頭皮の臭い、冬の方が気になるのはなぜ?原因と対策

  
 夏より冬の方が頭皮の臭いが気になるってことありませんか?
夏は汗をかくので頭皮が臭うのはわかりますが、
なぜか、わたしは夏より冬の方が頭皮の臭いが気になります。
自分で自分の臭いが気になるのだから、もしかしたら、接近した人はもっと嫌な気分になってるのかもしれない💦

冬の方が頭皮の臭いが気になるって人は他にいるのかしら?
それとも私だけ?

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

頭皮の臭いの原因

頭皮のあのなんともいえない、プーンとした臭いの原因は、毛穴から出る汗と皮脂。
特に皮脂は髪の健康を保つのに必要なのですが、過剰に分泌すると、ニオイの最大の原因となります。
頭皮はTゾーンの2倍も皮脂腺があって、人の体のどの部分よりも多いんです。

余分に分泌された皮脂は時間が経つと酸化します。
食用油も酸化するとイヤな臭いがしますよね。
それと同じで、頭皮の皮脂も酸化することで、あのイヤ~な臭いを発生させるのです。

それではなぜ、夏よりも冬の方が臭ってしまうんでしょうか?

夏より冬に頭皮が臭うのはなぜ?

夏より冬に頭皮の臭いが気になると悩んでいた人は、実はわたしだけではなかったんです。
結構、多くの女性が頭皮のニオイが、冬になると気になると感じていました。
その原因は、冬という季節にありました。

冬は乾燥する季節ですよね。
空気が乾燥すると、皮膚は乾燥から肌を守るため過剰に皮脂を分泌します。
しかも、気温が低下したため、余分に出た皮脂は汗で流れることなく、毛穴にとどまってしまうことに。
毛穴にとどまった皮脂に雑菌が付いて繁殖してしまって、臭いを発生します。
余分な皮脂が酸化した臭いプラス雑菌の繁殖による臭いで、冬の頭皮がくさくなってしまうんですね。

それと、40代を過ぎると、加齢臭も加わるんですって!?
もしかすると、乾燥するのも加齢が関係しているのかもしれない!?
悲しいかな、お肌の潤いも年と共に低下するしなぁ。

スポンサーリンク

冬の頭皮の臭い対策

それでは、冬の頭皮の臭いが改善される方法を見ていきましょう。

低刺激のシャンプーを使う

アミノ酸系の刺激の少ないシャンプーを使用することで、必要な皮脂まで洗い流すことがなくなります。
そういえば、若い頃、わたしの肌はテカテカしていて油ギッシュでした。
なので、刺激の強い洗顔クリームでゴシゴシ洗顔していました。
洗顔してすぐは、サッパリするのですが、しばらくすると、余計に油ギッシュに(;”∀”)

でも、それと同じで、臭いからと洗浄力の強いシャンプーで洗うと、余分に皮脂を分泌することになってしまいます。

シャンプー前にオイルマッサージ

シャンプーの前に頭皮のオイルマッサージをする。
オイルは、ホホバオイル、スィートアーモンドオイル、椿油などがおすすめです。

【頭皮のオイルマッサージのやり方】
①小さじ1のオイルを小皿に入れます。
②指の腹にオイルをつけて、頭皮につけてゆっくりとマッサージします。
③お湯で流したあと、シャンプーをします。

マッサージの動画があったので貼っておきます。

ヘッドスパに行く

ヘッドスパでは、普段のシャンプーでは落としきれない汚れをしっかり落としてくれます。
そして、ヘッドマッサージでは、頭皮の血行を促進させてくれます。
頭皮の健康状態が改善されることになります。

ヘッドスパは、頭皮の臭い対策だけでなく、肩こりやストレス解消のもなって、気持ちいいんですよね~。

まとめ

頭皮の臭いが冬になると気になる原因のひとつは、乾燥によって皮脂が過剰に分泌されることでした。
頭皮が乾燥しないように、シャンプーを低刺激のものにするや、マッサージが効果的です。
冬は、お肌だけでなく、頭皮も乾燥しないようにケアすることが大切なんですね。

臭いと言えば、口の臭いも気になりませんか?口臭予防や歯周病予防に効果がある毒出しうがいの記事もおすすめです。
↓ ↓ ↓
毒出しうがいのやり方とコツ 歯周病や口臭に効果はある?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする