50代のメイクのコツと化粧品でおすすめなものは?

 もともと、わたしはナチュラルメイク派。
と、言えば聞こえはいいのですが、
めんどくさがり屋なので、ファンデーション塗って、
あとは、簡単にササっと、チークと口紅塗るくらいなんです。

ところが、最近、今までのメイク方法では、なんだかちょっと違和感がでます。
具体的には、メイクしてもスッキリしなくて、ぼんやりした感じが。

50代にもなると、今までのメイクではカバーしきれくなるんですよ。

そこで、今回は、アラフィフのメイクのコツと50代におすすめの化粧品をご紹介します。

スポンサーリンク

50代のメイクのコツ

まずは、50代のメイクのコツです。
わたしが、一番気になったのは、目元がぼんやりすることでした。
目に若々しさがない( ;∀;)
鏡を見てショックを受けました。

50代はアイメイクをしっかり

アラフィフになると気になるのが目元のたるみ。
まぶたが下がってきたように感じます。
そして、まつ毛の存在感が薄くなること。

わたしは、もともと、腫れぼったい一重まぶたで、まつ毛も短いんですよ。
それが、近ごろ、より腫れぼったく、まつ毛もほとんど見えなくなりました。
メイクをしても、ぼーっとした感じが、以前よりもいっそうします。

そう、50代のメイクの決め手は、アイメイクをしっかりすることなんです。
ですので、最近は、アイライナーを引くことにしました。
すると、ぼんやりしていた、目元がはっきりしました。

マスカラも付けると、なお、良いです。
まつエクも効果的です。
友人では、結構している人がいて、目が大きく見えます。

アイメイクのおすすめ化粧品

50代になると、老眼で目が見えにくくなります。
アイメイクをするときに、目元が見えにくく細かいメイクってしづらくなりませんか?
また、たるんだまぶたにチップでシャドーを塗ると、色むらができやすくなります。

花王ソフィーナのオーブ クチュール ブライトアップアイズは、老眼でもしっかり目元が見えるように、コンパクトに大きく映る鏡を使っています。
チップも柔らかいブラシにしているので、皮膚を引っ張ることながなく、色むらになりにくいです。
ブラシの幅が広くて、濃淡のある2色のシャドーを一度に取れるので、グラデーションができて、塗り重ねる必要もありません。
くすんだ肌でも明るくキレイに発色するパウダーを配合。
発売以来、50代~60代向けアイシャドーの売り上げはトップを維持しているそうです。

50代におすすめの口紅

くすんできた顔色を明るくして、若く見せるには、口紅も欠かせません。
唇のラインをしっかり強調できるのが、キスミーフェルム 紅筆リキッドルージュ
紅筆と口紅が1つになっていて、輪郭も口角もくっきり描けます。
ピタッとフィットして、気になる縦じわをカバーしてくれます。

もうひとつは、ロート製薬の50の恵 CCリップ
先がとがったクレヨン型になっていて、唇の輪郭がくっきり、色づきもよく唇がふっくら見えます。
保湿成分や美容オイルが配合で、乾燥から唇を守る、保湿リップクリームの役割もします。

さいごに

50代のメイクのコツの第一番は、目元です。
アイライナー、マスカラ、アイシャドーでも目元をクッキリしましょう。
口紅は顔色を明るくするものを選びましょう。
メイクに気を付けて、いつまでも若々しくいたいものですよね~。

コチラの記事もおすすめです➡40代 50代おすすめの肌に優しいプチプラコスメの化粧落としは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする