紫外線対策をしないと目も日焼けする!?

紫外線はお肌の大敵!っていうのは常識ですよね。

太陽の光が強くなる季節に、
日焼け止めや日傘など、お肌のUVケアは欠かせません。

でも、ケアが必要なのはお肌だけではないのです。

目の紫外線対策も大切なのです。

目も日焼けするのです!

そして、紫外線による目への影響は病気の原因になるだけでなく、
シミのもとにもなってしまう可能性があるのです。

そこで、紫外線が目にどんな影響を与えるのかと、
目の紫外線対策をご紹介していきます。

スポンサーリンク
  

紫外線が目に悪い理由

紫外線とは

ここで、簡単に紫外線について説明します。
太陽光は見える光の可視光線と見えない光の
赤外線と紫外線に分かれます。

そして、紫外線は波長の長さによってUVBとUVAに分かれます。

UVBは、オゾン層で吸収され地表には紫外線全体の10%しか届かないのですが、
エネルギーが強く短時間で肌の表面を傷つけ赤く炎症を引き起こします。
いわゆる、日焼けです。

UVAは紫外線の90%を占めます。エネルギーは弱いので、
肌の変化もすぐには出ませんが、じわじわと肌の奥へと蓄積されて、
長い年月をかけてシミやシワを作るのです。

目の日焼け

目って臓器だったんです。
目も臓器とは、ちょっとびっくりしました。

目は他の臓器とちがって、唯一外部にさらされているので、
紫外線によるダメージを直接受けます。

目の日焼けから、
「充血」「ドライアイ」「眼精疲労」
などになることがあります。

さらに、次のような病気を引き起こす可能性もあります。

雪眼炎

雪目とよばれるものです。
スキー場や海水浴場で強い太陽光を浴びたときに
角膜の表面が傷つく病気です。
症状は、「充血」・「目がゴロゴロする」・
「目が痛くて眩しい」・「涙が出る」です。

普段の生活で、雪目になることはありませんが、
レジャーなどで強烈な日差しを長時間浴びるような時には、
サングラスをかけるなどの対策が必要ですよね。

白内障

紫外線が角膜だけでなく水晶体まで到達し、
長い年月をかけて蓄積することが原因で起こります。

こちらは、じわじわと紫外線の影響が蓄積されるタイプなので、
普段からケアに気をつけておきたいです。

翼状片

黒目部分に白目が伸びてくる病気です。
伸びてきた白目が黒目にかかって視力障害をおこすこともあります。

スポンサーリンク

目から紫外線が入るとシミになる?

実は、日焼け止めを塗ったり、日傘をさしているなどの
紫外線対策をしていても目から紫外線が入ると、
肌が日焼けしてしまうことがわかりました。

紫外線で目の角膜が傷つくと、
脳は紫外線が降る注いでいると勘違いして、
メラニン色素を作るように指令を出します。
メラニンはシミのもとになります。

自然界の紫外線の特徴

自然界の紫外線の特徴を知って、目を紫外線から守りましょう。

・紫外線量は5月~9月が多く、特に7月~8月が要注意!

・朝10時から昼2時までが多い。

・薄曇りでも快晴日の80%~90%の紫外線が透過。
(本曇りで60%、雨で35%程度)

・照り返しにより新雪で80%、水面で10%~20%、
 アスファルトやコンクリート路面ではプラス10%。

・山では標高1000mごとに10%増える。
 地域的には北海道より鹿児島や南西諸島の方が影響が大きい

・大気や微粒子による散乱光のため屋外では日陰にいても、
 太陽直射光の約60%の紫外線を浴びている。

曇りや雨、日陰にいても結構な量の紫外線があるんですね。
紫外線ってヤツは、なかなか手ごわい相手です

紫外線から目を守る対策

日傘をさしたり、帽子をかぶるのも有効ですが、
それだけでは不十分です。

なぜなら、紫外線の特徴にも書いたように、
紫外線は照り返しがあるからです。

地面のアスファルトやコンクリート、ビル等に反射して、
いろんな角度からやって来ます。

紫外線から目を守る最も有効な対策はUVカット機能のついた
メガネ・サングラスをかけることです。

紫外線対策に有効なメガネ・サングラスの選び方

・必ずUVカット機能つきを選んでください。

・レンズの色は何色でもいいですが、
 濃い色の物はやめて薄い色のものにしましょう。
 濃い色だと目の瞳孔が開いて、目に光線がはいりやすくなります。

・レンズは大きいタイプを選びましょう。
 隙間から紫外線が入りにくくなります。

わたしは花粉症対策を兼ねた、大き目のレンズで
フレームの分厚いものを2本持っています。
色は、無色透明のと薄い茶色です。

花粉症対策といっても軽めのモノなので、
見た目はフツーのメガネとサングラスです。

なかなか使い勝手のよいスグレものでした。

まとめ

紫外線は目にも影響します。

長年の蓄積により白内障などの病気の原因となるので気をつけましょう。

また、目から紫外線が入ることで、
メラニンが生成されてシミのもとになります。

目の健康と美容のために、UVカットのメガネ・サングラスをかけましょう。 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする