大阪造幣局桜の通り抜け2018年の期間と見どころについて


今年も大阪造幣局の桜の通り抜けの時期になりました。

毎年多くの人を魅了する桜並木を見に、大阪造幣局へ行きませんか?

それでは、2018年大阪造幣局 桜の通り抜けの詳しい日程やアクセス情報などをご紹介していきます。

スポンサーリンク
  

大阪造幣局2018 桜の通り抜け開催日時

開催期間

平成30年4月11日(水)~4月17日(火)までの7日間

開催時間

平日は午前10時から午後9時まで、
土曜日・日曜日は午前9時から午後9時まで

日没にはボンボリでライトアップされて、
夜桜が見物できます。
昼間の桜も見事ですが、
夜桜もまた一味違って幻想的で美しいです。

混雑予想

週末は、かなりの人でごった返します。
昼間も夜も人がすごいです。

平日の午前中が比較的ゆっくり見れます。
できるだけ平日に行くのをおススメします。

造幣局桜の通り抜けと見どころについて

造幣局の通り抜けについて

大阪造幣局は貨幣を製造しているところです。
普段は一般開放はしていないのですが、
毎年4月中旬頃の桜の開花時に、造幣局構内旧淀川沿いの全長560mの
通路を一般花見客のために1週間開放しています。

「通り抜け」とは、桜を見るために表門(現在は南門)から入り、
造幣局構内を通って裏門(現在は北門)へ抜ける。
文字どおり構内を通り抜けることが、その名の由来です。
「あともどりできない通り抜け」がいつしか
「通り抜け」と呼ばれるようになりました。

造幣局の通り抜けの見どころ

桜の種類と数が圧倒的に多いことで有名です。
今年の桜は134種349本あり、
なかには他では見られない珍しい品種の桜もあります。

造幣局の桜は多くが八重桜といって、
ソメイヨシノよりも花びらが多くて、ボリュームがあり華やかです。
色もピンクだけではなく、白やうすい緑色、黄色などがあります。

たくさんの種類の桜の中からお気に入りの桜を見つけるのも
楽しみ方のひとつですね。

また、造幣局では毎年、多くの品種の中から一種類を選んで
「今年の花」としています。

今年の花は「大提灯(おおぢょうちん)」です。です。

「大提灯」は、球形の大輪の花が提灯のようにぶら下がって咲きます。
花は淡紅色を帯びた白色です。

今年の花の「大提灯(おおぢょうちん)」が見られるのは、
入り口の門を入って、しばらく歩いた左手側と、
中前を入ったすぐの場所です。

また、今年の桜の通り抜けには、
新たに「長州緋桜(ちょうしゅうひざくら)」という品種が登場。

「長州緋桜」は、東京荒川堤で栽培された園芸品種です。花は大輪の半八重咲きで花びらは紫紅色、外縁がやや濃い色になっており、その数は5~10枚です。

他にも珍しい桜の場所を記した
通り抜けイラストマップを参照してください。

スポンサーリンク

造幣局 桜の通り抜けで気を付けること

桜の通り抜けは造幣局南門(天満橋側)から北門(桜宮橋側)への
一方通行(距離約560メートル)になります。
後戻りはできません。

トイレは入り口付近と出口付近しかありませんので、
行きたい人は入り口ですませておくと安心です。

会場内では飲食と喫煙が禁止になっています。
日傘と自撮り棒も使用できませんので、ご注意ください。

あと、昼間は暖かいのですが、夜は肌寒くなります。
夜桜見物の際にはストールなどのは織物が一枚あると便利です。

アクセス情報

幣局構内及び周辺には、駐車場がありません。
交通規制もされているので、車での来場は控えましょう。

最寄駅

地下鉄谷町線・京阪本線「天満橋」駅(京阪東口・2号出口)下車徒歩約15分
JR東西線「大阪天満宮」駅(JR2号出口)下車徒歩約15分
JR東西線「大阪城北詰」駅(3号出口)下車徒歩約15分

どの駅からも徒歩15分と少し歩きますが、
たくさんの人が向かっていますので、
同じように付いて歩くと目的地まで到着します。

屋台グルメも楽しめる

造幣局構内では飲食禁止なのですが、
周辺の大川沿いには屋台が立ち並びます。

お祭り気分で屋台グルメを味わうのも楽しみですよね。

まとめ

大阪の春の風物詩、造幣局の桜の通り抜けは、
最近では外国人観光客も多く訪れています。

外国の人たちも日本のお花見を楽しんでいるんですね。

今年も大阪造幣局の桜の花を愛でに行きませんか。

こちらの記事もおすすめです➡なんばグランド花月の楽しみ方!チケットがなくても面白い!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする