通行ということでしたので、右側の鳥居をくぐりました。
結構、混んでます。

でも、これが、午後になると、もっと混むんですよ。

千本鳥居を抜けても、そのまま進みます。
鳥居はまだまだ続きます。

スポンサーリンク

鳥居を横から眺めたら、すごい!

だんだん人が少なくなってきます。
階段も多いし、登るのはキツイ!

四ツ辻は眺めよし!

四ツ辻までは、40分ほどで来れました。
伏見稲荷大社で一番景色が良かったのは、四ツ辻です。
頂上の一ノ峰はビューポイントがなかったんで、頂上なのに眺めが見えません。

この四ツ辻にある「にしむら亭」という休憩処は俳優 西村和彦さんのご実家だそうです。
“ぜんざい”の文字がそそります。
ソフトクリームもあって、食べたい!と思ったんですが、ここで休憩しちゃうと、ダレちゃうような気がしたので、ぐっとこらえて頂上を目指します。

伏見稲荷大社のてっぺん

四ツ辻では、頂上までのルートが右回りと左回りのどちらかを選べます。
グルッと一周回るので、どちらでもいいんですが、本来は左周りなんだそうです。
でも、不確かではありますが、右回りの方がラクだという情報を得ていたので、わたしは右回りで行きました。

やっと頂上にたどり着いた~!

稲荷山の最高峰(233m)
一ノ峰(上社神蹟)


でも、景色も見えないのが残念~。

伏見稲荷大社のてっぺんまで行った感想

千本鳥居を見たときは、テンションが上がりました。
そして、頂上までは、鳥居がズーッと延々と続きます。
ミニチュアの鳥居とかもあって可愛かったです。
ほんと、鳥居の数すごかった!!

でも、登るのキツイ!
来たのがこのシーズンで良かったと思いました。
夏だったら、汗まみれでバテバテになったことでしょう。

頂上までの道のりは、ホント、きつかったです。
体力あるうちに行けて良かった。
翌日は久々に筋肉痛になりました。
そして、筋肉痛は1週間ほど続きました。

伏見稲荷大社の頂上から、眼力社、そして縁結びで有名な荒木神社へ行った記事はコチラ→伏見稲荷大社の御朱印と頂上からの眼力社からの荒木神社

スポンサーリンク