国民健康保険 就職時の脱退手続きと土日しか役所へ行けない場合は?

 

 就職などで国民健康保険を脱退するときや、退職なので国民健康保険に加入するときは、役所で届け出をしないといけません。 
先日、私の勤める会社に中途採用の人が入社しました。

彼女はうちの会社に就職するまでは、国民健康保険に加入していました。
このまえ、協会けんぽから彼女の健康保険証が郵送されてきました。

健康保険証が届いたので、今まで加入していた国民健康保険を脱退しなければなりません。
脱退のしかたがわからないということでしたので、調べてみることにしました。

スポンサーリンク

国民健康保険 就職時の脱退手続き

国民健康保険の脱退及び加入するときは、事実が発生したときから14日以内に届出が必要となります。
国民健康保険では、自動的に加入・脱退の手続きがされることはないので、必ず届出を出しましょう。

国民健康保険の脱退の手続きの仕方を聞くために、彼女が住んでいる、大阪市内の区役所に電話して確認しました。
すると、手続きするために区役所に、国民健康保険証新しい健康保険証印鑑を持ってきてくださいと言われました。

土日しか役所に行けない場合は?

とは言っても、勤務時間中に区役所には行けません。
その場合はどうすればいいのか?もたずねると、
郵送でも受け付けてくれるとのことでした。

郵送の場合は、国民健康保険証は返却するので原本を送りますが、新しい健康保険証はコピーで。
そして、脱退届を書式はどんなものでもいいので、住所と名前と印鑑を押したものを作成してくださいとのことでした。

また、大阪市内の区役所は、市民が利用しやすいように毎月第4日曜日は営業してくれるようになってるそうです。
営業時間は、午前9時から午後5時30分まで。

日曜日に開けてくれるなんて、役所もサービスが向上して便利になったんですね。

ちなみに、彼女は、書類作成するのもめんどくさいし、実際に行って手続きした方が確実だということで、開庁している日曜日に脱退届出をすることにしました。

スポンサーリンク

国民健康保険の加入手続き

脱退時の届出も大切ですが、退職したときには、国民健康保険の加入届出も忘れてはいけません。
加入の届出が遅れた場合は、加入しなければならない事実が発生したときまで、最長2年間さかのぼって保険料を納めなければなりませんから。

国民健康保険証 脱退のまとめ

就職で国民健康保険証から切り替わる場合は、脱退届出は必ずしましょう。
届出は、役所に行けない場合は郵送でもOK。
必要なものは、
【役所に行く場合】国民健康保険証・新しい保険証・印鑑。
【郵送する場合】国民健康保険証・新しい健康保険証のコピー・脱退届
地域によっては違いますが、最近では役所が日曜日に営業しているところもあります。
会社を休まなくても、手続きができますので、お住いの地域の役所にお問合せしてみてください。

ちなみに、彼女、年金手帳を持っていないとのことでしたので、年金手帳の再発行手続きを加入時にしました。年金事務所から問い合わせが来るかと思っていましたが、問い合わせもなく、無事に新しい年金手帳も届きました。
年金手帳の再発行手続きをした時の記事はコチラ➡中途採用された人が年金手帳をもらった覚えがないって?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする