お中元は喪中のお宅に贈ってもいいのでしょうか?


お中元を贈る季節に、送り先リストを作っていたら、
喪中のお宅がありました。

喪中の期間にお中元を贈るのはマナーに反するのでしょうか?

そこで、喪中のお中元について調べてみました。

スポンサーリンク
  

喪中にお中元を贈ってもいいの?

結論としては、喪中のお宅にお中元を贈るのは問題ないです。
逆に、贈り主が喪中であっても大丈夫です。

なぜなら、喪中期間に避けるべきことはお祝い事であって、
お中元を贈ることは、日頃の感謝の気持ちとを伝えることなので、
お祝い事には当たらないからです。

また、夏の暑さに、体調はいかがですかなどの、
季節の挨拶も兼ねていますので、毎年贈っているのであれば、
贈らない方が不自然になるかもしれませんね。

時期を考えること

喪中にお中元を贈ってもいいのですが、
ただし、不幸があって日が浅い場合は注意が必要です。

四十九日が明けるまで贈るのは控えましょう。

スポンサーリンク

四十九日が明けるまでは、ご遺族は何かと忙しいですし、
何より、悲しみで気持ちが落ち着きません。

そんな時に贈ると、
感謝の気持ちを伝えるお中元なのに、
相手に負担をあたえる事にもなってしまいます。

もしも、それでお中元の時期が過ぎてしまった場合は、
暑中お見舞いや残暑お見舞いとして贈りましょう。
(目上の人に贈る場合は、「暑中御伺い」「残暑御伺い」とします。)

ちなみに、お中元は7月初めから中頃までに、
暑中お見舞いは土用(7月19、20日~8月6、7日)の18日間に、
残暑お見舞いは立秋(8月7、8日)が過ぎてからになります。

のしや贈る物の注意

通常、お中元は紅白の水引のしを使いますが、
喪中の場合は、短冊状ののし紙(白短冊)や、
無地ののし紙(奉書紙)を使用します。

デパートやお店の人に「喪中のお宅へのお中元です」と伝えると、
そのように対応してくれます。

贈る物は、あまり華やかなものは避けた方がいいですが、
相手が喪中だからと言って、お線香などはお中元には
ふさわしくありませんので気をつけましょう。

まとめ

喪中でもお中元は贈ってもいいです。

だだし、お相手の負担にならないように
時期には気を付けましょう。

マナーを守って、良い関係が続くようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする