夏バテ防止にあま酒を!飲む点滴は女性のミカタ!


あま酒は飲む点滴として数年前から注目されています。

冬に飲むと体が温まりほっこりするイメージのあま酒ですが、
実は「あま酒」は夏の季語なんです。

江戸時代では甘酒屋が天秤棒を担いで売り歩く姿は、夏の風物詩でした。

当時は、現代のようにエアコンなど夏の暑さをしのぐ技術はなく、
そのうえ質素な食生活だったので、夏場に体調を崩して亡くなる人も多かったのだとか。

そこで、江戸時代の庶民の間で、滋養になると飲まれていたのが甘酒だったんです。

この夏は私たちも江戸時代の人に習って、あま酒を飲んで夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク
  

2種類のあま酒

あま酒は大きく分けて2種類あります。

「酒粕に砂糖を入れて作ったもの」
「米麹を発酵させて作ったもの」

どちらも栄養豊富で美容と健康には効果があるのですが、
酒粕から作られたものはアルコールが含まれています。

なので、いつでも、どなたでも飲めるのは、米麹を発酵させたあま酒ですね。

あま酒が飲む点滴と言われる理由

米と米麹から作られるあま酒の主な成分は、
ビタミンB1・B2・B6・葉酸・食物繊維・オリゴ糖・システイン・アミノ酸・ブドウ糖などです。
これらは、病院でうける点滴の成分とほぼ同じため「飲む点滴」と呼ばれるようになったのです。

江戸時代の庶民は、あま酒の成分のことは知らなかったけど、
あま酒には滋養強壮と疲労回復の効果があり、
夏バテ防止になるということが経験からわかっていたんですね。

女性にうれしい効果がいっぱい

滋養強壮と疲労回復だけでなく、
あま酒に含まれる成分には女性を幸せにするものが色々あります。

美肌をもたらす成分

コウジ酸

シミ・くすみを抑え、きめの整った白い肌に

ビタミンB2

肌の活性化と潤いをキープ

美肌効果バツグン!アンチエイジング効果も期待できますね。

スポンサーリンク

つや髪をもたらす成分

システイン・ビオチン

頭皮の健康えを保つ。髪にハリ・ツヤをもたらす。

お肌だけでなく、髪までも艶やかに美しくできるなんて理想です!

ダイエットをサポートする成分

パントテン酸・ビタミンB

脂肪や糖をエネルギーに変える働きをします。

脂肪の燃焼を促進して、ダイエットを助けます。

便秘解消に役立つ成分

食物繊維

あま酒には食物繊維が豊富に含まれています。
便秘解消と言えば食物繊維ですよね。

オリゴ糖

ビフィズス菌を増やす働きをして、腸内フローラを改善します。
腸内環境が整うと、便秘解消はもちろんのこと、
美肌にもなり、より健康にもなります。

今話題の腸活にも発酵食品である、あま酒はピッタリなのです。

夏のあま酒

あま酒を飲むと、夏バテ防止にもなるし、美容と健康にも良いということがわかりました。

冷やしたり温めたりして飲むのもいいのですが、
夏にはシャーベットにして食べるのも、美味しくておススメです。

レモンやシークワーサーなどの柑橘類をしぼって凍らせてると、
爽やかな味のシャーベットができます。

冷凍庫に入れるだけなので簡単にできますよね。

ただし、飲みすぎ食べ過ぎに注意です!

あま酒のカロリーはコップ1杯(200ml)で約160kcalと高いです。
1日にコップ1杯程度にしましょう。

まとめ

あま酒は夏に飲むと夏バテ防止になります。

甘酒は疲労回復、滋養強壮だけでなく美容と健康に良い食品です。
ただし、カロリーは高めですので、1日コップ1杯にしましょう! 

発酵食品の甘酒は季節に関係なく飲めるのがいいですね。

夏バテの原因と対策についての記事もどうぞ→夏バテの原因と対策を知って、日本の夏を快適に過ごそう!
土用の丑の日にはウナギを食べようの記事もどうぞ→土用の丑の日2017年はいつ?ウナギを食べるのはなぜ?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする