50代の遠距離恋愛⑬ バツイチ彼の元嫁のことが気になりだした

 53歳の時に2歳年上バツイチ男性と遠距離恋愛するこよになったnatsukiです。
前回のお話は、彼が離婚後に交際していた女性がいたという事実は発覚しました。
私以外に離婚後に付き合った女性はいないはずだと勝手に私が思ってただけで、彼は別に悪いことはしていません。
でも、なんだか腹が立ってきたのです。

前回のお話はコチラ⇒50代の遠距離恋愛⑫ 元カノ発覚!?彼に離婚後付き合った人が!?

この話を最初から読んでやってもいいよという優しいあなたはコチラ⇒50代の遠距離恋愛① 彼との出会いのきっかけは?出会うまでにしたことは?

今回は元嫁のことが気になりだしたというお話です。
前回の元カノのことに引き続き、彼が過去に好きになった女性のことについてです。

スポンサーリンク

またしても地雷踏みやがった!?

それは、彼と二人でリンゴを食べているときのことだった。

わたし「このリンゴおいしいね

かれ「ほんとだね。そうだ、リンゴといえば、初めてリンゴをむいたこと思い出したよ

わたし「え?いつのこと

かれ「結婚する前、元嫁が交通事故で入院したんだ。そのときに病室でリンゴをむいてあげたの。なかなかむけなくて苦労したんだよ

なんだとー!!
おいおい!またしても、自分から墓穴ほるんかい!!?

二人で仲良くリンゴを食べてるときに、その話いる~???

なんなんだ?この人は?

さっきまで機嫌よくしてたのに、彼の元嫁話で、一気にイライラムード全開になりました。
なんで、この人は、なにげに元嫁との思い出話をしみじみと語るんだ?

しかも、なにげに、ええエピソードやんか!?
そんな話ここで必要かな?

え?それとも何かい?
おまえさんは、わたしにジェラシー感じさせたいのかい?

元カノの話といい、元嫁の話といい、わたしは聞きたいとは思ってへんねん!
せやのに、聞かされたら、その先がいろいろと気になるねん!

またしても尋問タイム
それは何歳の時?
事故って聞いたときはどう思った?
心配でかけつけたん?
毎日お見舞いに行ったん?
リンゴをむいてあげたときの彼女の反応は?

わたしのイライラが募っていることを知ってか知らずか?
いや、たぶん気付かんのだろう。
彼は私の質問に答えていった。

スポンサーリンク

男ってアホや

そのときのシュチュエーションが紐づいたことに遭遇すると、元カノや元嫁との思い出話を悪気もなくするバツイチ彼。

最初は、私の気をひくためにやってるんかな?って思ったけど。
どうやら違うらしい。

たんに、思い出したから、言っただけなんだと。
ほんまかいな?

女子の場合、他の男の話をするときは、相手に焼きもちを焼かせたいと思ってする。
わたしって、他の男にも優しくされちゃう価値があるん女なんだよ~ってアピールするため。

男女の脳の違いを書いた本が今話題ですよね。
黒川伊保子さんの妻のトリセツ夫のトリセツって本。
これ、ほんと、おもしろい!
読むと、男の人の不可解な言動のことがよくわかる。
男性もきっと、女の人が急に怒り出すわけがわかると思うよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

妻のトリセツ (講談社+α新書) [ 黒川 伊保子 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2019/11/7時点)

マンガも読みやすいので、本を読まない彼氏や旦那さんにはおすすめ。
読ませてあげてみてはいかがでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まんがでわかる 妻のトリセツ [ 黒川 伊保子 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/11/7時点)

そのときは、この本のこと知らなかったので、彼の言動が理解できなくて、悩んでました。
男女の違いを知る心理学教室などというものにも行ってみた。

すると、男は今カノがどう思うかなんて、何も考えずに、元カノや元嫁の話をしてしまう生き物なんだということがわかった。
彼だけが特別無神経な男ってわけではなかったんだね。

男ってやつは、いちいち言わないとわからないらしい。
だから、「言ってくれればよかったのに」って言いやがる。
女は言わずもがなって、雰囲気でわかるのにね。

だから、彼にちゃんと伝えた。
元カノ&元嫁の話は、わたしが聞いたときにだけするように。尋ねてもいないのに自分からは決して口にしてはいけませんと。
1度だけでは、改善しなかったが、そのたびに伝えたら、そのうち学習したようでしなくなりました。

男に対して、言わなくてもわかってくれるだろうを期待するのは、まず無理だということが50を過ぎてよーくわかった。

続きはコチラ⇒50代の遠距離恋愛⑭ 初めてのお泊りデートで別れようと思った

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする