万九千神社の神在みくじって? 申し込み方法と開催時間は?来年の占い結果は?

万九千神社鳥居画像
 遠距離恋愛中の彼とデートするために、彼の住む島根に行きました。
ちょうど、出雲地方は神在月。
神在月といえば、縁結びで有名な出雲大社へ行きますよね。
だけど、出雲大社はデートに行くとカップルが別れるという噂があり、
彼は一緒には行きたくない!とのこと。

そこで、神在みくじという来年の吉凶を神様にお尋ねする特別祈願をいただける万九千(まんくせん)神社へ行くことにしました。

スポンサーリンク

万九千神社の神在みくじとは

万九千神社 神在みくじ画像
万九千神社の神在みくじとは、出雲に集結した八百万の神様に、来年の吉凶を占ってもらう特別祈願のことです。
毎年、旧暦10月の神在月に行われています。
今年は11/13~11/22までで、先着500名限定となります。

八百万(やおよろず)の神様たちが最後にお立ち寄りになって、
縁結びや農事のことを話し合う、しめくくりの場所が万九千神社だそうです。

出雲大社の神在祭は今年は11月13日でしたから、そちらが終わって、万九千神社に来られてるんです。

万九千神社の神在みくじの申し込み方法と開催時間は?

万九千神社の神在みくじの申し込み方法

当日、社務所に申し込めば大丈夫です。
鳥居をくぐって、左手すぐにあります。
お守りや御朱印をいただける場所です。

社務所の方に、神在みくじをしたいという旨をお伝えすると、
神在みくじの用紙と玉串料をいれる封筒が渡されます。

神在みくじの表に、名前とフリガナを記入し、
玉串料3000円を入れて渡します。

そしたら、時間になったら呼びますので、境内でお待ちくださいと言われ、
なんていう名前かわからないけど、神社名の入った首からかける白い布(写真参照)を渡されます。
これをかけて、参拝し、祈願が終われば返却します。

万九千社(まくせのやしろ)と書かれているのは、万九千神社の正式名称。
立虫(たちむし)神社は同じ敷地内にある神社です。
昔は違う場所にあったのが、洪水の影響で江戸時代前期に現在の場所に遷されたそうです。

万九千神社の神在みくじの開催時間

当日の開催時間は神社内に数か所貼られていました。
神在みくじが1番多いですが、特別祈祷や七五三祈祷もあります。

わたしたちが行ったのは午後2時20分でしたので、ちょうど午後2時半の回に間に合いました。

もし、これを逃したら、次は1時間後の3時半。
ラッキーでした。
神在みくじがお目当ての人は事前に神社に確認しておくといいですね。

スポンサーリンク

神在みくじの結果は?

この時の参拝者は5名でした。
神主さまからのお言葉、祝詞のあと、
5名が玉串を奉納。

そして、神殿の奥で、神主さまと神社の方が神様からの答えを神在みくじに記入。
記入してる間、わたしたちは目を閉じて今年1年を振り返っていてくださいと言われました。

今回は5名なので、そこまで待ち時間はなかったですが、
これ、人数多かったらもっと待っちゃうのかな?

全員のおみくじが完成すると、名前を呼ばれ、一人一人に神在みくじが配られます。

神主様はおみくじの結果を手渡す前に、どんな結果が出たとしても、
鳥居をくぐったら気持ちを前向きに持って進んでくださいとおっしゃいました。

さてさて、わたしの来年はどんな年になるのか?
良い年?それともイマイチ?

おみくじを開いてみると、
小吉でした。
万九千神社の神在みくじ
う~ん、小吉ねぇ。なんか、ちょっと・・・
全体運のほかに、縁結、仕事・学業、心身健康、旅行によい月。
ラッキーカラー、ラッキー方位、ラッキー文字も記されておりました。
わたしのラッキー(吉兆)文字は
すなおにすると良い年になるのかしら?

彼はというと、
なんと!?大吉!!
おー!大吉!!!来年はいい年になるね~(≧▽≦)
彼のそばにいれば、大吉のおこぼれにあずかれるかな(笑)

最後にお神酒と特別授与品ををいただいて、終了。

特別授与品は、神在みくじ、御祈祷札、梅酒、願いが叶うお守り

梅酒はワンカップ

↓ ↓ ↓

万九千神社の梅酒
かわいい万九千神社のオリジナルバッグに入れて持ち帰ります

↓ ↓ ↓

万九千神社のバッグ

願いが叶うお守りは、社務所で販売しているお守りの中から好きなものを選びます。
彼は健康祈願を、わたしは交通安全のお守りをいただきました。

出雲大社や八重垣神社は有名だけど、万九千神社は彼がいなかったら訪れることはなかったなぁ。
彼のおかげで、八百万の神々が最後にお立ち寄りになる神社に来ることができて、ありがたいです。

彼との出会いはコチラ⇒50代の遠距離恋愛① 彼との出会いのきっかけは?出会うまでにしたことは?
出雲大社の縁結大祭と八重垣神社の旅行記はコチラ⇒出雲大社の神在月に縁結大祭に参列した旅のまとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする