梅雨前にスッキリ!お風呂場の天井のカビ取り掃除法

 

カビにとって、梅雨は1年で最も快適な季節です。
カビといえば家の中で1番気になるのがお風呂場。

黒カビが目立つのは浴室の床や壁ですが、
実はカビの温床は天井なのです。

え?でも、天井には黒カビは見当たらないけどな?
って思ったあなた、そんなあなたのために天井がカビの温床になっている理由とカビ取り掃除の方法をご紹介します。

梅雨が来る前にカビを根こそぎ退治して、
カビのない清潔なお風呂ライフを楽しみましょう!

スポンサーリンク
  

お風呂場の天井がカビの寝床になっている理由

カビが発生する条件は3つあります。

①水分 湿度 70%以上
②温度 20~30℃
③栄養 垢や石けんカスなど

この3つが揃うと黒カビが生えます。

ところが、天井には③のカビの栄養分となる垢や石けんカスなどの汚れが少ないです。
壁や床には飛び散りますが、
さすがに天井までは石けんカスや垢は届かないですよね。

浴室の天井にはカビの原因菌がたくさん付着しているのですが、
エサ(栄養)が少ないので、黒カビまで成長できずにいます。

これが、天井に黒カビが生えない理由です。

しかし、原因菌は黒カビに成長できないのなら、
せめて子孫を残そうと胞子という種をまきます。
その胞子たちが天井から散らばって、
栄養のある壁や床で黒カビまで成長していくのです。

壁や床の黒カビだけを退治しても、
天井から降り注ぐ胞子たちを抑えることはできません。

そこで、カビを一網打尽にするには、
壁や床の黒カビ取り掃除をしたあとに、
天井のそうじもして欲しいのです。

スポンサーリンク

お風呂場の天井のカビ取り掃除方法

それでは、浴室の天井のかびを掃除する方法を見ていきましょう。

【用意するもの】

・床掃除用の柄付きワイパー
・キッチンペーパーもしくは布 数枚
・エタノール(スプレーボトル入り)
・マスク
・ゴーグル
・ゴム手袋

【そうじのやり方】

まずは、体にカビの胞子を取り込まないように、マスクとゴーグルを装着します。
エタノールは手が荒れやすいのでゴム手袋も付けると安心です。

また、エタノールは引火性があるので火気厳禁です。
必ず換気もしましょう。

①柄付きワイパーにキッチンペーパー(布)を取り付ける。

②エタノールをキッチンペーパーに吹き付ける。

③ゆっくりと天井を拭く。乱暴に拭くと胞子が飛び散ります。

エタノールの代わりにカビ取り剤を使用してもいいのですが、
カビ取り剤の場合は拭き取りもしてください。

濡らしたキッチンペーパーで拭いた後、
乾いたキッチンペーパーでも拭き取りましょう。

拭き取りが甘いとその部分にカビ取り剤の界面活性剤が残って、
水滴がつきやすくなります。

また、天井の素材によってはカビ取り剤を塗ると、
色が変わるものがあるので、注意してください。

おふろの防カビを煙でする

数年前に煙でおふろの防カビができる商品が発売されました。

こちらは、すでにある黒カビは落とせませんが、
黒カビの発生を抑制できます。

なので、使用前にすでに発生した黒カビを除去してから使用すると、
カビの抑制効果がより高まります。

煙でゴキブリを退治するものと使い方は同じです。
水を入れると煙が出てきます。

浴室は濡れていてもいいし、洗面器や椅子、
子どものおもちゃも置いたまま使用できるので楽ちんです。

定期的(約2か月ごと)に使用するとカビの発生が抑えられます。

まとめ

お風呂場の天井は黒くなくても、カビがいます。
天井からカビ胞子がばらまかれているので、
おふろの天井はそうじはしましょう。

お風呂の天井のそうじには床掃除用のワイパーが便利です。
カビ取り剤を使用する場合は拭き取りを念入りに。

おふろのカビ防止には煙剤のものが楽ちん。

カビのない清潔なお風呂で体の汚れも疲れもすっきり落としましょう!

こちらの記事もよろしければ参考にしてください→ お風呂場の黒カビ防止対策と簡単おそうじ方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする