伏見稲荷大社の御朱印と頂上からの眼力社からの荒木神社。

  
 先日、始めて京都の伏見稲荷大社へ行きました。

その時の記事はコチラ→伏見稲荷の頂上までアラフィフでも登れました!
前回は、頂上に登ったところまで書きました。
今日は、伏見稲荷でいただいた御朱印と、頂上から下って、眼力社と荒木神社へ行ったことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

伏見稲荷の御朱印

御朱印帳を買ったのは昨年が初めてでした。
最近は持ち歩かないので、神社にお参りしても御朱印をいただくことがありませんでした。
今回は、いただく気満々で、しっかり持って行きましたよ。

本殿 社務所

最初にいただいた御朱印は、伏見稲荷大社の本殿のすぐわきにある社務所のもの。
御朱印をいただく際のマナーとしては、まずは参拝してからいただくことです。

初穂料(値段)は300円でした。
御朱印ブームも下火になったのか?待ち時間はなく、すぐに書いていただけました。

箱に300円をお納めくださいと書かれています。
このときは、小銭があったので、大丈夫でしたが、もし、小銭がなかった場合はおつりはいただけないのかしら?

御膳谷奉拝所(おぜんたにほうはいじょ)社務所

わたしは、四ツ辻から右周りで登って行ったので、頂上から下ったところにありました。
左回りだと、四ツ辻から少し登ったところになります。
こちらでは、お釣りはいただけたので、本殿でも小銭がないときは、申し出ればいただけると思います。
初穂料は300円

奥社奉拝所(おくしゃほうはいじょ)

千本鳥居を抜けた少し先にあります。
わたしは、登りのときは、こちらを気付かずに通り過ぎてしまっていました。
なので、一度、稲荷山を下りてから、再び千本鳥居をくぐり抜けて、御朱印をいただきに行きました。
こちらでいただける御朱印は、御朱印帳に書いてもらえるものではなくて、すでに紙に書いてあるものをいただけるんです。
「あとで貼ってください」と言われました。
初穂料300円

奥社奉拝所では、有名な「おもかる石」があります。

おもかる石
持ち上げたときに軽いと感じれば願いが叶いやすく、重いと感じれば叶いにくい

きつねの絵馬も奥社奉拝所では見どころのひとつです。
キツネの顔の絵馬が並んでいてかわいい!伏見稲荷大社ならではの絵馬ですね~

眼力社(がんりきしゃ)

逆立ちしているキツネの口に加えた竹から水が出ている手水舎があります。
なんともユーモラスな珍しい手水舎です。

眼力社で祀られている神さま「眼力大神」は目に関するご利益があります。
最近、老眼のせいか目がスッキリしないんです。
そのうえ、仕事でパソコンを使うので、目の疲れやドライアイがひどくなってきています。
ぜひとも、目の健康をお願いしたいと思ったので、念入りにお参りさせていただきました。

目の病気が良くなるだけでなく、「先見の明・眼力が授かる」というご利益もあるため、経営者や商売人、相場関係者がお参りに訪れるそうです。

また、こちらでは、無料のおみくじもありました。

スポンサーリンク

荒木神社


伏見稲荷神社のすぐ近くに、縁結びで有名な荒木神社があります。
男女の縁だけでなく、人や物のご縁も結んでくれるというご利益があるんです。
できれば、行きたいな~と思っていました。

でも、伏見稲荷の頂上に登ってから降りて来たら、そんな体力あるだろうか?
やっぱり、無理かも。行き方も、なんだか難しそうだし。
と、思って、半分行くのをあきらめていたんです。
ですので、出かける前にしっかり調べては行きませんでした。
「絶対に行く!」って思った時は、事前にかなり詳しく行き方は調べていくんですけど。

だけど、頂上から下っている途中に出てきたんですよ!荒木神社が。
もう、かなり、下まで降りてきたところにあったんです。
なんて、ラッキーなんでしょう!

荒木神社で有名な、口入稲荷人形です。
口入とは「仲介・仲人・世話人」という意味です。

荒木神社の境内内にある口入稲荷神社

真ん中のキツネが仲人で、両脇のカップルの間を取り持ったということなんでしょう。

良縁に恵まれるという願いが叶った参拝者が、再び訪れて奉納した口入稲荷人形がたくさんあります!
こんなにたくさんの人のご縁を紡がれたんですね。
 

荒木神社の御朱印

口入稲荷人形を購入するのは、ちょっと恥ずかしかったので、御朱印だけでもいただけたらなぁと思いました。
社務所で「御朱印いはいただけますか?」と尋ねると、「こちらではございません。伏見稲荷ではいただけますよ」と言われました。
あら、荒木神社では御朱印はないんですね~。残念です。

そして、荒木神社から、伏見稲荷大社へ戻り、再び千本鳥居をくぐって、奥社奉拝所へ行き、御朱印をいただくのでした。

伏見稲荷大社の締めくくりはやっぱりコレ!

伏見稲荷大社の行きは、裏門から入りましたが、帰りはJRの駅のある表門から出ました。
JRの駅って、ほんと伏見稲荷の表門の真ん前にあるんですね。
JRから京阪に向かう通りのお店で食べたのが、きつねうどんといなり寿司のセットです。
あったかいうどんは冷えた体を芯から温めてくれました。
ほんと、美味しかった♡

さいごに

伏見稲荷大社の中や界隈で、着物姿の女性をたくさん見かけました。
髪の毛もキレイにセットしているお嬢さんたちがそぞろ歩いているのです。
中には外国の方もいらっしゃいました。
不思議に思っていましたが、レンタル着物&着付け屋さんが近くにあったんですね。

お値段も3000円~とお手頃価格です。なかなかいいサービスですね。
着物姿の女性を見るとなんだか、うれしくなりました。

京都は世界中から観光客が訪れる人気のスポットですので、人の混雑が避けられません。
それが嫌であまり行かなかったんです。
でも、今回は、平日で、しかも時間を早めに出かけたので、それほど、人混みにはあいませんでした。
これからは、京都に行くときは、この手を使おうと思いました。

眼力社で目が良くなるようにお願いしました。わたしはリアル老眼なんですが、若い人もスマホ老眼になる人が多いそうです。
リアル老眼とスマホ老眼の対策について書いた記事はコチラ
↓ ↓ ↓
IT普及で増加するリアル老眼とスマホ老眼の対策

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする