お風呂場の黒カビ防止対策と簡単おそうじ方法


梅雨の季節になると湿気が多くてジメジメします。

この時期に気を付けたいのがカビ対策ですよね。

とくにお風呂は気が付くと黒いカビがはびこってしまって・・・
掃除の時に拭いても取れない!

そんな頑固なカビをやっつける、
カビ除去方法と簡単なお掃除方法について書いていきます。

スポンサーリンク
  

お風呂場にカビが発生する理由

カビを撃退するにはまずカビのことを知らなければなりません。

カビは浴室になぜ発生するのでしょうか?

カビが繁殖するための条件は3つあります。

・水分(湿気)
・温度
・栄養分

この3つの条件がそろっているのがお風呂場となります。

具体的には、

・湿度70%以上
・室温20~30度
・栄養分は垢や石鹸かすなど

カビにはお風呂場がこれ以上ない快適な棲みかなんですね。

カビの繁殖を防ぐには、
この3つの条件のうちどれかを断てばいいということです。

浴室のカビ防止策

それでは、どのようにカビの繁殖を防ぐのか具体的に見ていきましょう。

・換気扇で除湿する

浴室乾燥機や換気扇をつけっぱなしにして湿度を下げる。

・お風呂の床・壁に水をかける

水をかけると温度が下がります。
また、石けんかすなどの栄養分を洗い流すこともできます。

・50度の熱い湯をかける

カビは熱に弱いので、熱いお湯をかけると死んでしまいます。
「50度のお湯を90秒かける」とほとんどのカビを死滅させることができます。

お風呂の黒カビ掃除法

まずは中性洗剤

お風呂で黒カビを見つけたら、
まずは普段使っている中性洗剤で洗ってみましょう。
いきなり強力な洗剤を使うと壁や床を傷めるかもしれません。

カビ取り洗剤

それでも落ちなければ、カビ取り洗剤を使いましょう。
カビ取り剤を使うときには、必ずゴム手袋マスクをつけましょう。
敏感な方はゴーグルもつけるといいですね。

①カビが生えている箇所の水分を十分にふき取る。
②カビ取り剤スプレーをかける。
③ラップで覆ってしばらく置く。

ラップでカバーすることで洗剤がしみこみ、カビが落ちやすくなります。

スポンサーリンク

キッチン用漂白剤+片栗粉

また、キッチン用塩素系漂白剤と片栗粉混ぜて、
糊状にしたものを塗るのも効果的です。
塩素系の漂白剤は、カビ取り剤よりも塩素濃度が高く、
カビ退治にはすぐれています。
また、片栗粉を加えることで粘着性が高まり、
カビにしっかり張り付いて効果的なのです。

こちらも必ず、ゴム手袋マスクを装着してください。
気になる方はゴーグルで目の保護も。

①片栗粉と漂白剤を1:1の割合で容器に入れ、
 スプーンで粘り気がでるまで混ぜる。
②カビに塗る。
③ラップでピッタリ覆い、20分間放置。
④水ですすぐ。(お湯だと片栗粉が固まりますので、必ずで)

一度で落ちない場合は、何度かすると落ちます。

ミョウバン水

お漬物の色付けに使うミョウバンは殺菌作用があり、カビにも効きます。

ミョウバンはスーパーの漬物用食品や重曹コーナーに置いてます。
作り方も使い方も簡単なので1度試してみてください。

●ミョウバン水の作り方

【材料】
 焼きミョウバン 50g
 水道水 1.5L
 ペットボトル

①ペットボトルに水道水1.5Lをいれる。
②焼きミョウバンを①に入れる。
③ミョウバンが溶けるまで、涼しい場所に2~3日放置する。
④ミョウバンの結晶が溶けて、液体が透明になったら出来上がり。

●ミョウバン水の使い方
①ミョウバン水をスプレーボトルに入れる。
②黒カビにスプレー
③2~3時間放置
④水で洗い流す。

アロマオイル(精油)

自然派志向の方におススメなのがアロマです。
ほとんどの精油は殺菌効果や抗菌効果があります。

さすがに、カビ取り剤ほど強力には効きませんが、
体に優しく安心で香りに癒されます。

特に、カビ菌に効果的なのは、
ティーツリーとユーカリです。
ティーツリーはちょっとクセのある香りなので、
ペパーミントやその他に好きな香りのアロマをプラスするのもOKです!

このアロマでスプレーを作りましょう。

【材料】
 精油 10~12滴
 無水エタノール 10ml
 精製水 20ml
 スプレーボトル

スプレーボトルに材料すべてを入れてシェイクします。
よく振って混ぜてください。

使い方はミョウバン水と同様に黒カビにかけるだけ。

ミョウバン水と違うのは、水で洗い流さなくてもいいことです。

梅雨の時期、実家のお風呂場で黒カビを発見したとき、
わたしはティーツリーをティッシュに垂らして直塗りしてみました。

数日後には、黒い点が消えていたので、効果があったのだと思います。

まとめ

お風呂場の黒カビ対策をいくつかご紹介しました。

カビの繁殖をふせぐには、「水」「室温」「栄養」を断つことが大事です。

生えてしまったカビにはカビ取り剤や漂白剤で撃退してしまいましょう。

撃退後には、簡単なミョウバン水やアロマスプレーで予防するといいですね。

コチラの記事も参考にしてください→ 梅雨前にスッキリ!お風呂場の天井のカビ取り掃除法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする