夏バテの原因と対策を知って、日本の夏を快適に過ごそう!


日本の夏は湿気が多くて蒸し暑いです。

外国の方は日本は好きだけど、日本の夏の不快さに耐えられないようです。

日本人にとっても、肌にまとわりつくような蒸し暑い夏を乗り切るのは厳しいですよね。

わたしの住む大阪の夏の暑さもかなり厳しいです。
体調に気を付けないと、夏バテでへとへとになってしまします。

せっかくレジャーや旅行に行く機会がたくさんある夏なのに、夏バテになってしまっては残念ですよね。

なので、夏バテ知らずで、健康に快適に夏を過ごせるよう、夏バテの原因と対策を紹介していきます。

スポンサーリンク
  

夏バテの原因

夏バテの原因は自律神経の乱れによると言われています。

それではなぜ、自律神経は乱れてしまうのでしょう?

体温調節で疲れる自律神経

人間は気温が高くなると、汗をかいたり血管を広げて体温を下げるための調節をします。
この体温を調節するのが自律神経です。

猛暑の中、体温を一定に保とうと自律神経は働きます。

しかし、外から一歩室内に入ると、今度は冷房が効いていて寒いくらいに。
でも、自律神経はこの急激な変化に気付かずにしばらく体温を下げる指令をだしています。

しばらくすると、温度の変化に気付いて、あわてて今度は体温を上げる指令を出します。

これが1日のうちに何度も繰り返されると、自律神経は疲れ果ててしまうのです。

そのため、自律神経の調整がうまくいかなくなって乱れとなります。

湿気があると汗が蒸発しにくい

また、日本の夏は湿気が多くてムシムシします。
この湿気の多さも汗の蒸発を妨げてしまうので、体温調節がしにくい環境を引き起こしています。

熱帯夜で慢性的な寝不足に

そのうえ、エアコンの室外機やコンクリートやアスファルトが日中の熱を吸収するため夜になっても気温が下がらず、
熱帯夜となり、寝つきが悪く、眠りが浅くなり睡眠不足となります。

これでは、ますます、自律神経が乱れてしまいます。

夏バテの症状

・全身のだるさ、倦怠感
 夏バテになると、なんとなくいつも身体がだるい。
 疲れが取れずスッキリしない日が続きます。
 また、暑さによる睡眠不足で、さらに倦怠感が増すということも。

 
・胃腸の疲れ、食欲不振
 胃腸の働きが悪くなって、食欲がなくなります。
 食欲不振で食事から十分な栄養が摂れずにますます体力がなくなります。

いったん夏バテになると、睡眠不足が続いて、疲労感が続いて、食欲不振で体力がなくなる、
という負のスパイルに陥り、抜け出すのが大変になります。

免疫力も低下するので、夏風邪にかかりやすくなったり、下痢や便秘になることもあります。
とくに夏かぜは治りにくといわれているので要注意です。

スポンサーリンク

夏バテ対策

いったんかかると、なかなか抜け出せない夏バテ。
夏バテにならないための対策を見ていきましょう。

睡眠を十分にとる

 一日の疲れを取るのはぐっすり眠ることが一番です。
 特に22時~2時は「睡眠のゴールデンタイム」と呼ばれています。
 このゴールデンタイムに良質な睡眠をとれるようにしましょう。

そのために、
① 眠る1時間前にぬるま湯のお風呂につかる。
  シャワーより浴槽につかることで自律神経を整えられます。

② 寝室の温度は28度、湿度は50~60%を目安に。
  エアコンに扇風機を活用するのもいいです。
  扇風機をまわして直接身体に冷気が当たらないようにしましょう。

③ い草や麻などの通気性の良い天然素材やひんやり素材の寝具を選びましょう。
  パジャマもガーゼなどの汗を吸とりやすく、乾きやすいものを着るのもおススメです。

バランスのよい食事をとる

夏はそうめんや冷や麦などあっさりしたものが欲しくなりますが、
これだけでは、バランスのとれた食事となりません。

肉や魚、野菜や果物から、良質なたんぱく質ビタミンミネラルを補給して、
バランスのとれた栄養価の高い食事を心がけましょう。

香辛料のきいた料理も食欲が増加して、胃腸のはたらきがよくなるのでおススメです。

特に夏バテ解消・防止には疲労回復効果のあるものを選びましょう。

① ビタミンB1
  ウナギ・豚肉・鯛・大豆・玄米・ほうれん草など

② ビタミンC
  トマト・ゴーヤ・かぼちゃ・アスパラガスなどの夏野菜

③ クエン酸
  レモン・グレープフルーツ・オレンジ・梅干しなど

④ アリシン
  にんにく・にら・玉ねぎ・ねぎなど

⑤ ナイアシン
  豚レバー・さば・あじ・たらこなど

適度な運動

人間は汗をかくことで体温調節をしているので、
汗をかく能力を高めるために適度な運動をすることも夏バテ予防になります。

軽く汗をかく適度な運動は、睡眠の質を高めるためにも有効です。

気温が低い早朝や夕方以降に、軽いジョギングやウォーキングなど適度な運動をしましょう。

まとめ

・夏バテになるとだるさや疲労感が続きます。
・食欲不振で体力も衰えたり、免疫力低下で夏かぜにかかりやすくなります。

なので、夏バテにならないように気をつけましょう。
そのためには、

・良質な睡眠
・バランスのとれた食事
・適度な運動

を心掛けましょう!

夏バテ知らずで、たのしい夏を快適に過ごしましょう! 

夏バテにあま酒がいいんですって→夏バテ防止にあま酒を!飲む点滴は女性のミカタ!

土用の丑の日にウナギを食べましょう→土用の丑の日2017年はいつ?ウナギを食べるのはなぜ?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする