ダイヤモンド プリンセス クルーズ旅行記①基隆港までのアクセス

ダイヤモンドプリンセス旅行記

 昨年2018年の12月に憧れの豪華客船 ダイヤモンド プリンセス号に乗船することができました。
ブログに乗船記を書こう、書こうと思いつつ、今頃になってしまいました。

ダイヤモンド プリンセスは、外国船籍なんですが、作られたのは日本の三菱造船。
外国船には珍しく、大浴場があります。
船内には、日本画も飾られていて、とっても日本的なお船です。

クルーも日本語が堪能な人が多いです。
お料理も日本人の口に合い、とっても美味しいと評判なの。

実際に乗って、どうだったのか?
当時の記憶をたどりながら、旅行記を書いていきます。

スポンサーリンク

ダイヤモンド プリンセス 3泊4日ショートクルーズ

今回、私が申し込んだクルーズは3泊4日のショートクルーズです。
2018年12月4日に台湾の基隆港から乗って、12月7日に横浜港に到着します。

クルーズといえば、旅の途中で、様々な寄港地に停泊して観光するというのが一般的です。
でも、このクルーズは、横浜までの間、どこにも止まらずにずーっと船の上で過ごすんです。
ダイヤモンド プリンセスを堪能できる旅ですね。

クルーズ中、お船の中なので、イベントやアクテビティが充実しているに違いない。
期待しちゃいます!

基隆港までのアクセス

日本の港から出航だと、アクセスは安心なのですが、
今回は台湾の基隆港までは自力で行かないといけません。

台湾は初めてではないですが、全くの一人で行くのは初めてです。
しかも、基隆港ってどこやねん?!
って、調べてみると、台北からバスか電車で1時間半くらいの場所でした。

なら、なんとかなるかぁ。

関空から台北

2018年12月4日
まずは、関西空港から台北へ飛びました。
格安LCCのピーチで。

本当は、前日に台湾入りしたかったんですけどねぇ。
万が一、飛行機が飛ばないとか、遅れるとかの事態に備えて。
ダイヤモンドプリンセスの出発時間に間に合わなかったら困りますもの。

それに、基隆って夜市もあって、観光スポットでもあるし、
せっかくなら、楽しみたいよね~

でも、会社の有給休暇が取れませんでした( ;∀;)
わたしは行けなかったけど、基隆夜市は楽しかったと、
ダイヤモンドプリンセスで知り合った人は言っていました。

午前7時50分 関空第二ターミナルを出発
午前10時5分 台北(桃園)第一ターミナル 到着

ダイヤモンドプリンセスが基隆港を出航するのは17時です。
13時頃には乗船手続きが開始され、遅くても15時30分には乗船しないといけません。

台湾は日本と1時間時差があります。
なんと、1時間戻るという時差。
ラッキー!
プラス1時間だったら、心折れてたかも。

予定通りすんなり行けば、間に合う!

心配性な性格なので、少しでも早く着けるように、
ピーチは追加料金を払って、座席を前のほうにとりました。
荷物を受け取る時間を省くために、手荷物で持ち込めるサイズのリュックに詰めました。
食事もコンビニで買ったお弁当を機内に持ち込み、
それを昼食代わりにしました。
バスに乗るための現金は、前回行った台湾旅行のあまりのニュー台湾ドル100ドルを用意。

とにかく、15時30分までには、ダイヤモンドプリンセスに乗り込めるようにと、祈りました。
海外初のクルーズって、夕方発ってなてても、状況によってはお昼に出発することもあるって聞いてもいたので。

桃園空港から台北駅へはバスで

祈りのかいもあって、無事、定刻通り桃園空港に着きました。

飛行機の座席は前列。着いてゲートが空いたら、即、ダッシュ!
が、入国手続きにめっちゃ人並んでる~
ここで、30分弱くらい時間ロス。

あ、そうそう、台湾の入国カードってオンラインで申請できるようになってたんです。
わたしは、事前にオンラインで申請してました。
けど、もし、ちゃんとできてなかったらと、機内でもカードを記入してました。
心配性なんでね。

でも、パスポート見せて、「オンライン」って言ったら、無事通れました。
オンライン申請、もっといろんな国で採用してほしいね。
楽ちんだもん。

空港から台北まではバスで行ったことがあります。
でも、覚えてないし~
うろうろしてたら、お兄さんが「タクシー?」って声かけてきました。
タクシードライバーのお兄さんだったのね。
タクシーなら基隆まで確実だけど、お金がないのよ。
現金は1000ドル(ニュー台湾ドル)しか持ってない。
「ノー、バス」って言ったら、「アンダー」って指を下に。
バス乗り場は下の階ってことね。
「サンキュー!」って答えて走りました。

台湾って親切な人が多いのよね。

下の階に行くとバス乗り場がありました。

台北行きのバスは国光客運と大有巴士の2路線があります。
大有巴士は運賃が安いけど、本数が少ないし時間がかかります。
安いといっても日本円にすると150円くらいの差。
ここは、国光客運のバスに乗ることにしました。
国光客運のバスでもチケット代は500円くらいなんですけどね。

チケット買って、台北行きのバスに乗ります。
ほー、これで、無事、台北駅まで行けるわ。

約1時間弱で台北駅に到着しました。

ここで、時刻は11時15分。
まずまずの感じですね。

スポンサーリンク

台北から基隆までもバス

台北から基隆へは、鉄道という手段もあります。
でも、調べてみると、バスのほうが本数が多いし、
早いということがわかりました。
ただし、渋滞なければ、ですけど。
でも、平日の昼間はほぼ混まないということでしたので、
基隆までもバスを利用することにしました。

基隆行きのバスターミナルも事前に調査済でしたので、すぐにわかりました。
チケットを買おうと、窓口に行くと、そこの機械で買えと言われました。
たぶん。
だって、言葉がわからないんですもの。

チケット販売機で、行先と枚数を入力して、クレジットカードを通す。
ちなみに、この機会は現金は使用できません。

クレジットカードの向きが違ったため、最初は購入できませんでした。
ちょっと焦りましたが、2度目の挑戦で購入できて、よかった~

台北から基隆

チケット代は200円ちょっと。
めっちゃ安い。

基隆港へ到着!

基隆港へ行くバス内には、日本人が結構乗っていました。
たぶん雰囲気からして、ダイヤモンドプリンセスに乗る人たちっぽい。
基隆港から日本人もかなり乗船するみたいです。

バスに乗ること、40分。
着きました!基隆港!
なんだ?!『HOLLYWOOD』みたいな文字が~
ダイヤモンド プリンセス 基隆港

バスを降りたら、ダイヤモンドプリンセス号が見えてる~!
ダイヤモンドプリンセス 基隆港
やったー!無事に来れた!
しかも余裕で~♪
これでダイヤモンドプリンセスに乗れる~!

ちなみに、日本は寒かったけど、台湾は暖かい!
てか、暑い~!!

ダイヤモンドプリンセスはクルーズ旅行記のまとめでは今回の旅行記を全て紹介しています→ダイヤモンドプリンセス クルーズ旅行記のまとめ

スポンサーリンク