夏越の祓(なごしのはらえ)で一年の後半の無病息災を願いましょう


6月30日は一年の前半の最終日で6月の晦日と呼ばれます。

そして、この日「夏越の祓(なごしのはらえ)」と言う行事が各地の神社で行われます。

「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年の穢れを落とし、後半の半年を無事に過ごせるように願う伝統行事です。

最近のパワースポットブームで神社にお参りするのが人気となっています。

実はわたしも神社に行って御朱印をいただくのを趣味としています。

「夏越の祓」を行っている神社へ行って、で今年前半の穢れをはらい、後半の健康と厄除けを願いませんか?

スポンサーリンク
  

夏越の祓(なごしのはらえ)とは

「夏越の祓」は年末の「年越しの祓」と対になる行事です。

日々の暮らしの中で知らず知らずに犯してしまった罪や過ちなどの穢れを祓い、
心身を清めてお盆や新年を迎えるためのものです。

平安時時代の「拾遺和歌集」に
「水無月の 夏越の祓する人は 千歳の命 のぶといふなり」という歌が
詠まれています。

「夏越の祓」は大みそかの年越し行事のようにメジャーなものではありませんが、
大切な節目の行事だったんですね。

歴史は古く、701年の大宝律令で正式に宮中行事に定められました。
宮廷では、天皇に使える貴族が集まり、国民が犯した罪を取り去るために大祓の詞を読み上げる儀式でした。

この大祓の儀式が次第に広まり、民間の神社でも行われることとなりました。

茅の輪(ちのわ)くぐり

神社の境内に茅や藁を束ねて綱のようにして作った大きな輪が設けられます。

この輪をくぐることで半年間の穢れや厄を落とし、残りの半年間の無病息災を祈ります。

スポンサーリンク

茅の輪(ちのわ)の由来

茅の輪の由来は、「備後風土記」に書かれている「蘇民将来の話」がもとになっています。

あるとき、旅人が道に迷って、蘇民将来(そみんしょうらい)
と巨旦将来(こたんしょうらい)の2人の兄弟に一夜の宿を頼みました。
弟の巨旦将来は裕福なのに冷たく断り、
兄の蘇民将来は貧しいながらも旅人をもてなしました。

のちに、旅人は再び訪れ、茅の輪を蘇民の娘につけました。
そして、実は自分はスサノオノミコトであるということを告げ、
茅の輪をつけると疫病にかからないと教えました。
そして、その教えに従ったところ、蘇民一族は疫病にかからずに繁栄したということです。

茅の輪(ちのわ)のくぐり方

茅の輪にはくぐり方があります。

① 茅の輪の正面で一礼します。
② 茅の輪を左まわりにくぐります。
③ 正面に戻り一礼して、右回りにくぐります。
④ 正面に戻り、一礼して左回りにくぐります。
⑤ 最後に拝殿で一礼します。

茅の輪はさわやかな草原のような匂いがして、
なるほど、くぐると穢れが落ちて、スッキリした感じになります。

人形流し

神社によっては形代の奉納を受け付けているところがあります。

形代と呼ばれる、人の形に切り抜いた紙に名前や年齢を書きます。
その形代で身体の調子の悪いところを撫でて、息を「ふー」っと吹きかけます。
そうすることで、罪や穢れが形代に乗り移り、自分の体が清まります。

神社では自分の身代わりとなった形代を川に流したり、篝火を焚いたり、
水や火を使う神事で清め、厄を落としてくれます。

夏越の祓スイーツ

夏越の祓のときにいただきたい伝統のお菓子が水無月(みなづき)です。

水無月は白いういろうの上に、甘く炊いた小豆をのせた三角形の和菓子。
三角形は氷のかけらを表し、小豆は邪気払いの意味があるそうです。

昔は夏に氷室の氷を食べると夏痩せしないという言い伝えがありましたが、
当時の庶民にとって氷は高嶺の花。貴族しか口にできない高級なものでした。

そこで、氷をかたどったお菓子を作って、暑気払いに食べたとのことです。

夏にぴったりの涼しげなお菓子です。冷蔵庫で冷やして食べたい!

まとめ

夏越の祓は伝統的な行事です。
これから後半の一年を無事に健康で過ごすために、前半の罪や穢れを夏越の祓で落としましょう。

各地の神社で行われていますので、チェックしてみてください。

わたしは地元の神社で茅の輪をくぐりました。

みなさんのご近所の神社でもやっているかもしれません。
京都では八坂神社や上賀茂神社、貴船神社、伏見稲荷ほか多数の神社で行われています。 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする