ダイヤモンドプリンセス クルーズ旅行記④ 揺れて船酔い おすすめの対策は?

ダイヤモンドプリンセス船酔
大型豪華客船ダイヤモンドプリンセスクルーズの旅行記③からの続きです。

船でクルーズって揺れるのか?気になりますよね?
特に乗り物に弱い人は、船酔いになって気分が悪くなったら、
せっかくのクルーズ旅が台無しです。

以前に乗ったコスタネオロマンチカは日本海を運行したので、けっこう揺れました。
今回のダイヤモンドプリンセスはどうだったのでしょうか?

乗務員さんのおすすめの船酔い対策も聞くことができました。

スポンサーリンク

ダイヤモンドプリンセスで船酔い

コスタクルーズでかなりの揺れを体験しましたが、
船酔いはしませんでした。
わたし、船にはまあまあ強い体質だったみたいです。

今回のプリンセスクルーズは、波が高い日本海でもないし、
揺れにたいしてはほぼ心配してなかったんです。

ところが、めっちゃ揺れました。
半端なく。

部屋までの長い廊下もふらついてしまうこともあるぐらい揺れた。

なが~い廊下

↓ ↓

屋外プールの水も船の揺れで、流れ出てしまってました。

こちらは平常時のプール

↓ ↓

まじ?嵐?って思うくらい揺れました。

出航してすぐや食事、ショーの時間はそんなに揺れはなかったのに、
初日の深夜、寝ている時には、ドーンと縦に揺れがきました。
まるで、直下型地震のように。
まあ、それほどすごい衝撃のは1度だけでしたが。

翌朝早朝も激しく揺れていました。
友人の友人のお子さん(小学生低学年の男の子)は船酔いでダウンして、
食事もとれずお部屋で寝てました。
かわいそうに。

船には強いわたしも、この時ばかりは少々気分が悪くなりました。

10回以上クルーズ船に乗っている友人もこんなに揺れるのは、初めてだと言っていました。

なぜ、夜に揺れる?

大型クルーズ客船には、揺れを軽減できる、スタビライザーが装備されています。
スタビライザーとは、船底近くの左右に取り付けられた翼のようなものです。
スタビライザーのイラストが三菱重工のHPにあります。→三菱重工HP

スタビライザーがあると、揺れは抑えられますが、速度は出ません。
ですので、食事時間や乗客が活動している時にはスタビライザーで揺れをやわらげ、
乗客が寝ている夜には、スタビライザーを引っ込めて、スピードを上げるんだそうです。

スポンサーリンク

ダイヤモンドプリンセスのクルーがおススメの船酔い対策

ダイヤモンドプリンセスの乗務員さんに今回の船の揺れについて聞いてみました。
すると、基隆港からの航路は、ふだんから揺れが強いとのこと。

そこで、乗務員さんに船に酔った時はどうしてるの?と聞いてみました。
そしたら、ジンジャーエールを飲むと気持ち悪さが消えるとの答えが返ってきました。

なるほど、ジンジャーエールね。
飲むとスカッと爽やかな感じになりそう。

船酔いの人、数人が試してみました。
あまり効かないという人と、少しはマシになったという人がいました。

わたしの船酔いが治った方法

わたしも少しだけ気持ち悪くなったんですね。
わたしの船酔いが回復した方法は、スモークサーモンでした。
ブッフェレストランのスモークサーモンとクリームチーズの取り合わせが、
めちゃくちゃ美味しくて、コレ食べたら、気分の悪いのが治ったんです。

でも、普通に考えるとチーズにサーモンって、船酔い悪化させそうですよね。
なのに、これで治ってしまったのは不思議でした。

わたしの気分の悪さは、単にお腹がすいてただけなのかもしれません(;^_^A

さいごに

クルーズでは、船酔いに備えて、酔い止めの薬を持って行ったほうがいいです。
船酔いになったら、乗務員さんおすすめのジンジャーエールを飲んでみるのも一つの手ですよ。

ダイヤモンドプリンセスクルーズ旅行記のまとめでは、今回のクルーズ乗船のすべてを紹介しています。
最初から読みたいときや興味のあるものからお読みください→ダイヤモンドプリンセス クルーズ旅行記のまとめ

スポンサーリンク