京都競馬場の芸術花火 チケットは早めにGET!スタンド席はよく見える?持ち物のおすすめは?

 
 2018年に関西初の芸術花火が京都競馬場で開催されました。
淀にある京都競馬場で、花火大会は以前にも開催があったのですが、
芸術花火初めてということ。

昨年に引き続き、2019年の今年も5月に京都芸術花火が開催されるようです。

実は、昨年、京都芸術花火を見に行ってたんです。
ブログに書いてなかったので書きます~

スポンサーリンク

京都芸術花火 チケットは早めにGET!

京都芸術花火は無料の観覧席やゾーンはありません。
芸術花火をみるためには有料のチケットを購入する必要があります。
まず、最初に抽選販売があって、
その次に2次先着販売、最後に一般販売があります。
良い席を確保するためには、早めにチケットをおさえておきましょう。

ちなみに2019年の京都芸術花火のチケット受付は、
抽選販売:2/15~3/3まで
2次先着販売:3/11~3/25
一般販売:3/30~
とってます。

開催日は5/29(水)ですが、行きたい!って人は、要チェックです!

わたしは、昨年、一般販売で4月の上旬にスタンド席のチケットを購入しました。

京都芸術花火 スタンド席はよく見える?

京都芸術花火は今年も5月の最終水曜日の開催です。
仕事が終わって、大阪からダッシュで京都競馬場に向かいました。
淀屋橋から京阪電車に乗って、淀にある京都競馬場までは1時間弱(50分くらい)。
着いたのは18時40分くらいだったかな?
意外と早く着きました。

5月なので、まだ外は明るい。
会場は17時ですので入場はできます。
花火は日が暮れてからの19時50分から始まります。
それまでの間は、TRFのDJ KOOさんのイベントがありました。

今年も花火が打ちあがるまでの時間は何かイベントがあるのでしょうか?

日が暮れて、花火が打ちあがると、大歓声が響きます!
めっちゃ迫力ある花火が次々と頭上に打ち上げられ、
しかも、音楽に合わせた演出も素晴らしい!

感動しかないです。

スタンド席は段々になっているので、前に人がいても障害になりません。
ストレスフリーで花火に集中できます。

スポンサーリンク

京都芸術花火 持ち物のおすすめは?

京都芸術花火に持って行って役に立ったものは、
タオルとビニール袋でした。

というのも、昨年の京都芸術花火の開催日当日は雨が降っていました。
でも、花火が打ち上げ不能な荒天でない限り開催される予定。
夕方には雨は止んでいましたので、開催されました。

スタンド席は屋根がついている場所もあるのですが、
わたしたちの席はちょうど屋根がある手前部分でした。
なので、雨で席が濡れていたんです

タオルを持って行っててよかったって思いました。
席を拭いて濡れたタオルをビニール袋にしまいました。

あとは、コンビニで買った食糧と飲み物。
わたしは、ローソンで唐揚げとおにぎりとお茶を持っていきました。
京都芸術花火では、持ち込みはOKなので。

当日はフードエリアもあり、会場でも食べ物や飲み物は調達できますし、
今年は事前にお弁当の予約もできるみたいです。

京都芸術花火の感想

京都競馬場での芸術花火は、まさに芸術でした。
花火と音楽の融合も素晴らしかった!
最初から最後まで、圧倒されて、
思わず「すごい!」「きれい!」「わーっ!」って声がこぼれます。

夕方まで雨は降っていたのに、途中から月が輝きだして、
花火と丸いお月様の競演も見ることができ、ラッキーでした。

時間はあっという間に過ぎて、もっともっと見ていたいなぁって思いました。

スタンド席のチケットは税抜き7000円とお高いですが、
一度は見ても損はないなと。

余談ですが、トイレは激コミでした。
行列がずらーっとトイレの外に果てしなく、なが~く続いていていました。
余裕をもって並ばれるのが良いかと思われます。

こちらの記事も人気があります➡撮った覚えがない写真がスマホに保存されててるのはナゼ?

スポンサーリンク