梅雨から夏場のお弁当作りで食中毒を防ぐため注意することとは?

梅雨から夏は気温が上昇して、細菌が繁殖しやすくなりますよね。

この時期のお弁当は気を付けないと、
腐りやすく食中毒の原因ともなりかねません。

そこで、梅雨から夏のお弁当作りで注意することをまとめてみます。

スポンサーリンク
  

梅雨から夏場のお弁当が痛む原因

夏場のお弁当が傷みやすい原因は気温と湿度が高いから。
というのは当たり前ですよね。

細菌が最も繁殖する温度は30~40度の人肌くらいの温度です。
30~40度が爆発的に細菌が増える温度なんです。
なので、30~40度をキープしないで、
なるべく早く冷ますと細菌の繁殖を抑えられます。

逆に、ランチジャーのように作りたての高温の状態を保てれば、
お弁当は傷みにくいということになります。

梅雨から夏場のお弁当作りで注意すること

清潔にする

まな板・包丁などの調理器具やお皿、
お弁当箱を清潔にしましょう。

熱湯消毒・塩素系の漂白剤を使って、
普段から細菌がつかないように気をつけておきましょう。

調理中やお弁当を詰めるときには手を清潔に。
おにぎりは素手で握らずラップを使うなどの工夫も必要です。

加熱は十分にする

調理する食材には、しっかり火を通しましょう

前日の残り物を詰めることもよくありますが、
その際も、もう一度しっかり加熱してください。
残り物の再加熱時に、わたしは、オーブントースターをよく使います。

加熱後は一気に冷やす

細菌の繁殖する人肌温度を持続させないために、
一気に冷ますことが大切です。

スポンサーリンク

その際は、うちわなどを使って冷ましましょう。

冷蔵庫で冷やす人もいますが、
冷蔵庫での冷え方というのは意外と時間が掛かるので、
あまり効果的ではありません。

ご飯の注意点

ご飯は傷みやすいので、朝に炊きましょう

わたしは、ふだんは玄米をお弁当にいれていますが、
雑穀米や玄米は白米よりも傷みやすいので、
梅雨から夏場は、避けたほうがいいようです。

炊き上がったご飯に、こさじ1杯の酢を混ぜると、
殺菌作用があるだけでなく、
冷えてもご飯同士がくっつきにくくなります。
また、レンジで再加熱しても酢のにおいはほとんどありません。

梅干しやしそを入れたり、
ふりかけの『ゆかり』をまぶすのも効果があります。

汁気をきる

肉じゃがなどは汁気を切った上で具だけを入れるなど、
傷む原因の一つである汁気を入れない工夫をしましょう。

そのほか

保冷材や保冷バッグに入れて持って行くのも効果的です。

お弁当の上に乗せる抗菌シートを使用するのも
菌の繁殖を抑える効果があります。

まとめ

梅雨から夏場のお弁当で気をつけることは、
細菌をつけない・増やさないことです。

そのためには、調理時には清潔・加熱・一気に冷ます・汁気はきる、ですね。

あとは、殺菌作用のあるもの抗菌効果のあるものを上手に活用してみましょう。

おいしいお弁当で毎日を元気に過ごしましょうね。 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする