2週間で汚部屋が片付き人生を取り戻す方法!?


昨日に引き続き、今日も本を読んだ感想を書きます。

今日は、勝間和代さんの
「2週間で人生を取り戻す!勝間式 汚部屋脱出プログラム」です。

昨日は船越耕太さん著の
ぞうきん1枚で人生が輝くそうじ力」でした。

実はどちらも図書館で借りたものです。

図書館の活用術を書いた記事はコチラ→本好きの人必見!?図書館を利用すれば家計の節約&断捨離もできるかも!?

2冊とも人気の本で、予約したときは、
「ぞうきん1枚で人生が輝くそうじ力」は約50人待ち。
「2週間で人生を取り戻す!勝間式 汚部屋脱出プログラム」は
約70人待ちでした。

予約した日にちは違うのに、同じ時期にわたしの手元に届いたのは、
偶然なのかしら?

両方とも、人生が動き出す内容の本。
タイトルにも“人生”が入っているし、
両方ともそうじと片づけで身の回りを整える内容です。

わたしの人生が変わる、変える 時期なのかもしれません。

スポンサーリンク
  

勝間和代さんとは

勝間和代さんは経済評論家です。テレビにもよく出てますよね。
才女なので、クイズ番組でよく見かけます。

経歴はすごく華やかです。
慶応大学を出て、当時最年少で公認会計士の資格を取得。
大学在学中から監査法人に勤務。
学生結婚してました。
アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、JPモルガンを経て独立。

金スマ」や「情熱大陸」にも出演されてました。

わたしが初めて勝間さんを知ったのは「情熱大陸」です。

もう10数年以上前になります。

その時は、勝間さんが「フォトリーディング」という速読を
実践しているを見て衝撃が走りました。

難しそうな分厚い本を1冊10~20分で読んでいるんです。

もう飛び上がるほどビックリしました。

人間にこんなことができるのか?と思いましたよ。

それを見て、わたしもフォトリーディング習ってみたんですけど、
悲しいかな、身につく前に挫折しました。
かなり高額セミナーだったのにね。

以前は、そんなに服装にもこだわりがなく、あまりあか抜けない雰囲気
(失礼ですが、一視聴者としての意見ですので許してね)だったのに、
最近の勝間さんは、痩せてきれいになり、髪の毛も伸ばして、
服もワンピースが多く、なんだか女性っぽくなっていました。

あ、わたし、勝間さんのファンなんで、
わりとよく見てるので、変化に気付いたんです。

勝間さんが女性っぽく変身した理由がこの本に書かれていました。

勝間さんの部屋が汚部屋になった理由

一言でいうと、「ものを捨てられない」です。
わたしも同じ。ほとんどの人が同じ経験をしてると思います。

不要なものでもいつか使うだろうと取っておきます。
すると、どんどんものが増えていって、
最終的には収納しきれなくなります。

洋服はこの典型的なタイプです。
着ない服がクローゼットにきれいな状態でかかっているのに、
ふだん着る服はその辺に転がっている。

わたしの部屋もそうです。
いつも、何とかしなければ、片づけなければと思うのですが、
整理できずにグチャグチャなままの状態を保っています。

でも、勝間さんの部屋が汚部屋になった本当の理由は、
「もう、47歳だし、おばさんだし、性的魅力もないし、
この先、人生の中で大恋愛をすることもないし、
再婚することもないから、部屋も汚くて構わないだろう」と
思っていたことなんです。

スポンサーリンク

人生にあきらめがあったんですね。

そのあきらめの気持ちが部屋に現れてしまった。

でも、勝間さんは、さすがに勝間さんです。
ロジカルで、効率的な生産性の向上に全精力を注ぐ人なのです。

ある時、気付いてしまいます。

勝間さんが断捨離に目覚めた理由

きっかけはアップルウォッチです。

ある時、勝間さんは“座ることは喫煙よりも体に悪いが、
1時間に数分でも動くとそれが緩和される”ということを書いた本
(「座らない!成果を出し続ける人の健康習慣」トム・ラス著)を読みました。

そのことを勝間塾で話すと、塾生から「アップルウォッチが1時間に1度
“立って1分間動け”と指示が来るのは、そういう意味だったんですね」
と教えてくれました。

そこから、アップルウォッチを使い始めました。
アップルウォッチは1日の「肺活量」と「運動量」も測ってくれるので、
自分がどのくらい動いているのか正確に測れるのです。
すると、勝間さんは、いかに自分が動いていないかがわかりました。

このことに気付いた勝間さんは1日の活動の目標値を
達成するため、こまめに動くことを実践しました。

それと、もう一冊「よく眠るための科学が教える10の秘密」
(リチャード・ワイズマン著)を読みます。

これには、良い睡眠をするためには、寝室には睡眠のためのもの以外は
置かないようにすると書かれていました。

そこで、勝間さんは寝室を片づけることにしたのです。
ところが、寝室の片づけは簡単にできると思っていたのに、
散乱した洋服などの行き場所がなく、なかなか片付かなかったのです。

ここから、勝間さんのエンジンは加速していきます。

片づけることが目標となった勝間さんは、ロジカルに考えます。
効率的に生産性を向上することが大好きなので、
トライ&エラーで汚部屋を次から次へと片づけていきます。

使わないもの、不要なものはドンドン捨てていきました。
すると、体重もドンドン落ちていきました。
なぜか、収入は上がっていくのです。

そして、最終的には家を一流ホテルよりも快適で清潔で、
かつ、自分のためにカスタマイズされた生活空間へと生まれ変わらせたのです。

汚部屋脱出後の奇跡

汚い部屋にいたときは、自分のことを
「自己管理ができないダメなやつだ」と自己否定をしてしまします。

しかし、きれいな部屋にすんでいると、心に余裕も出で、
自分のことが受け入れられるようになります。

勝間さんは汚部屋から脱出して、快適な空間で生活するようになり、
食生活も改善し、着るものも自分が心地よい好きなものしか持たなくなりました。

衣食住が完璧に整ったのです。

すると、なんと!相思相愛の彼氏までできてしまいました!!

女性はいくつになっても恋をするとキレイになれるのですね。

まとめ

勝間さんの一度決めたら突っ走る徹底ぶりは、
読んでいて爽快な気分になります。

モノをすてるだけじゃなく、生活の無駄もめっちゃ改善してました。

ここまで、徹底的にできる人はなかなかいないんじゃないでしょうか?

勝間さんの10分の1でも実践できれば、わたしにも相思相愛の人できるかな?

さいごに、
勝間さんのように断捨離すると、

毎日きれいな家に住んで
お気に入りの洋服を着て
おいしい手作りの料理を食べる

という、問題なく幸せな状態になれるんです。

あー、しあわせになりたい~♪

ぞうきん1枚で人生を輝かせた本の記事はコチラ→ぞうきん1枚でそうじして人生が輝くならやってみたいなぁ、なんてね 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする