黄砂とは?体に影響はあるの?pm2.5とは違うの?


ニュースや天気予報でよく聞く黄砂。

「明日は日本列島全体に黄砂が飛ぶので注意してください」と言われても・・・

そもそも黄砂って何なの?体に影響があるの?

他にもよく聞くpm2.5との違いはなに??

そんな黄砂のことについて解説していきます。

スポンサーリンク
  

黄砂とは

黄砂は近年になって話題となっていますが、
実は昔から俳句の春の季語でも読まれるほど、古くから知られていたのです。

昔は「黄砂」という言葉ではなく「霾(ばい・つちふる)」と言われていました。

「春がすみ」や「おぼろ月」のように景色がかすみがかって見えるのも黄砂の影響です。
(注:黄砂が原因のすべてではなく、気温や湿度など他の要因もあります。)

黄砂はアジア大陸の特に、中国を中心とした砂漠などの乾燥地帯から飛んでくる土ぼこりのことです。

砂漠などの乾燥地帯で嵐が吹いて、砂塵が巻き上げられ、上空の大気に乗って日本にやって来るのです。

春の季語であったように、黄砂は春に多く見られますが、ここ数年では秋や冬にも観測されています。

黄砂とpm2.5の違い

黄砂はアジア大陸からやってきた土ぼこりですが、pm2.5とは違うのでしょうか?

pm2.5とは

pm2.5とは2.5マイクロメートル以下の微粒子という意味です。
本来は「pm2.5=大気汚染物質」ではないということです。

しかし、自動車の排気ガスや工場から出る煙などの大気汚染物質は、
2.5マイクロメートルよりも小さいものが多いので、
pm2.5を大気汚染物質のひとつとして認識するようになりました。

黄砂粒子の中には2.5マイクロメートルより小さいものも含まれているので、
黄砂が飛んでくるときは、pm2.5の濃度も高くなるのです。

スポンサーリンク

黄砂は人体に影響があるの?

黄砂は日本に来るまで2,000km以上の距離を移動します。
その旅の途中で、中国の大都市や工業都市から出る大気汚染物質と混じり合います。

また、黄砂と一緒に来るのは汚染物質だけではありません。
土の中に住んでいた細菌(バクテリア)類やカビ類も、
風に巻き上げられて黄砂と一緒にやってきます。

黄砂には大気汚染物質や細菌・カビ類が引っ付いているということです。

しかも、その粒子はとても小さいので、
呼吸からヒトの体内に入りやすいということになります。
また、皮膚にも付きやすく、眼にも入りやすいです。

このことから黄砂は、

・目のかゆみや充血
・鼻やのどの痛み
・肌のトラブル
・アレルギー症状の悪化
・呼吸器系の病気の悪化

を引き起こすことがあります。

黄砂とpm2.5の対策

天気予報で黄砂やpm2.5に注意と予報が出たら、

・外出を控えましょう。

・pm2.5対応のマスクや眼鏡などで体内に入るのを防ぎましょう。

・洗濯物を外に干すのを控えましょう。

・空気清浄機を使用しましょう。

・外出から帰ったら、すぐにうがい、洗顔(メイク落とし)、目を洗いましょう。

 気管支が弱い方やぜんそくの方、花粉症・アレルギーをお持ちの方は、
 悪化する可能性がありますので、特に気をつけましょう。
 

黄砂の良い面

わたしたちの体にとっては悪いし、洗濯物や車を汚す厄介な黄砂ですが、
実は良い面もあるのです。

黄砂には酸性雨を緩和する働きがあります。
これは黄砂に含まれる炭酸カルシウムが酸を中和させるからなのです。

黄砂は汚染物質と一緒にやって来るのですが、
汚染物質の悪影響を減らすという二面性を持つのです。

それと、黄砂には鉄分が含まれており、
それが東シナ海や太平洋の植物プランクトンの栄養となります。
植物プランクトンが増えれば、それをエサとする動物プランクトンが増え、
さらにそれを食べる魚が増える、という海の生態系を支えているのです。

まとめ

昔から黄砂は日本に飛んできていました。

近年になり飛んでくる黄砂には、人体に悪影響がでる大気汚染物質が含まれるようになりました。

黄砂には悪い面だけではなく、良い面もあります。

過剰に反応することはないのですが、ニュースなどで黄砂やpm2.5がたくさん飛ぶとの情報があった日は、気を付けるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする