初めての大曲の花火大会へはバスツアーがおススメ!


花火好きなら一度はこの目で見たい大曲の花火大会

いや、そんなに花火が好きでなくても、そして人混みが嫌いな人でも、大曲の花火は観ると感動で鳥肌が立ちまくります。

大曲の花火大会が開催される日は、人口約4万人の秋田県大仙市大曲地区に80万人の観覧者が訪れます。

どこもかしこも人だらけ、会場内や会場周辺は大混雑状態が長時間続きます。

それでも、一度は見てみたい大曲の花火大会。

初めて行くなら、バスツアーがおススメです。

バスツアーなら面倒な観覧チケット入手から宿泊先の確保、行き帰りの交通手段も旅行会社にお任せです。

それでは、最適なツアーやプランの選び方をご紹介していきます。

スポンサーリンク
  

大曲花火大会の初心者さんはバスツアーが安心

大曲の花火大会が初めての人は、大曲地区の土地勘もないし、
会場の様子もわからない。
しかも、大勢の観光客が押し寄せて、
交通規制や交通渋滞で大混雑の見知らぬ場所。
暑くて体力は消耗するし、どうしていいか不安になります。

そこで、バスツアーがおススメとなります。

この花火大会に遠方から訪れる場合に、

1番重要なのが、宿泊ホテルの確保

2番目が交通手段の確保

3番目が有料観覧席の確保 となります。

ホテルは半年前でも秋田では、ほぼ予約が取れない状態です。

新幹線のチケットは行きは取れても、帰りの指定が取れなかったり、
会場から駅までの人混みがすごくて、なかなか時間通りに駅にたどり着けずに予約した電車に乗れないという可能性もあります。
有料観覧席も抽選販売となりますので、抽選に外れる場合もある。
もし、当たっても、そこからホテルの確保が困難。

これらすべての問題を解決してくれるのが、バスツアーとなります。

お一人様参加もできます。
女性限定おひとり様っていうツアーもありました。

まずは、ツアーで最初に大曲の花火大会を体験してみて、
次回からは個人で手配するっていうのもアリですよね。

スポンサーリンク

大曲花火大会のツアープランの選び方

ツアープランでの外せないことは、有料観覧席が付いていること!
これは必須ですので!

前泊できるツアープランを選ぶ

わたしのように若くはない人や体力に自信がない人は、
遠方からの参加の場合は、大会前日から泊まれるツアーがおススメです。
前日に秋田に泊まって移動するのが体力的にラクですし、
当日出発のツアーだと昼花火が見られないツアーとなる可能性があります。

昼花火は空が明るいうちに上げる花火で、色のついた煙で空に模様を描きます。
これは、なかなか見る機会はないと思います。
昼花火の競技会が開かれるのは全国でも大曲の花火大会だけです。

初めてなので、煙の色の変化を楽しむ渋い昼花火も見てみましょうか。

昼花火はその日の気温や風、空の色によって、煙の色や形が大きく左右されるので、かなりの技術が必要とされます。

昼花火も観たい場合は、昼花火も観覧できるツアープランであることの確認をしましょう。

しかし、昼花火の鑑賞を入れると炎天下に長時間いなければならないです。
大曲の花火は、なんといっても夜花火の大会提供が一番感動します。
夜花火にそなえて体力を温存したい場合は<、strong>昼花火はパスとするのもアリだと思います。

リーズナブルを優先させる場合は、お得な日帰りバスツアーを狙うのもいいですね。

夜花火を最後まで観られるツアーを選ぶ

プランによっては、帰りの道路が混雑するので、夜花火の途中で切り上げて帰途につくというツアーがあります。
せっかく、夢の大曲花火大会に来たのに途中で帰るのはもったいない!
ですので、大会終了時刻までいられるかどうかの確認をしましょう。

最後までいられるかどうかは、集合場所と集合時刻でわかるかもしれません。

集合場所はだいたい駐車場になります。
駐車場が会場から離れている場合はそれだけ時間がかかります。

3~4km離れた駐車場だと徒歩で1時間はかかります。

大曲の花火大会の終了は21時30分頃です。

会場は混雑していてすぐには退場できませんし、帰りの道も人でいっぱいでなかなか進みません。

なので、集合時間が23時でギリギリな感じになるってことも。

22時の集合時間なら最後まで観るのは難しいかと思われます。

フィナーレまで観られるかどうかは、必ず確認しましょう!

少しでも集合場所に早く着くために、フィナーレが近くなったら、席を離れて、出口付近へ移動しながら鑑賞するという手もあります。
本当に人が多いので、少しでも先手を打てるといいですよね。

車内でお弁当が付くツアーを選ぶ

車は必ず渋滞に巻き込まれます。
サービスエリアではトイレも混雑しています。
十分に食事を取る時間がありません。

なので、車内でお弁当が食べられるツアーがおススメです。

オプションでお弁当が申し込めるのなら、申し込んでおくと安心です。
また、自分でお弁当や軽食を買えるのなら、事前に用意しておきましょう。

まとめ

いろいろな旅行会社からバスツアーが出ているので、自分に合ったものを選びましょう。
その際に、毎年ツアーを開催している旅行会社を選んだり、口コミを見てみるのも参考になります。

疑問点があれば、ツアー会社に確認してみましょう。
その時の対応の良さも良いツアー会社選びの参考になります。

初心者が安心できるバスツアーで、ぜひ、最高峰の花火が見られる大曲全国花火競技会へ行ってみましょう!

大感動の美しさは、きっと、一生の思い出となりますよ!

大曲の花火の記事はコチラもあります!→一度はこの目で見てみたい!感動の嵐!大曲花火大会2017夏!

大曲花火大会の持ち物の記事はコチラ→大曲の花火大会への準備は大丈夫?持ち物や服装などの注意点

長距離バスで読書しても酔わない方法はコチラ→長距離バスで本を読んでも酔わない方法ってあるの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする