紫外線対策で朝に食べてはいけない食べ物があるのを知っていましたか?


紫外線対策には日焼け止めクリームを塗ったり、
帽子をかぶったり日傘をさしたりしますよね。

ところが、外側からのケアだけでは防げないことがあります。

朝に食べるとせっかくの日焼け対策が台無しになってしまう
成分を含んだ食べ物があったのです。

スポンサーリンク

紫外線対策にNGなソラレン

ソラレン光毒性を持つ成分です。

光毒性とは、紫外線に当たると過敏に反応して、
肌にダメージを与えてしまう性質のことです。

ソラレンは食べてから2時間ほどで身体全体にいき渡り、
7時間ぐらい作用します。
そのため、その間に日光を浴びると
いつもより紫外線を肌に多く吸収してしまいます。

なので、朝食にはソラレンを含む食品は食べない方がいいのです。

ソラレンを多く含む食品

・果物
柑橘類(みかん・レモン・グレープフルーツなど)
キウイ
アセロラ

・野菜
きゅうり
セロリ

・香味野菜系
パセリ
しそ
三つ葉
パクチー、コリアンダーなど

朝のスムージーに入れたくなる食材が並びましたが、
お肌のためには入れない方がいいようです。

スポンサーリンク

レモンパックやきゅうりパックも朝は厳禁です。

ビタミンCが多く含まれるものが多いですね。
ビタミンCは紫外線で弱った肌を回復させる機能があります。

夜には積極的に食べるといいですね

ソラレンをあまり含まない食品

・果物
リンゴ
スイカ
いちご
バナナ

・野菜
ダイコン
にんじん
かぶ
レタス
キャベツ
トマト
かぼちゃ

紫外線が気になる季節の朝食には、これらの食材を使うのがおススメです。

いちごはビタミンCを多く含んでいるので、紫外線対策には有効です。
トマトもリコピンの抗酸化作用でお肌の老化を防ぎます。

さいごに

ソラレンを含む食品もお肌の再生や修復に有効なものが多いので
夕方以降は積極的に摂取するのがいいですね。

ソラレンを含むもの、含まないものを覚えておけば、
日中の外出先での食事のチョイスに間違わなくてすみます。

紫外線が気になる季節、食事にも気をつけて身体の内側からも日焼け対策をしましょう。

コチラもおススメ記事です。
紫外線が気になる季節の到来です!日焼け止めを正しく塗ってお肌を守りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする