レーシック手術を受けてから10年経ったnatsukiの体験談


10年前、わたしはレーシック手術を受けました。
当時はレーシックがブームでした。

有名芸能人がレーシックを体験するテレビ番組とかもありました。

最近ではブームが下火になってきているようですが、
わたしはレーシック手術をしてよかったなって思います。

手術怖いし、お金もかかるし、レーシックってどうなの?って、

迷っている方に、わたしの体験談が参考になればうれしいです。

スポンサーリンク
  

メガネ女子の苦労

レーシックを受ける前のわたしの視力は0.03とかだったと思います。
近眼歴は長くて、小学校高学年から0.1以下でした。

中学生の時には視力検査で0.1が見えなくて、
見えるとこまで前に出てと言われ、
どんどん前に出ていったら、クラスメイトに笑われました。
そのことで軽くイジメられたりもしました。

分厚いレンズのメガネをかけても視力はそれほど出ず。
レンズが重いのでかけてる耳は痛くなるし。
痛くてメガネをはずすと何も見えない。
痛くても我慢して、四六時中メガネをかけて
生活しないといけない状態でした。

若い頃はコンタクトレンズも使えていたのですが、
歳をとるにつれ、コンタクトレンズをすると充血して、
目がつらくなってきました。

そうなると、もうメガネをかけるしかない。

ド近眼のわたしの眼鏡生活はたいへんでした。

・化粧をするときに自分の顔が良く見えない。
・温泉では周りがほとんどみえないので歩くのが怖い。
・レンズの度が強いので、メガネをかけるとただでさえ小さい目が
 より小さくなる。
・冬は外から、室内に入ると温度差でメガネが曇る。
・メガネが重いし、うっとおしいので、なんだかいつもスッキリしない。
・メガネをはずすと、視界がボンヤリして、これまた、スッキリしない。

毎日、いつでも、スッキリしない状態が続いていました。

そのうえ外見でのコンプレックスも相当ありました。

メガネかけなくても全然イケてないのに、
メガネかけると余計にダサくなってましたので。

レーシックの説明会

レーシックの説明会に行けへん?」

ある日、わたしより目の悪い友達からそう言われました。

友達はわたしよりも目が悪いのですが、コンタクトレンズが装着できます。

でも、阪神淡路大震災のときにコンタクトレンズが
装着できずに苦労したそうです。

もしまた、災害が起きたときに目が見えないと困ると思って、
レーシックを考えたようです。

当時はレーシックがブームで定期的に説明会が行われていました。

説明会は、リッツカールトン大阪で軽食付き。
しかも、無料。

レーシック手術を受けるなんて考えてもいませんでしたが、
あのリッツカールトンで無料で軽食がいただけるのなら、
ちょっと行ってみようかなって、軽い気持ちで参加しました。

リッツカールトンでの説明会は、食事はおいしく、
説明してくれる人の話もわかりやすく、
実際に体験された方のお話も聞けたので、手術に対する不安も消えて、
レーシックをしてみようかなって気になりました。

友達とわたしは、その時にレーシック手術が受けれるかどうかの
検査の予約をして帰りました。

検査次第ではレーシック手術を受けられないこともあるのです。

スポンサーリンク

目の検査

わたしがレーシック手術を受けたのは神戸クリニック
(現在は神戸神奈川アイクリニック)です。
当時は神戸の三宮にありました。

友達と同じ日に検査の予約を入れました。

検査は、一般の眼科検診と同じでした。
視力検査や目の状態の検査、そして問診。

検査の結果は二人ともレーシックが可能と診断されました。

わたしは、一般的なレーシック手術で大丈夫ということでしたが、
友達はかなり強度の近視なので、
イントラレーシックという手術になりました。

レーシック手術

レーシック手術日は友達とは別々の日になりました。

一人で行くのは心細かったです。

レーシック手術は目の角膜の表面を薄く切ってめくり、
レーザーを当ててから、めくったものを再びかぶせるという工程になります。

希望通りにはいかないこともあるそうですが、
自分でなりたい視力を選べました。

わたしは、1.0くらいの視力を希望しました。

当日は、土曜日でかなりの混雑ぶりでした。

待合所にはずらりと人が座って順番を待っていました。

手術は10分ほどで終わるので、
次から次に名前を呼ばれては人が入っては出ていきました。

待ってる間も緊張しましたが、手術室に入るともっと緊張しました。
もう逃げられないけど、逃げたい気持ちでいっぱいでした。

横たわると、天井には「ゲゲゲの鬼太郎」の目玉おやじ のイラストが。
それを見ると、ちょっとホッとしたのもつかの間、

頭が固定され、動けなくなりました。

レーザーを当てるので、「絶対に動かないでください」と
言われましたが、動けません。

麻酔の目薬を点眼されて、いよいよ手術というときに、
そばにいた看護師の女性が、サッと手を握ってくれました。

手術の時に看護師さんが、手を握ってくれるというのは、
説明会で聞いていました。

その時は、手を握られたからってどうなん??
別にそのサービスいらんやろって思っていたのですが、
実際に手術のときには、手を握ってもらえたら、すごく安心できました。

このサービス絶対いります!!
手を握るのが、あるのとないのでは雲泥の差です。

このときは、ほんと緊張のピークで、
絶叫マシンのこれから落ちますって瞬間の恐怖のピーク状態でした。
引き返せるなら引き返したい!
「おかあさん、助けて~!」って叫びたい心境でしたから。

レーザーを当てられて目がチカチカしましたが、
痛みはまったくありませんでした。

実際の手術時間は5分くらい。

手術後は30分ほど休憩して、帰宅できます。

目にはボンヤリかすみがかかった状態でした。

一人で電車に乗って帰れるのかな?って不安でしたが、
徐々に時間が経つうちに、見えるようになっていきました。

スッキリはしないのですが、駅に着くころには、裸眼の視力が回復
しているのがわかりました。

メガネなしで外を歩くことなんて、危なくてできなかったのに、
視野は狭いけど、よく見えるようになっていたのです。

一週間後の検診では視力が両方とも1.0になっていました。

まとめ

レーシック手術から10年経ちました。
あの時、レーシックをしてよかったなと思います。
生活の質が明らかに向上したのを実感しています。

メガネ生活の不自由さから解放されることが、
こんなに素晴らしいとは思いませんでした。

その時の費用は20万円ほどかかりましたが、
手術後の検診や目薬代は無料でした。

いまは、左目の視力は落ちてしまって0.8くらいですが、
右は1.0を維持しています。

わたしは、コンタクトレンズが使えないので、
レーシック手術をしてよかったと思います。

でも、コンタクトレンズが使えていたら
手術をしてなかったかもしれません。
やっぱり、手術は怖いし、不安ですから。

以上がわたしのレーシック体験談です。

いかがでしたか?

わたしの体験談が、レーシック手術を受けようかどうしようか、
お悩みの方の参考になりましたでしょうか? 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする