セルフメディケーション税制と医療費控除を知っていますか?

  
 もうすぐ確定申告の時期です。
会社員は会社が年末調整をしてくれるので、確定申告って、ほとんどしないですよね。
でも、会社員でも確定申告をすると税金が戻って来るケースがあります。

例えば、医療費控除。
これは従来からあるのでご存知の人も多いと思いますが、平成29年度分の申告から、セルフメディケーション税制というのも新しく加わりました。

ドラッグストアなどで、薬を1年間に12,000円以上購入することがある人は、もしかしたらセルフメディケーション税制を利用すれば、税金が戻ってくるかもしれませんよ~。

スポンサーリンク

セルフメディケーション税制とは?

まずは、セルフメディケーションの意味を知っておきましょう。

セルフメディケーションとは、世界保健機関(WHO)による定義では、「自分自身の健康に責任をもち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」とされています。

そして、セルフメディケーション税制とは、

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。
(厚生労働省のHPより)

なるべく病院には行かないで、自分で薬を買ってなんとかした人には、所得税控除をしてあげるよって制度です。
医療費を抑える効果を期待して、国が導入しました。

対象となる医薬品は、スイッチOTC医薬品に限りますが、1年間に12,000円を超えて購入したら、超えた金額(上限88,000円)が控除対象となります。

スイッチOTC医薬品は約1700品目あります。
風邪薬や頭痛薬、アレグラなどの花粉症対策の薬など、わりとよく購入するものが対象となっています。
厚生労働省のHPに掲載されています。➡セルフメディケーション税制対象医薬品

ドラッグストアでは、対象商品には、パッケージや値札に税控除のマークがに記載されていたりします。
また、レシートでも対象商品には、☆印や●印が付いているものもありますので、チェックしてみてください。
そして、レシートや領収書の保管も忘れずに

セルフメディケーション税制を申請するには?

セルフメディケーション税制を申告するためには必要なことがあります。
それは、一年間のうちに、健康診断、予防接種等のいずれかを受けることです。

1.保険者(健康保険組合、市区町村国保等)が実施する健康診査【人間ドック、各種健(検)診等】
2.市区町村が健康増進事業として行う健康診査【生活保護受給者等を対象とする健康診査】
3.予防接種【定期接種、インフルエンザワクチンの予防接種】
4.勤務先で実施する定期健康診断【事業主検診】
5.特定健康診査(いわゆるメタボ検診)、特定保健指導
6.市町村が健康増進事業として実施するがん検診

それと、申告時には、レシートや領収書の添付が必要となりますが、国税庁のHPから電子申告する場合は自宅で保管でいいそうです。

スポンサーリンク

医療費控除とは?

それでは、従来の医療費控除について見ていきましょう。
従来の医療費控は、総所得金額の5%もしくは、10万円を超えた部分が控除対象です。
病院での入院や治療費だけでなく、薬局の薬代や通院時の交通費、介護ヘルパー代、保険適用外の歯列矯正やレーシック手術なども対象です。
そう、そう、レーシック手術した時は医療費控除受けました。

また、本人だけでなく、家族分を支払った場合も合算できます。
そう、そう、これは、会社の人にアドバイスしました。
お子さんが、入院や通院で家族の医療費が余裕で10万円超えていた人がいたんで。

それと、医療費控除の申告に必要だった領収書が『医療費のおしらせ』で代用できるようになりました。
これ、結構便利になりますね。

医療費控除とセルフメディケーション税制、どっちにする?

医療費控除は、医療費(市販薬含む)が10万円超えた分が控除対象です。
セルフメディケーション税制は、特定の市販薬の購入が12,000円超えた分が控除対象。
そもそも、医療費が10万円超えなければ医療費控除は受けられません。
でも、特定の市販薬に限りますが、12,000円の薬代はハードルが低いですよね。

では、両方どちらでも申告できる場合はどっちを選べばお得なんでしょう?

医療費控除とセルフメディケーション税制は併用できません。

答えは、ケースバイケースです。
とりあえず両方計算してみて、控除額が多いほうで申告しましょう。

例をひとつあげてみます。
(あくまでも例なので、年収が同じでも扶養家族などの条件により異なります。)

年収400万円のAさんが12万円(スイッチOTC医薬品5万円を含む)を医療費として使ったケース。
【医療費控除】
 所得税還付額:12万円-10万円×所得税率10%=2,000円
 住民税還付額:12万円-10万円×住民税率10%=2,000円

【セルフメディケーション税制】
 所得税還付額:5万円-1万2,000円×所得税率10%=3,800円
 住民税還付額:5万円-1万2,000円×所得税率10%=3,800円

このケースでは、『セルフメディケーション税制』を受けた方がお得となります!

さいごに

セルフメディケーション税制対策として、平成29年度はレシートの保管はしてませんでした。
平成30年度の今年からは、とりあえず、薬局・ドラッグストアのレシート保管しとこうと思います。

レーシック手術でも、医療費控除は受けられるんです。レーシック手術を体験した記事もよろしければお読みください➡レーシック手術を受けてから10年経ったnatsukiの体験談

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする