海外旅行スーツケースのおすすめはハードよりソフト


 海外旅行、好きですか?
わたしは、好きです。

実は、数年前までは海外旅行なんて、パスポートやビザの用意、出入国審査など、
もう、色々、めんどくさいし、言葉はわからないし、日本と違って、治安も不安なので、この先しないだろうと思っていたんですけどね。

だけど、インドに行ってから、海外旅行に目覚めてしまいました。
ここ3年は、毎年1回は海外へ行っています。

海外旅行に必須なアイテムといえば、スーツケースですよね。
日本でよく見かけるスーツケースはハードタイプのスーツケースが多いです。
わたしも以前は、ハードタイプのスーツケースを持っていました。

でも、ハードタイプよりも、ソフトスーツケースの方が断然使いやすかったんです。

スポンサーリンク

海外旅行におすすめのスーツケースはソフトスーツケース

ソフトスーツケースって持ってる人あまり見かけません。
日本ではハードタイプのスーツケースが主流ですよね。

こんなやつ
↓ ↓ ↓


でも、海外だと、ハードタイプのスーツケースよりもソフトタイプのスーツケースを持っている人の方が多いのだとか。
このことは、尊敬する人気ブロガーちきりんさんのブログで知りました。
ちきりんさんが、このソフトスーツケースのことをブログでおすすめしていたんです。

ソフトスーツケースのおすすめポイント

荷物の出し入れの際に場所を取らない

ハードタイプのスーツケースは、両開きで、荷物の出し入れするときは、パカッと二つに分かれます。
これって、かなり場所を取りますよね。
ホテルの部屋で荷物の出し入れなら、まだしも、空港で荷物の出し入れをする時なんかは、もう大変。
出し入れしないといけない状況になったときは、恥ずかしくて仕方ないです。

でも、ソフトタイプのスーツケースはフタが両開きではなく、フタが付いているタイプになるので、
ハードタイプの半分の面積しか場所を取りません。

ちなみに、わたしが買ったのは、ちきりんさんがおすすめのコチラです。
 ↓ ↓ ↓

このスーツケースは、キャスターにストッパーが付いているのでいい!
特に、電車の中では、ストッパーを使うと、スーツケースが動かないので安心。
そして、フタの部分についている収納も便利でした。
すぐに取り出したい書類やメモ、地図などを入れておけます。

荷物の出し入れが楽ちん

両開きって、パッキング時に大きなものを入れるのに困りませんか?
だって、カバンの半身ずつに荷物を入れるんですもの。
荷物が入った状態での開け閉めも、重たくて大変です。

ところが、ソフトスーツケースは、箱型なので、パッキングが楽々です。
ちょっと、追加で入れたい物があったときも、フタの部分を開けるだけなので、簡単。
開け閉めが簡単なので、荷物の出し入れが、ホント楽です!

強度も問題なし

ハードスーツケースと比べて不安なのが、強度だと思います。
でも、このソフトスーツケース、意外としっかりしています。
今のところ、中の物も壊れるようなこともなかったです。

逆に、今まで、買ったハードタイプのスーツケースはすぐにボコボコになっていました。
特にキャスター部分が壊れて買い替えるというパターンでした。
まあ、お安いものだったので仕方ないですけど。

スポンサーリンク

ソフトスーツケースのデメリット

ソフトスーツケースのおすすめポイントをご紹介したので、デメリットも。

可愛いデザインがない

海外では、おしゃれな可愛い柄のものが売られているようですが、
日本で売られているものは、黒色や紺色の無地のものがほとんどです。
ハードタイプは、柄や色も豊富なのにね。

宅配を頼むときに伝票が貼れない

ハードタイプは表面がツルツルなので、送り状のシールが貼れます。
でも、ソフトスーツケースは、布地なので、シールが貼れません。
クルーズ船にスーツケースを配達してもらうときに、宅配便のお兄さんがどこに貼ろうか困っていました。
そのときは、クルーズ船の部屋番号タグが余分にあったので、タグを持ち手に掛けて、送り状を貼り付けました。

次回、宅配を利用するときは、バゲッジタグを使おうと思います。
目印にもなるし、買っておこう。

さいごに

スーツケースは、両開きのハードタイプしかないって思っていましたが、
フタ型のソフトタイプは、使ってみるとホント使いやすくて便利です。
もうハードタイプには戻れないなぁ。

ソフトタイプのスーツケースで行ったクルーズ船の旅の記事も読んでくださるとうれしいです➡コスタネオロマンチカのクルーズ旅のまとめ 

スポンサーリンク