つみたてNISAとは?NISAとの違いやデメリットは?

 
 2018年1月から『つみたてNISA』がスタートしました。
わたしは、以前にセゾンカード主催のお金のセミナーで、ドルコスト平均法が資産を増やすのには有効だということを学びました。
なので、それからすぐに、NISA口座でインデックスの投資信託を毎月3万円ずつ買い付けしています。

ところが、今年から始まった積立NISAの方が、どうやら私の投資スタイルには向いていそう。
でも、実のところ、よくわからない~💦
って、思っていたら、クラブツーリズムからNISAとiDeCo(イデコ)セミナーの案内メールが届きました。

クラブツーリズムは昨年、「はじめての一人旅ツアー説明会」に参加したときに、無料だったので会員登録したんです。
旅行以外に、こういうマネーセミナーも開催したりしてるんですね。
しかも無料で。

無料ならば、行ってみよう!ってことで申し込んで行ってきました。

スポンサーリンク

NISA(ニーサ)とは?スタートした背景は?

NISAとは、2014年にスタートした、少額資産非課税制度です。
イギリスのISAをお手本にしました。
ISAに日本の“N”を付けて、NISAと名付けたそうです。

NISAは、具体的には、株や投資信託などの配当金や譲渡益に20%の課税が非課税になるというもの。

例えば、NISA口座で100万円の株式投資をして、200万円になりました。
売却すると、100万円の利益になります。
通常なら100万円の20%の20万円税金がかかり、実質80万円(100-20)儲かったことに。
ところが、NISAだと非課税なので、100万円がまるまる手元に入ります。

政府が国民の投資率を上げるため導入しました。

なぜ、政府は国民に投資してほしいかというと、
日本は高齢化のスピードが最も速い国家です。
これからどんどん若者が減り、高齢者が増えます。

高齢者だらけになると、年金や国民保険料などの社会保障の支出が増えます。
それを国家が負担するのは難しい。
なので、国民に自分で投資して資産を増やしてもらいたいと考えました。

若い人に、どんどん今のうちから資産形成をして欲しいと思いました。
そのためには、税金を優遇するから、投資をもっと活発にしてねってことで、NISAやiDeCoに力を入れています。

ところが、NISAを導入しても、若い人は始めてくれません。
そこそこ年齢のいった余裕のある人しか活用しませんでした。

そりゃそうですよ、だって若い人はそんなお金の余裕ないですもん。
それで、もっと若い人が始められるように、
2016年にはジュニアNISAが、そして今年、2018年に積立NISAが登場しました。

スポンサーリンク

NISAと積立NISAの違い

NISAと積立NISAの違いは、積立NISAのほうが毎年の枠は少額だけど、期間が長いということ。
また、積立NISAは、金融庁に決められている商品(長期運用でリターンが得られやすいインデックスファンド)のみで株は対象外となっています。

NISAと積立NISAの簡単な概要を書いてみます。

NISAの概要

①対象者:日本在住の20歳以上
②口座開設:2023年まで
③非課税投資枠:毎年120万円まで
④非課税期間:5年間
⑤投資総額:最大600万円(120万円×5年間)

つみたてNISAの概要

①対象者:日本在住の20歳以上
②口座開設:2037年まで
③非課税投資枠:毎年40万円まで
④非課税期間:20年間
⑤投資総額:最大800万円(40万円×20年間)

積立NISAのデメリットは?

①一括購入ができない
 積立NISAは一括購入ができません。これもNISAとの違いです。
 少額でコツコツ貯めるのが積立NISAなんです。

②運用実績は保証されていない
 投資信託の購入なので、絶対に利益が出るとは限りません。
 損することもあります。これは積立NISAだけではなく投資全般に言えることですね。

③NISAとの併用はできない
 NISAと積立NISAはどちらかしか使うことができません。
 コレ知らなかった!?説明聞いたときはショックでした。

積立NISAを始めたかったのに・・・

わたしは、株式投資は今はしたいと思っていないし、毎月積み立てている投資信託もインデックスファンドです。
長期で運用して、老後の資金にしようと思っているので、非課税期間が5年のNISAよりは20年の積立NISAの方がいいよなぁって、セミナー聞いて思っていました。

ところが、NISAと積立NISAって同時にできないってわかりました。

講師のファイナンシャルプランナーさんは、今年、積立NISAを始めるために、昨年にNISAを停止して、積立NISAに変更したそうです。
金融機関にもよるのだけど、今年から積立NISAを始めようとするには、昨年の10月くらいには手続き申請しとかないといけなかったらしい。

じゃあ、わたしが積立NISAを始める場合は、今年の10月に申請して、来年からスタートできるってことかぁ。
出遅れました。
もっと、ちゃんと調べておけばよかったよ。

ちなみに、積立NISAを始めたとしても、今まで買い付けたNISAは解約しなくてもOKです。
そのまま置いておいてもいいし、もちろん利益が出た時点で売ってもOK!

投資で勝つためには

セミナーで講師のファイナンシャルプランナーさんに教えてもらいました。
投資に勝つためには、安く買って高く売る
コレ、当たり前です。
しかし、100%確実な方法はありません。

だとすると、投資で最善の策は、負けないようにすること
そのためには、
①投資先の分散
②時間の分散(積立投資)
③中長期保有

やっぱり、ドルコスト平均法で、インデックスファンドに長期投資するのが、一番良さそうです。

さいごに

積立NISAとNISAはどちらかしか使えません。
現在NISAをやってる人は来年から始めましょう。
10月までには申請するのを忘れずに!と自分に言い聞かせる。

若い人には積立NISAはおすすめです。
5千円とかの少額から始められて、将来の資産形成に役立ちます。
わたしは甥や姪に進めようと思いました。

アラフィフ世代に人気のクラブツーリズムの一人旅ツアー、説明会に行ってきた記事はコチラ➡クラブツーリズムはじめての一人旅説明会に行ってきました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする