初ディズニーシーを効率よく回るには?


こんにちは、natsukiです!
GOTOトラベルキャンペーンで、東京ディズニーシーとディズニーランドへ行ってきました。
東京ディズニーシーが開園したのは、2001年9月4日。
19年が経つんですね。
今回、初めて東京ディズニーシーへ行くことに。

東京ディズニーシーの効率良い回り方を、私なりに予習して臨みました。

スポンサーリンク

東京ディズニーシー入園後にまずすること

アプリでスタンバイパスを取ること!

本来なら、ファストパスっていうのがあるんだけど、コロナの影響でファストパス制度は休止してます。
その代わりにスタンバイパスってのができました。

対象アトラクションは、ソアリントイ・ストーリー・マニア
どちらかのスタンバイパスを取る。
この2つのアトラクションはスタンバイパスなしには乗れません。
スタンバイパスは、1つ取ったら、そのアトラクションが終わるまで次は取れないんです。
私たちは、ソアリンをまず最初に予約しました。

ソアリン乗り終わった時点で、すぐにトイ・ストーリー・マニアもスタンバイパスを取りました。

スタンバイパスのやり方がわからなければ、パーク内のお兄さん、お姉さんを捕まえて、聞けば丁寧に教えてくれます。
私もお兄さんに聞いて教えてもらいました。
予習してたにもかかわらず、東京ディズニーシーに入った途端、テンション上がってしまって、どこに行くのか?なにをすれば良いのか?わからなくなっていたので。

アプリでキャラクターグリーティングのエントリー受付をすること

ディズニーのキャラクターと写真が取れるのがキャラクターグリーティングです。
これも、アプリでエントリー受付しないとできないんです。
エントリー受付しないといけないのもコロナの影響なのか?

キャラクターと写真は撮りたくない人は、エントリーしなくて良いです。

エントリー受付をしたら全員が、いけるというわけではなくて、
当選したら権利を得られるというもの。

私は、ドッグサイドステージ(キャラクターは当日のお楽しみ)、ミニー、ダッフィー、ミッキー、アリエルにエントリーしました。
で、当選したのは、ミッキーとアリエルでした。

スポンサーリンク

行きたい場所はパーク内の人に聞く

ディズニーリゾートアプリで地図も見れるし、現在地からのナビもできます。
でも、それより、何より、園内のお兄さん、お姉さんに聞くのが圧倒的に早くて、わかりやすい!
初めてのディズニーシーなので、事前にシュミレーションしてても、どこに何があるのか、全くわかりませんでした。
トイレなんて、背景に溶け込むように作られてるので、めっちゃわかりにくくなってます。
前を通っても素通りしてしまうくらい。

最初は、アプリ見ながら、行きたい場所は自力で探そうとしてたけど、途中からは、何でもかんでも、お兄さんかお姉さん捕まえて、尋ねていました。
お兄さん、お姉さんたちは、みんな親切で丁寧に教えてくれます。
恥ずかしがらずに、なんでも聞いてしまいましょう。

東京ディズニーシー初めての人におすすめのアトラクション

初めて東京ディズニーシーに行く人に私がおすすめするアトラクションは、
1、ソアリン:ファンタスティック・フライト
2、タワー・オブ・テラー
3、ヴェネツィアン・ゴンドラ

です。

ソアリンは本当に空を飛んでるみたいな体験ができます。
靴を脱いで、乗ってる人もいました。
たぶん、靴は脱いだほうが気持ち良いんだろうなぁ。

タワー・オブ・テラーもよく出来てます。
エレベーターに乗るまでのストーリー展開や装飾品の細部までのこだわりが、さすがディズニーでした。
フリーホール的な乗り物ですが、そこまで怖くはなかったし。
ディズニーシーの綺麗な夜景も見レました。(夜に乗ったので)

ヴェネツィアン・ゴンドラは、初めてなら乗らないと、でしょう。
異国情緒にとっぷり浸れます。
夕暮れ時に乗ったので、ロマンチック度も最高でした。

初ディズニーシーで体験したもの

センター・オブ・ジ・アース
ソアリン
ディズニーシーエレクトリックレールウェイ
ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル(ミッキー)
アクアトピア
トイ・ストーリー・マニア
ディズニーシー・トランジットスチーマーライン(蒸気船)
マーメイドラグーンシアター(キャラクターグリーティング)アリエル
インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮
ヴェネツィアン・ゴンドラ
タワー・オブ・テラー

書いてみると、まあまあ乗ってますね。
ディズニーシーエレクトリックレールウェイはポートディスカバリーとアメリカンウォーターフロントの移動に2回は乗ってます。
タートル・トークは、残念ながら時間がなくていけませんでした。
タワー・オブ・テラーが100分待だったんで、こっちを選んでいましました。

キャラクターグリーティングのコロナ対策は凄かった!

キャラクターグリーティングでは、キャラクターと会えて、写真が撮れるんですが、
コロナ対策として、マスク着用・キャラクターとのソーシャルディスタンスを保つことが条件でした。
ハグもサインも握手ももちろん禁止!

キャラクターのテリトリーである黄色の枠を超えてはいけません。
なので、ツーショットといっても、めっちゃ離れてる。
マスクもしてるし、誰だかわからん(笑)

これも良き思い出です〜

東京ディズニーシーの花火は駐車場で

8時から東京ディズニーシーの花火があります。
でも、くたくたに疲れた私たちは、8時15分のバスに乗ってホテルへ帰ることにしました。

花火、もうすぐなのに、だけど、50代後半の体は持ち堪えられない。
諦めて、バスの停留所へ向かいました。
椅子に腰掛けて、バスが来るのを待っていると、
目の前に花火がーーー!!

キレイに全部、見ることが出来ました!
感動!!

東京ディズニーシーでは、スマホのモバイルバッテリーは必要

東京ディズニーシー、ディズニーランドでは、いまやスマホのアプリは欠かせません。
さらに、写真撮影もしなくては、!
スマホが大活躍です。
バッテリーがすぐになくなっちゃいます。

普段はスマホの充電なんて、一日一回すれば十分なんですが、
この日は、バッテリーの残量が一桁にまでなってしまった。
モバイルバッテリー持ってくればよかったと、後悔しました。

最後の方は、写真も撮れなくて、
バス待ち時間の花火を取ることも出来なかったわ。
目に焼き付けたから、ま、いっか。

行く前の予習は、ほぼほぼ、役には立たなかったけど、
とにかく、初の東京ディズニーシーは楽しかった!!!!

東京ディズニーランドの新アトラクション 美女と野獣についての記事はコチラ→東京ディズニーランド 美女と野獣に当選するには?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする